『グレイハウンドの夜行バスに乗って、ロサンゼルスからサンフランシスコへ9時間』@サンフランシスコ/カリフォルニア

【ロサンゼルス、リトル東京のホテルダイマル(2007)】
1988年12月12日にサンディエゴからロサンゼルスへ到着。
この時代、日本人の若い旅行者が集まっていた「ホテルダイマル(大元)」にチェックイン。
ニューヨークからカナダ東部、米国東海岸、米国南部と旅をして、ロサンゼルスへ到着した。
これで、「アメリカ横断旅行」が完成したわけだ。
しかし、お金がなくなった(涙)。
そこで、ロサンゼルスの「加州住友銀行」リトル東京支店で、銀行口座を開設。
日本の実家に手紙を書いて、僕の銀行口座のお金の一部を、この口座に送金するよう依頼した。
また、持っていたクレジットカードで、リトル東京二番街にあった「三菱銀行」の窓口で200ドルを借りた(キャッシュアドバンス)。
以前から持っていたお金を含めて、手許には430ドル程度の現金。
少額なら使える(であろう)クレジットカードもあり、あと2週間使えるアメリパスがある。
こうなれば、カナダ西部のバンクーバーまで、グレイハウンドで往復するのが常識だね。
そうすれば、北米の東海岸、南部、西海岸、と旅したことになるし。
もちろん、ロサンゼルスに留まって、ダイマルホテルに泊まっていたら、毎日宿泊費が、20ドル減っていくし…(涙)。
グレイハウンドで移動して、グレイハウンドで寝ていれば、宿泊費はかからない。
ロサンゼルスへ戻ってくるころには、銀行に送金が届いているだろう。
お金が届かなければ、飢え死にすることになるか。
そんな恐ろしいことは、考えたくないので、考えないことにする。
一応やれるだけのことはやったということだ。
1988年12月15日、僕はパスを使って、グレイハウンドバスで、サンフランシスコへ向かう。
12月12日にダイマルにチェックインしたから、ダイマルには3泊しただけだ。
さて、ロサンゼルスからサンフランシスコへのバス移動だが、ちょっと問題があった。
二つの都市の移動に、中途半端な時間かかるってこと。
バスがどのルートを通るか(途中で、どこに寄るか)で、若干の違いがあるが。
まあだいたい9時間程度だったとおもう。
僕が主唱する「世界旅行定理」によると、夜行バス、夜行列車の移動は、12時間以上がいい。
夜行の移動は、当然、到着時間を考える。
だって、朝の3時に知らない町に着いても、動きようがないんだから(涙)。
実際僕は、これから旅をするメキシコで、パレンケからメリダまでのバスに乗った。
すると、出発が午後5時で、メリダ到着が午前2時だったよ(涙)。
みんなバスターミナルの前のコンクリートの上でごろ寝したんだから。
そんなことは、メキシコでは可能かもしれないが、アメリカの都市の路上で、ごろ寝なんかできないよ。
動いてもいいが、強盗の犠牲になるだけ。
すると、午前6時以降に到着したらいいことになる。
出発が、12時間前の午後6時ならば、夕方までに、いろいろ用事を済ませて、観光もして、明るいうちにバスディポにいける。
大きな町のバスディポには、軽く食事をするところもあるし、椅子もあるから、そこで時間を潰せる。
すると、午後5時ごろにバスディポへ行って、6時にバスに乗り、翌朝6時に新しい町へ着いて、ちょっと時間を潰せば、町が動き出す。
これが、理想的な夜行移動のパターンなんだね。
もちろん、移動時間がもっと長ければ、それにあわせて調節すればいいだけ。
ところが、乗車時間が9時間だと、到着を午前6時にすると、出発は午後9時になる。
午後9時まで時間を潰すのは大変だ。
よくヨーロッパ鉄道旅行の計画で、深夜零時ごろに列車に乗って、翌朝早く(7時とか8時とか)に着く、列車に乗る計画を立てる人がいる。
これだと、夕方から夜中まで、どこかで時間を潰さなければならない。
チェックアウトが正午だとしたら、12時間も、外で過ごすわけだ。
これは、たとえそのあとに寝台車に乗ったとしても、疲れるに決まっている。
6時間ちょっと程度の移動ならば、昼間にしたほうがいいんだ。
午前8時に移動を始めれば、午後2時には到着できるんだから。
ロサンゼルスからサンフランシスコまで、9時間というのは、だから、中途半端な時間距離だった。
ただ、お金がない僕としては、「夜行バスに乗って、宿泊代を節約する」という重要な目的があったんだね。
ロサンゼルスのバスディポは、若干危険地帯にあった(ロサンゼルス通りと6番街の角)。
真っ暗な中をバスディポまで歩くこと自体が危険だった。
だから、まだ明るいうちにバスディポへ歩いた。
時間潰しのためもあって、ちょっと気になっていた「ホテルセシル(HOTEL CECIL)」をチェックしてみた。
このホテルは、バスディポのあるロサンゼルス通りの、一つ西のメインストリートにあった。
周辺は怪しいところで、隣にポルノショッップがあった。
いかにも怪しげなホテルだが、夜に、バスでロサンゼルスに到着する場合、バスディポからワンブロックの所なので、使えるかもしれないと思った。
ここは、シングルルーム一泊が26.28ドル、一週間泊まると(ウィークリーレート)119ドルだった。
全体的に古びてて汚いが、形としては、ちゃんとしたホテルで、受付もある。
僕が泊まっていたダイマルホテルは、一泊20ドルだが、民宿のような雰囲気のところ。
一応、このホテルに泊まる可能性を考えて、チェックしたわけだね。
実は実際に、このあと、ホテルセシルに泊まって、ラスベガスへ移動したんだが、それは、この後の話です。
ホテルセシルの名誉のために書いておくと、このホテルは、最近改装されて、こぎれいなホテルに変わったようです。
ただもちろん、宿泊費も上がったわけですが(笑)、気になる人は、ネットで調べてください。
早めにバスディポへ入って、待合室へ入る。
この時代、面白かったのは、待合室の椅子に、小さい画面のテレビがついていたこと。
コインを入れると、一定時間、テレビが見られるんだけどね。
僕は、どんなものか試しに、クオーター(25Cコイン)を入れて、テレビを見た。
そのあとは、本を読みながら、サンフランシスコ行き午後11時発のバスを待っていた。
バスの出発が遅れるとの放送がある。
この夜はカリフォルニアの内陸部に大雪が降ったらしく、道路が通れないのだとか。
少しイラッとしたが、このまま夜を明かしてもいいと覚悟すると、気持ちは落ち着いた。
自分でどうしようもない、悪天候に腹を立てても、意味がないからね。
長期旅行者というものは、待つことに慣れているし、たいていのことは受け入れてしまうんだよ。
たいして待つこともなく、バスが出発したのが、一時間遅れの午前0時15分。
もともとは、インターステート5というフリーウェイを通って、内陸部を一直線に走るバス。
一部が積雪のため通行不能で、ルートを変更したとか。
しかしバスはスムーズに走った。
いつのまにか眠り込んだようで、目が覚めたときは、ちょうどサンフランシスコのベイブリッジを渡っているところだった。
サンフランシスコダウンタウンのグレイハウンドバスディポ到着が、1988年12月16日、午前9時。
この朝は、結構冷え込んでいだことを覚えている。
バスディポで、温かいコーヒーのラージサイズを飲むと、身体がよみがえる気がした。
さて、サンフランシスコでは、一泊して、観光する。
サンフランシスコには、観光名所がたくさんあるしね。
まず、泊まるところを捜さなければ。
といっても、この時代、僕が向かうところは決まってた。
それは、サンフランシスコのYMCA(SAN FRANCISCO CENTRAL YMCA)。
バスディポからも近かったので、歩いていきました。