キーウェスト@フロリダ/米国
ロンドンで買ったグレイハウンド乗り放題の1か月有効の「アメリパス」をなくしてしまった。
ワシントンからマイアミへの途中、ジャクソンビルでバスを乗り換えるときに、バタバタしてた時だ(涙)。
ワシントンから夜行バスでやってきて、急に乗換えを告げられて、慌てたせいかな。
バスに預けていたバックパックを自分で持って、別のバスに載せ換えたりしたからね。
ニューヨークを出て以来、カナダ、アメリカ北東部と、動き続けだった。
パスをなくしたことをいい機会と考えて、マイアミで一週間ほど身体を休めることにした。
後悔しても取り返せないなら、なるべくいい方に考えた方がいい。
これが海外個人旅行のコツだね。
ものすごく危険な(笑)マイアミの中心部に宿を取って、夜はホテルにこもり、昼間あちこちを見て歩いた。
なにしろダウンタウンでは、午後6時を過ぎたとたんに、全く人影が消えてしまうんだからさ。
ショッピングモールで映画を見たり、マイアミビーチへ行ってちょっと泳いだりしていた。
そして、マイアミのバスディポで、また30日有効のパスを250ドルで購入。
さっそく、フロリダ半島の南端キーウェストへとグレイハウンドに乗る。
名物のセブンマイルブリッジを通過して、キーウェストへ。
キーウェストの観光案内所へ行って、そこでホテルリストをもらって宿をチェック。
すると、なんとそのホテルリストには、ゲイ専用とかレズビアン専用とか(確か「大人だけ」とかさ)説明がある!
確かにキーウェストの名物パブ「スロッピージョー」でウォッカトニックを飲んだときも、店の中には肩をむき出しにしたマッチョな男性だらけだったものなー。
で、僕が泊まったホテルはゲイ専用とは書いてなかったのだが、マネージャーは確かにゲイの雰囲気ムンムンだった。
40ドルの料金を値切ったら、30ドルにディスカウントしてくれた。
ただ、マネージャーの、僕のお尻を見る目つきが気になったので、部屋のドアには内側から椅子を立てかけて寝ました。
キーウェストでは、とにかく、ビーチで泳いだ。
一泊しただけで、またグレイハウンドに乗り、次は、オーランドへ向かいます。
【旅行哲学】ゲイの人はだいたい親切で優しいね。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記