『ロンドンからニューヨーク(JFK)へ、クウェート航空で飛ぶ』@ヒースロー/ロンドン(イギリス)〜JFK/ニューヨーク/米国

1988年10月22日、僕はロンドンのヒースロー空港からニューヨークのJFKへ飛ぶ。
航空便は「クウェート航空101便(KU101)」。
この切符は、10月20日にアールズコートの有名旅行代理店「トレイルファインダーズ(TRAILFINDERS」で購入していた。
片道切符で159ポンド、この時期の英ポンドをわかりやすく250円と考えると、約4万円になる(230円とすれば、37000円)。
この時期はまだ、米国入国にはビザ免除プログラムがなくて、誰でもビザが必要だった。
それは、バルセロナにいたとき、米国領事館で、この年(1988年)の3月に、「B-1,B-2」ビザを取っていた。
ただその有効期間は、一年間。
しかも、シングルエントリービザ(入国は一回ぽっきり)なので、いま使わないと、使う時がない。
バルセロナで米国ビザを取りに行ったときは、特に米国に行く気もなかった。
バルセロナのスペイン語学校で一緒だった日本人学生が、米国経由で日本へ戻るというので、米国ビザを取った。
それで、「えーっ、バルセロナで米国ビザが取れるの(驚)」という軽い気持ちで、僕もビザを取りに行った。
なんとなく、暇つぶし、話のネタに、行っただけだが、それもまた、運命だったのだろう。
この時代、米国旅行といえば、グレイハウンドのバス乗り放題の「アメリパス」というのが、若者のアメリカ旅行の定番。
これも、ロンドンの観光案内所で調べていったら、簡単に「GREYHOUND(グレイハウンド)」のオフィスを見つけた。
それで、1か月有効のアメリパスを140ポンド(3万5千円)で買う。
オフィスで、グレイハウンドバスの全国時刻表ももらった。
グレイハウンドの全国時刻表は、旅の予定を立てるのにすごく役に立った。
他に持っている人を見たことがないので、僕が入手できたのは特別なことだったかも。

現在になれば、時刻表などは、すべてネットで調べることになるしね。
でも、ネットといいうのは、一つ一つのルートを細かく考えるにはいいんだが、全体的な計画を立てるにはとても不便だ。
トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」と一緒で、紙に印刷されていると、全体像をつかむには、とても便利なんだよ。
いろいろ書き込みもできるしね。
このあと、アメリカを旅行中にワシントンからマイアミへ移動の途中、乗り換えのジャクソンビルでパスを失くした
それで、マイアミのバスディポで、アメリパスを買いなおした。
その時の値段が「30日有効のアメリパスが250ドル」だった。
この時のレートが1ドルが130円と考えれば、「32500円」となる。
両替レートというものは、日々変動しているものなので、まあだいたい、一緒の値段だったということでしょうか。
とにかく、北米ルートを持つグレイハウンドのパスを入手したわけだから、北米をバスで一周することになるだろう。
ロンドンからニューヨークへ飛んで、アメリカ大陸を横断して、陸路ロサンゼルスへ行くのは間違いない。
普通に考えれば、ロサンゼルスから日本へ帰ることになるだろうね。
実際は、ロサンゼルスから、中米旅行南米旅行をして、またロサンゼルスへ戻ってきたわけだが。
もちろん、ロンドンからニューヨークへ飛ときは、そんな大旅行をするとは考えてもみなかったよ。
この時期は、旅行のことを、旅行ノートに、本格的に、細かく記録してはいなかった。
だから、このロンドンからニューヨークのKU101便の出発時間、到着時間ははっきりとわからない。
しかし、僕のノートには、「チェックインが14時45分」と書いてある。
また、ロンドンからニューヨークまで、フライトは7時間と聞いた。
2時間前にチェックインしたとすれば、フライトは午後5時ごろ。
それから、7時間かかって、ニューヨーク到着は、ロンドン時間で午後12時。
しかしロンドンとニューヨークの間で、時差が5時間あるので、到着は午後7時になる。
ということでいいでしょうか(笑)?
僕の感覚では、ニューヨーク到着は、もっと遅くて、午後9時ごろだったと思っているが。
なにしろ、僕のニューヨークの宿になる34丁目の「スローンハウスYMCA」に着いたのは午前零時ごろだった、という記憶があるからね。
とにかくこの日、10月22日の朝、僕はロンドンはベルグラーブ通りの「セントジョージホテル」で目を覚ました。
ベルグラーブ通りにあるホテルから、ヒースロー空港へは、地下鉄で行けばいい。
ロンドンを出るのはお昼で間に合うと計算して、午前中はロンドン名所をまだ見るつもり。
この時代は、僕も、まだまだ若くて、体力も好奇心もあったね(笑)。
セントジョージホテルの朝食に、日本人の母娘がいたので、話しかけて一緒のテーブルに着く。
話をすると、彼女たちは、これからパリ、ローマ、バルセロナ、グラナダ、マドリッドと旅をする予定。
僕が、旅をしたところばかりだ。
それぞれの町の僕の体験談を面白おかしく披露して、軽く場を盛り上げる。
1988年は、日本はバブルの絶頂期で、日本中に、お金は有り余っていた。
ご主人は仕事が忙しくて旅に出れなくても、奥さんと娘さんのヨーロッパ旅行というのは、よくあった話なんだ。
僕の旅行記にも、ベルゲンからオスロの夜行列車で、一緒になった母娘の話があると思う。
朝食時間に、日本人母娘から軽く笑いを取って、体調がいいのを確認した。
朝食を済ませて、郵便局へ行き、日本へ絵葉書を4枚送る。
まだ時間があったので、バッキンガム宮殿へ歩いて行って、衛兵の交代を見る。
この時は、騎馬近衛兵も出てきた。
僕が、ロンドンを出るというので、女王が特別に手配したのかもしれない(と、想像する)。
ホテルに戻って、バックパックを背負い、地下鉄駅へ。
地下鉄で、ビクトリアからヒースローの「ターミナル1,2,3」へは、1.70ポンド(425円)。
ビクトリアからのサークルラインがちょっと混んでいた。
知っている人は知っているが、ロンドンの地下鉄は、トンネルが細い。
それに応じて地下鉄車両の天井は丸くて、車体は小さい。
また、イギリス人は身体が大きいので、地下鉄が混むと圧迫感があるんだよね。
別に急いでいるわけでもなかったので、サークルラインに乗らずに、ビクトリーラインでわざわざグリーンパークへ行った。
グリーンパークからピカデリーラインに乗り換えて、ヒースロー空港のターミナル3へ。
これがだいたい1時間程度かかった。
すんなりチェックインすると、ターミナル3にはJALも入っていて、ここの免税店はポンドと円の表示がある。
1パイントのラガービールを飲んだら、1.30ポンド(325円)。
ポンドが4ポンド60ペンス程度(1150円)余ったので、ペーパーバックを買った(3.95ポンド/988円)。
それが、Eric Van Lustbaderの「ZERO(忍)」という、忍者もの。
この時期には、日本脅威論が世界中に溢れていて、わけのわからない、日本を舞台にした忍者小説があったものなんだよ(笑)。
クウェート航空のKU101便は、クウェートからロンドン経由でニューヨーク行き。
通しで乗る人が多くて、ウェイティングルームにはトランジット客でいっぱいだ。
僕の席は右側の通路側、「30H」だった。
僕の席は空いていたが、他の席では、どうやら席の奪い合い(指定されてない席に先客がいるみたいなこと)があったようだ。
機内では、「House of Games」という映画を見た。
これが、心理サスペンスで、とっても面白かった(と、わざわざノートに書いてあるので、面白かったのでしょう)。
さて、僕が乗った飛行機(KU101)は無事にニューヨークのJFKに到着する。
僕は、アメリカのビザを持っているが、出国切符は持ってない。
入国審査では、僕のパスポートが合冊してあるのが少し疑われたようで、いろいろと質問された。
パリで合冊した理由(前のパスポートの写真が剥がれかけていた)を説明する。
バルセロナでビザを取った理由を聞かれたが、それは、バルセロナでスペイン語学校に通っていたから。
すると入国審査官は、スペイン語で僕に質問してきた。
僕はウソは言ってないので、たどたどしくても、学校で勉強したタイプのスペイン語で、すんなりと返事をした。
このやりとりで、入国審査官は納得して、最後は笑顔になり、愛想がよくなったね(笑)。
これで無事に米国入国が完了。
正直言うと、昔ハワイに行ったことはあるが、米国本土に入ったのは、これが最初だ。
米本土に足を踏み入れたわけだが、ニューヨークはすでに完全に夜。
僕はもちろん、ニューヨークのホテルに、予約なんかは入れてない。
こんな時、本当に深夜ならば、朝まで起きたままでいて、朝になって動き出すことも一つの考え方。
でも、この時は、(確信は持てないが)夜の8時か9時ごろじゃなかったのかな。
ホテルを探して、ベッドに横になりたい。
しかし、どうやってホテルを探せるのか、どうやってJFKからニューヨークの町へ行けるのか、わからない。
僕としては、当然、ニューヨークならば、空港に観光案内所なり、ホテル紹介所なりがあると思っていた。
ところが、それらしきものは見当たらない。
これは困ったなー。
どうしたらいいんでしょ(笑)。
それは次回のお楽しみ。
□ クウェート航空(KU101) / 米国片道切符入国 / JFK
ニューヨーク物語
北米一周グレイハウンドの旅
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

north america

europe asia world index
xxx