『キーウェストからマイアミ経由して、オーランドへ到着し、ディズニーワールドへの時刻を確認する』@オーランド/フロリダ/米国

1988年11月30日に、マイアミからキーウェストに到着。
キーウェストを歩き倒して、2つのビーチで泳ぎ、有名な「スロッピージョー(SLOPPY JOE'S)」でウォッカトニックを一杯
12月1日午前5時45分、値切って1泊30ドルで泊まっていた「SOUTHERNCROSS HOTEL」の3号室で、起きる。
熱いシャワーを浴びて、完全に目を覚ます。
マイアミダウンタウンで8日もごろごろしていたので、体力は完全回復。
荷物を整理して、汚れたタオルやTシャツを捨てる。
昨日調べておいたのだが、グレイハウンドのキーウェストのバスディポは、午前7時半にオープンする。
部屋にいても仕方ないので、ホテルのマネージャーにあいさつをして、早めにチェックアウトして、バスディポへ歩く。
グレイハウンドのバスディポは、午前7時15分に開いた。
いま(2011年)調べてみると、グレイハウンドはキーウェストへの路線を廃止しているようだ。
確かに、1988年でも、マイアミからキーウェストのバスは、2往復しかなかった。
朝に一本、昼すぎに一本だ。
僕は昨日、マイアミダウンタウンのバスディポを午前6時に出た。
そのあと、マイアミウェストというバスディポで時間を潰し、午前7時にキーウェストへ出発。
到着が、午前11時半だから、マイアミウェストからは4時間半だ。
昨日の経験では、マイアミダウンタウンというのは、マイアミではメインのバスディポではないようだね。
キーウェストからのバスは、午前7時半をちょっとすぎて、出発。
マイアミビーチウェストのバス停に到着したのが、お昼の午後12時10分(やはり4時間半程度)。
ここで、キーウェストへ行くという日本人学生を見つけて、声をかけてちょっと話をした。
この時代は、グレイハウンドで旅をしている日本人の若者が多かったので、出会ったら情報交換をするのが自然だったんだ。
最近は旅行者同士話することも嫌がっているようだが、会えば互いの話をして、情報交換するのが一つの礼儀というか習慣。
バスは5分の停車のあと、マイアミウェストを午後12時15分に出発する。
フォートローダデイル、パームビーチなどを経由して、それぞれに5分程度のトイレストップがある。
そういう時は、バスを降りて、トイレに行ったり、身体を伸ばしたりして、外の空気を吸う。
東洋人の高年齢者が、中国の健康体操みたいなものをしていたので、声をかけた。
すると彼は、PH.D.を持っている学者さんだった(そう自称した)。
特に深い話はしなかったが、旅行ノートに名前まで書いてあるので、ここに記録しておきます。
グレイハウンドバスは、特にトラブルもなく、快調に走り続ける。
この日は、ちょっと曇り空なので、本を読んだり、目を閉じてうとうとしたりの繰り返しだ。
オーランドのバスディポ到着が午後7時15分(マイアミからオーランドまでは7時間)。
ところで、僕がオーランドへ来た理由は、ただ一つ、ディズニーワールドへ行くため。
この時代は、グレイハウンドバスがディズニーワールドへ往復していた。
その時間を調べると、午前10時15分にオーランド発がある。
帰りのバスがオーランドへ到着するのが、午後7時50分。
僕はグレイハウンドでディズニーワールドへ往復するつもりなので、メモを取る。
バスディポの近くの安ホテル「ORANGE COURT MOTOR LODGE」へ、歩いて行く。
部屋は広いが、全体的に古ぼけた宿だった。
税金込みで、シングル27.25ドル。
部屋には、白黒テレビがあり、広いバスがあった。
ただ、全体的に汚いので、バスに浸かろうとは思わなかったけどね。
もう一度バスディポへ戻って、バスの時刻を調べる。
ディズニーワールドへ行ったあとのバスの時刻を確認したかったんだ。
ディズニーからのバスが、午後7時50分にオーランドへ到着する。
午後8時15分にニューヨーク行きのバスが出る。
このバスに乗って、ジャクソンヴィルへ行く。
ジャクソンヴィルは、すでに説明したが、いろんなバス路線の乗り換え場所になっている。
だから、ジャクソンヴィルで乗り換えて、ニューオーリンズへ行ける。
一晩バスの中で寝れば、昼ごろには着けるようだね。
ホテルに戻って、テレビを見ると、テレビの音が出ないので、部屋を交換。
108号室から、118号室に換えてもらいました。
明日、一本しかないバスで、うまくディズニーワールドへ往復できるだろうか?
でもそれは、僕が悩むことではない。
旅人の行く道は、神が決めている。
すでに僕の行く道は、神に定められている。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記