ロサンジェルスで安く英語を学ぶ@エバンスアダルトスクール/ロサンジェルス
昔のロサンジェルスは、不法滞在、不法労働が当たり前で、またそれがロサンジェルスの活気を作っていた。
だって、政府もそれを当然と認めていて、「不法滞在者でも、連続して5年間米国に滞在していたら無条件にグリーンカードをあげます」みたいな政策が時々出てきたのだから。

まあ、米国は移民の国で、その意味は、「不法移民でも不法滞在者でも、米国に望んで入ってきて、ある期間を過ごしたなら、それが米国民だ」という基本的な考え方があったからだろうね。

だから、世界中の自由な考え方をする人の希望の中に、「米国へ行って一旗上げたい」という夢を与えてきたわけだ。
また、米国もその望みにこたえてきた。
例えば、移民でもなんでもなくても、子連れで観光に来ても、小学校が子供を受け入れてくれてた。
ビザも何もなくても、観光客でもその身分を問わずに、公立の学校が教育を与えてくれていたわけだ。

一時期ロサンジェルスのリトル東京に、わけのわからない人たちが集まっていた時代、人が集まっていたのが、リトル東京の日米文化会館での夜の英語コースだった。
平日の夜、6時から9時まで、英語のコースがあった。

これは、米国人がボランティアで英語を学ぶ人を教育するというプログラムだった。
誰でも参加できて、確か登録料としてクウォーター(25c)が必要なだけじゃなかったかな。

最初は結構面白かった。
リトル東京のホテル大元(ダイマル)に宿泊していた人の中には、夜のこの英語コースを取るために滞在していた人もいたよ。

それが、だんだん知れ渡ってきて、日本人の女の子が多くなってくる。
日本人の女の子が英語を勉強しようとする目的は、単純明快、外国人と付き合うためだ。

それが知れ渡ってくると、この英語教室は徐々に、モテない外国人男性が日本女性を見つけるための場所になってしまった(涙)。

それに、実際、教えに来ている人の知的レベルがどんどん下がってきて、最後には、文法もまともな発音も知らないような人がきてたからね。

そこで結局打ち切りになり、リトル東京の英語教室は「リトル東京交番」に移ってしまった。

リトル東京での英語教室は実質的にはなくなってしまった。
でも、リトル東京からそれほど遠くないところに、アダルトスクールが存在して、日本人はずいぶん世話になっていた。

それがエバンスだ。
米国旅行を計画してきた人も、中南米旅行を考えてロサンジェルスへ来たのに、ほとんどタダみたいな料金でまともな英語のクラスを取れると知って、旅行計画自体を捨ててしまった人も多い。

僕も他の人を案内してエバンスへ行ったが、僕の英語は実際普通の米国人のレベルを超えている。
それで、僕はクラスに入れられない、という話になったくらいだ。

それはそうだろう。
僕はなにしろ、英国で最も権威のある英語試験「ケンブリッジ英検特級(CPE)」を持っているのだから。
つまり、僕はこのアダルトスクールの教師の資格があるわけだからね(笑)。
でもまあ、この学校は、リトル東京の安宿に滞在してた貧乏旅行者にとっては、とても大切なところだったんだよね。

その学校。

E.Manford Evans Community Adult School
717 N. Figueroa Street L.A. CA 90012
その他にも、たくさんアダルトスクールはあります。
検索すれば、たくさん見つかりますよ。
ちなみに、エバンスは http://www.evansla.org/
INDEX ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記 各国別旅行記