『リトルイタリー、チャイナタウンと歩いて、サウスストリートシーポートで買い物をして、ブルックリンブリッジを歩いて渡る(1988/11/07)』@ニューヨーク/米国

【エンパイアステートビルから見るニューヨーク(2000)】
1988年11月7日、月曜日。
昨日、「ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon)」が終わった。
僕は、1988年10月22日にロンドンからニューヨークへ来た。
11月7日で、ニューヨークは17日目になる。
本当は、今日ニューヨークを出る予定にしていたが、まだ決断が付かない。
もちろん、出発する気にならなければ、滞在を延ばせばいいだけだ(笑)。
フロントで、今日と明日の2泊分の料金56.50ドル(一泊28.25ドル)を払う。
つまり、11月9日に出発するつもり。
まあ、本当にそうなるかどうか、わからないけど(笑)。
今日、旅に出ない理由のひとつは、身体が変に疲れていて重いこと。
身体がニューヨークから出たくないと、嫌がってるわけだよ。
もう一つは、実は、いま、大統領選挙の真っ最中で、テレビが面白いのもあるんだ。
この年1988年の大統領選挙は、共和党のブッシュと民主党のデュカキス候補の争いだった。
終盤になって、デュカキス候補の追い上げが急という報道がある。
明日(1988年11月8日)の投票日に、結果がどうなるのか、興味深いしね。
まあ、世界旅行者ともなれば、「米国大統領選挙を現地で体験した」というのも、「必要なネタ」ではないかな。
という風に、旅に出ない理由はいくらでも思いつくわけだ(笑)。
今日は、まず34丁目のYMCAを出て、ブロードウェイ(Broadway)を、南へ歩いていった。
まず、「グレース教会(Grace Church)」へ入って、祈り、リトルイタリー(Little Italy)へ。
キャナルストリート(Canal Street)をブロードウェイから東へ曲がると、チャイナタウン(China Town)に入った。
東南アジアのチャイナタウンと同じく、金製品の商店があるのが目に付く。
また、この時代は、見るからに怪しいものをいろいろ並べてたね。
モットストリート(Mott Street)に入り、通りの端の「HUMAN RESTAURANT」に入る。
ここで、ホイコーローライス(グラスワイン付きで9ドル弱)を頼む。
もちろんワインが足りないので、ボトルを一本追加(8ドル)。
チップ込みで、18ドル支払った(チップは2ドル弱だから、約10パーセントね)。
それから、St. Jones Place を通って、歩いている人に、Brooklyn Bridgeの入り口を聞いた。
橋の入り口は、地下鉄の出口と一緒だった。
歩行者天国になっているFulton Streetを通って、「SOUTH STREET SEAPORT」のショッピングモールへ行く。
ここからブルックリン橋(Brooklyn Bridge)を見る。
ブルックリン橋とマンハッタン橋が、2つ並んで見える。
サウスストリートシーポートからは、手前がブルックリン橋、遠いほうがマンハッタン橋。
マンハッタン橋は鉄骨仕立てで、それほど面白くない。
が、ブルックリン橋は橋脚がコンクリート作りでもあり、なかなか魅力的だ。
いまこの文章を書きながら考えていたのが、「僕はブルックリン橋を歩いて渡ったのかどうか?」なんだけどね。
僕の性格からすれば、絶対に歩いて渡ったはず。
しかし、歩いたという記憶は、はっきりと残ってない。
僕の旅行記は、正直、自分の思い出を確認するために書いている。
だから、ウソを書いたら意味がない。
どうだったんだろう…???
しかし、「今日は、ブルックリンブリッジを歩いて渡り」と、僕の旅行ノートに、はっきり書いてあったのを、いま発見したよ(喜)!
歩いた記憶は薄れていたが、僕ならばゼッタイに橋を渡ったはずなので、これでスッキリと納得がいった(笑)。
橋を渡ってまた戻ってきて、サウスストリートシーポートのバナナリパブリックで革ジャンを買おうかと迷う。
ワシントン広場のバナナリパブリックでは、クレジットカードが承認されなかった(というか、承認に時間がかかるようだった)
ここでも、承認を取るのに1時間かかるということだったが、今回は買うことにした。
ショッピングモールをあちこち歩いて時間を潰し、1時間後に戻って、革ジャンを購入する。
革ジャンにこだわっている理由は、これから冬に向かって、寒くなるだろうと考えていること。
なにしろ、僕はこれから、カナダへ行くつもりだからね。
いま持っているのは、米軍のアーミージャケット(M65)で、裏のライナーもないやつ。
だから本当に寒いときは、スウェットシャツを2枚が実にしないといけないしね。
買い物をするというのは、正直、精神的に参ってたからだろうね。
イライラを買い物で、補おうという精神の動きがあったとおもう。
確かに、この革ジャンは、北を旅しているときは、結構役に立った。
ロサンゼルスから革ジャンを実家へ送り、ついこの間まで、日本で着ていたよ。

【ニューヨークで買った革ジャンを着て、世界旅行者協会の長老と@横浜】
地下鉄に乗って、51丁目の駅で降りて、高級ホテル「ウォルドルフ=アストリア(The Waldorf-Astoria)」へ。
重厚な雰囲気の超高級ホテルなので、さすがの世界旅行者も、気後れして、中へ入る勇気がもてなかった(涙)。
ホテルの前の通りから南を見ると、「PANAMビル」が、道路をふさいで大きく立ちはだかっている。
パンナムビルとは、昔、「アメリカ横断ウルトラクイズ」の決勝が行われたところだ。
続いて、マディソンアヴェニューを歩き、紀伊国屋書店へ行った。
暇つぶしには、本屋が最適だからね。
いままで買うかどうかずっと迷っていた「地球の歩き方・カナダ」を買った。
一応北米一周する予定なので、カナダ東部へ行くし、時間があれば、カナダ西部のバンクーバーへも行くつもりだからね。
YMCAの自分の部屋へ戻り、大統領選挙関連のテレビ番組を見る。
特に、明日が投票日で、今日が最後の選挙運動の日だろうから、テレビも宣伝番組でいっぱいだ。
確かに盛り上がるよね。
テレビ番組の討論を見ていても、興奮するし。
日本の政治もこうなったら面白いんだけれどね。
と思ったのが、1988年だが、日本の政治は相変わらず、あいまいな、ぼんやりした、ナアナア政治が続いている。
日本の政治は、日本人の国民性が表現されたもので、こうなるのも仕方ないよ。
この旅行記を書いている2012年までの間に、日本の政治には、いろんな変化が起きた。
でもそれは、表面だけで、実質は、まったく変わらない。
今になってみると、それが、とっても哀しいね。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx