《涙の片道切符(one way ticket)》(2000/january) 
1)金持ちはマイレージを利用し、貧乏人はそれを語る
2)LA経由で九州に里帰りすると 
3)マイレージ登録を忘れても 
4)航空券が見つからないなら、ナンパしかない
5)ナンパとは、ただお情けにすがること
6)世界旅行者は神に愛されていることについての確認 
1)金持ちはマイレージを利用し、貧乏人はそれを語る

世の中は、マイレージ、マイレージと、やかましい。
ところで、マイレージとはいったいなんだろう?

実は、僕はよくわからない。
わからないことは、手を出さないのが正しい。

よくわからないまま、流行に乗って、マイレージとかいうものに手を出すと、きっと商品相場といっしょで、いつのまにか全財産をなくしてしまうような気がする。

ところが、恒例になった一年に一度の「LA参り」で、かなり昔、大韓航空に乗った時、機内のスクリーンでスカイパス(大韓航空のマイレージプログラム)の案内を見た。
そのなかで、「スカイパスプログラム参加ご希望の方は、客室乗務員にお申し出ください」と言っている。
そして、乗客の誰もが、それを聞き流している。

僕は世界旅行者として、世の中ほとんどすべてのことに、とにかくひとこと、気の利いた口をきける。
それは、僕が「新しい経験が出来る機会は絶対に逃さない」というところから来ている。
だから、スカイパスというマイレージプログラムに興味があるにしろないにしろ、「機内でスカイパスを申し込む」という機会は、絶対に逃してはいけない、と決意した。

ま、僕は時々、あまり意味のないことを決意してしまうんだが、決意したら、その5パーセントくらいは、必ず実行する、すごい人間だ。
決意を覚えていれば、の話だけれどね。
スカイパスの申し込みは、決意したその場で実行することになるので、忘れるはずもない。

そこで、韓国人の若いスチワーデスさんを呼び止めて、「スカイパスに申し込みたい」と頼む。
すると、いままで宣伝はしていても、機内でスカイパスに申し込むような無謀な客などはいなかったようで、スチワーデスさんは、ちょっと困ったような感じで引き下がったまま、しばらく戻ってこなかった。

僕は「あのスッチーは夜逃げしたのかな」と思いながら、ウィスキーを飲んでいた。
すると、かなりの時間が経って、そのスッチーが戻ってくる。

「日本語の申し込み用紙がないので、韓国語ですが」と、彼女は日本語で言う。
「韓国語じゃわからないから、ボクいいです」と返事をすると、「私がお手伝いします」とのこと。

そこで、この韓国人スチワーデスは、アイルシート(通路側の席)の僕の横、機内の通路に、韓国風に片方のひざを立てて座り、彼女の手のひらを僕のひざに乗せて、僕の方にぐっと身体を寄せて、耳元でささやくように、ここが住所よ、そこが電話番号なの、とやさしく記入個所を説明してくれた。

僕は若くて美人の韓国人スチワーデスとぴったりと身体を寄せ合って、ちょっと変な気分になってしまった。
噂に聞くキーセンパーティも、こんなものなのだろう。
つい、自分の股間を指差して、「これはなんていうのかなー」などと言いたくなったが、それはさすがに自制した。

こうしているうちに、なんとなくスカイパスの申込書が出来上がり、スチワーデスがそれを持ち去った。
で、僕としては、もちろん、それ以後、スチワーデスさんの甘い香りの記憶のほかは、申し込んだこと自体を忘れていた。

しばらくすると、日本の僕の住所に、スカイパスのカードが送られてきたが、それも、どこかに仕舞い込んだままになった。

申し込んだLA行きのフライトのマイレージは登録されていたが、帰りのLAから成田へのマイレージを登録する方法も知らず、そのまま放っておいた。

その後も、大韓航空でLAと成田を往復したことがあったが、マイレージは登録しないまま月日が過ぎる。

 

そのうち、いろんな雑誌で航空会社のマイレージプログラムを特集するようになった。
このころは、パソコン通信の大手ニフティサーブがあっけなく潰れる前、まだ世間知らずがたくさんいて、にぎやかだった古きよき時代だ。

すると、あちこちのフォーラムの旅行関係の会議室で、「マイレージ、マイレージ」とお経を読むような声が響き始める。
旅行経験のほとんどない人たちが、雑誌に書いてあった記事を読んで、マイレージがわかっていると旅行通になれる、と大きな勘違いをしたらしく、マイレージオタクが発生してきたのだ。

僕は、もちろん日本でただ一人、本当に本物の世界旅行者として、これらの発言に、機会がある毎に反撃を加えた。

だって、マイレージを利用すると、利用する航空会社の選択の範囲が狭くなる。
海外旅行の楽しみの一つは、旅行のたびに違ったエアラインを使って、食事やスチワーデスさんの制服、サービスなど、その違いを楽しむことにもあるはずなのだから。

また、マイレージを登録するために、わざわざ高い航空会社を選ぶ人も出てくる。
今では、安い切符は本当に安いので、高い航空会社を使ってアメリカ往復をするくらいなら、その一度飛ぶ値段の差で、東南アジア程度なら簡単に飛べる。

多くのマイレージを獲得するという目的で、例えばヨーロッパへ行くのに、わざわざアメリカ経由にして、長時間飛行機に乗り、それを自慢するという、変態的な人まで出現する。
飛行機に乗ること自体が好きな、飛行機に乗るとあがってしまう、たかが短大出のスチワーデスにあこがれる、時代遅れの田舎者諸君だ。

こういうお馬鹿な努力をして獲得したマイレージを使って、やっと近場の東南アジアへの航空券をゲットしても、一人旅が出来ない人もいるし、もともと東南アジアが好きじゃない人もいる。

結局、マイレージを溜めても、何の利用価値もないまま、マイレージを溜めること自体が目的になってしまうのだ(これをマイレージジャンキーと呼ぶ)。

マイレージ云々とは、旅行の本来の在り方に無知な旅行雑誌編集者諸君と、頭の悪い三流旅行者諸君が、本当の旅行から逃避して、意味のない知識を見せびらかして、自分の貧弱なエゴを満足させようと、無理にでっち上げた幻想だ。

もともとマイレージとは、狙って集めるものではなくて、金持ちやビジネスマンが、自然に海外旅行をして、自然に買い物をして、自然に高級ホテルに泊り、自然に大手レンタカーを利用して、その結果、気が付かないうちに溜まってしまう、というのが本来の在り方なのだよ。

はっきり言うと、もともと貧乏人には縁のないものなのだね。

ただ、貧乏人に限って、自分に縁のないマイレージにあこがれるものだ。
だから、マイレージの知識に詳しくて、マイレージのことをごたごた話す人間に出会ったら、「このー、貧乏人!」と呼びかけて欲しい。
まず、当たっているはずだ。

外れていた場合、つまり相手が金持ちの場合だが、本当の金持ちは貧乏人といわれて喜ぶものなので、少しも傷つかない。

誰にも迷惑をかけないので、是非試して欲しい。

 

というわけで、マイレージに反対の立場の僕が、大韓航空のマイレージを登録し始めたのは、スカイパス会員になって50年程度たった1998年、ごく最近のことだった。
もちろんそれには、ちゃんとした理由があったのだ。


the mileage program is for the rich,
the poor only speak out loud noises about it.


2)LA経由で九州に里帰りすると 

1996年に、東欧、アフリカ、キューバなどをメインに訪れる、僕の二回目の世界一周旅行を終えて、その帰りに、LAから東京への往復切符を買ってしまった。

これは、話としては面白いのだが、決してオトクな買い物ではない。
だって、東京からLAへの片道切符が残っていれば、人間というものは(というか、僕は)セコイ存在なので、切符を使わないで損をしたくないからと、必ずLAへ飛ぶことになる。

そこまではいい。
オトクかもしれない。
しかし、LAから日本へ、いつか帰ってこなければならないのだ。

ということは、また、LAから日本への往復航空券を購入することになる。
つまり、ちょっとズレがあるだけで、結局は、お金を使っていることには変わりないのだね。
麻薬のようなものだ。

これを断ち切るためには、LAから日本への片道切符を買えばいいだけ。
しかし、これが案外と高い。
LAから成田への片道切符は、安いもので350ドル程度するのだ。
(ここで、ちょっと違法らしいのだが、他人名義の切符を安く買って帰ってくるというオプションも考えられる。世界旅行者である僕には、もちろん、この経験もあるが、ここでは述べない。知りたかったら「間違いだらけの海外個人旅行」を読むこと)

ところが、日本からLAへの航空券は、現在、安い時期に安い航空会社を選べば、往復で4万円を切っている。
つまり、4万円近い金を払って、LAから東京への片道切符を買ってしまうと、トータルで考えて、たいして得したことにはならない。

ま、いろいろ考えると面倒なので、僕は考えないことにした。
意味のないことをああだこうだと考えるのは時間の無駄なので、わからないこと、結論の出そうに無い物は、最初から考えないのがいい。

そうして、だらだらと大韓航空での往復(LAでは大韓航空が一番安いので)を続けていた。
僕の場合は、LAに毎年通う理由があるし、アメリカの観光ビザもあるので、これを続けることは特に問題がなかったのだ。

1998年始めごろに、20年ぶりに、九州の実家に里帰りをしようと考えた。
ところが、東京からLAに行くよりも、九州へ帰る方が航空運賃が高い。
しかも、久しぶりに帰省すると、飛行機代のほかに、お土産代もかかる。
だからこそ、何十年間も、実家に帰るよりもLAへ飛ぶ方を選んでいたのだ。

しかし、不義理も20年も30年も続けることは出来ない。
たまには実家へ戻らなければならない。
そうしないと、家屋敷、山林、荘園、等々、莫大な財産がいつのまにか人手に渡る恐れもあるのだから。

ここで僕が考えたのが、LA経由で九州に里帰りするという大胆な計画だった。

東京〜九州の航空運賃は高い(羽田〜福岡で片道2万7千円程度)が、LAから九州へ飛べば、少なくとも、この片道分は安くなるはずだ。
そこで、LAで調べて、「LA〜ソウル〜福岡」と「成田〜LA」を組み合わせた、オープンジョーの往復切符を600ドル程度で入手して、無事に里帰りを済ませた。

こういう風に、頭を使って切符を買うと、自然と「そうそう、あのスカイパスはどうなっているのだろう?」という疑問も湧くよね。
そこで、帰国後、東京のスカイパスオフィスに問い合わせしてみて、やっとマイレージの登録方法が分かった。

マイレージのカードをチェックイン時に提示すれば、その場でマイレージが加算されるらしい。
なーんだ、簡単だったんだね。
恐がることはなかったんだよ。

しかも、、登録しそこなったマイレージも、一年以内なら、ボーディングパスの半券をオフィスに送れば、登録してくれる(注)。
また、わざわざ送らなくても、(一年以内なら)チェックイン時に、過去のマイレージを登録することも出来る。

ここではじめて、僕はマイレージを考え始めた。
調べてみると、スカイパスのマイレージは無期限に有効とのこと。
すると、何か使えるかもしれない。

エコノミークラスで大韓航空に乗ると、LA〜成田のマイルが片道で「5451」マイルもらえる。
このLA〜成田の往復航空券をマイレージで入手するためには、「55000」マイル必要とのこと。
ということは、6回往復しなければ、往復航空券はもらえない。
毎年通っても、6年間か。
行かない年もあるだろうから、約十年。

僕も歳を取ってきたので、10年後に生きているという可能性は少なく、また、大韓航空が存在しているかどうかも不確かだ。
さらには、朝鮮半島でも、北朝鮮が南進して、武力統一を達成するかもしれない。
そのとき、スカイパスのマイレージが、北朝鮮の高麗航空のマイレージプログラムに統合されるかどうかも心配だね。

これだけ不確定要素があれば、中途半端にマイレージなんか考えないで、その時々の安い航空会社を自由に使った方がいい。

しかし、僕はものすごく頭がいいので、一度考え始めると、止まらない。

片道航空券ならば、その半分でもらえるのではないか?
つまり、「27500」マイル。
これは、片道を5回飛ぶと(5451×5=27255マイル)、245マイル足りないから、6回(3回往復で)飛ばなくてはならない。

ところが、僕が20年ぶりに里帰りしたマイルが効いてきた。
僕は、ソウル経由で福岡へ帰ったので、この時「500」マイル余分にゲットしていたのだ。
親孝行はするものだね。

この500マイルがあるので、僕は2000年の1月11日までに、手許にある成田〜LAの切符を使えば、獲得マイル数が、27755マイルとなる。
27500マイルで片道切符がもらえる。
余分なのは、たったの255マイル!
つまり、ぎりぎりのマイルで、LAから成田へ戻ってこれるのだ。

LAで片道の無料航空券をゲットして成田へ戻ってくることで、LA〜成田を永久に往復する「悪魔の連鎖」を断ち切ることが出来るのだ。

これが可能だということは、東京でスカイパスオフィスに問い合わせして確認した。

何の問題もない。
そのはずだ。

しかし、世界旅行者が何か行動を起こす時、変わった話、面白い話、とんでもない出来事が生じないことはない。
不思議なことに、僕がなにか行動するときは、必ず話のネタが出来るのだ。

ま、だからこそ、僕は、ベストセラーを書くことが出来るんだよね。

i went back to kyushu island via la,
which must have enabled me to get one way free ticket
but the worldtraveller always encounters something special
that commoners would never have experienced


 3)マイレージ登録を忘れても 

1999年12月25日、クリスマスの日に、予約を取って、LAへ飛ぶことにした。
年も押し迫ったころだから、日本での切符の値段が高くなった時期で、確かに、あらかじめLAで切符を安く買っておいた意味はあるのかもしれない。
が、年末に飛ぶこと自体が、普通の僕のやりかたと違うのだから、こういうことを自慢しても仕方がない。

この1999年から2000年にかけてのアメリカ旅行には、いくつかポイントがあった。
LAからNYに行くのが一番大切な計画。

また、今回は、アメリカ(LAとNY)で、インターネットに接続をして、e-mailで連絡を取ったり、自分のWeb Siteを更新したりすることも試してみたい。

何度も書いているが、僕の人生計画というのは、まず一発、豪快なベストセラーを出して、あとは、その莫大な印税の利息をもとに、海外のあちこちから軽いエッセイを書き流して小銭を稼いで、お気楽にのんびり暮らす、というまあ、面白くも何ともない堅実なものだ。

だから、コンピューターを持って旅に出て、海外からインターネットに接続するというのは、その練習でもあり、計画の第一段階でもある(ちなみに、ベストセラーを出す部分は、出版社の責任で、僕の担当ではない)。

もちろん、いつもの通り、LAで一年分の服や靴など、いろいろな買い物もしたい。

ただ、今回、スカイパスのマイレージを利用して、帰りの切符を入手すれば、これはまた一つ、世界旅行者らしい話のネタになる。

だって、一般的なよくあるマイレージ話というのは、アメリカやヨーロッパに無理して飛んだり、一流ホテルに泊ったり、国際電話をかけたり、無駄な買い物をしたりして、カードでお金を使って、やっと稼いだマイレージで、近場の東南アジアへの無料航空券をゲットするというありふれたもので、こんな退屈な話は、いまさら人の興味を引かないからだ。

今回は、去年知り合った若者が、高級外車を購入して、僕を待っている。
つまり、空港への送り迎えや、買い物に、彼の車を利用できる。
そのための連絡も、e-mailで済ませていた。

いやはや、考え出すと、なにもないようでいて、いろいろな目的が見つかるもので、そのための手配もあれこれしなければならない。
でも、なんでこんなに忙しくなってしまったのだろう??
もともとLAへ行くのは、何も考えずに、ダラーンとするためだけだったのにさ。

 

大韓航空に乗り込む前は、異常に緊張していた。
だって、大韓航空は事故が多いのが有名で、この2年間に6回も事故を起こしていると、新聞で大きく報じられたばかりだったのだ。
胸がドキドキする。
だから、というわけではなく、いつもの通り、ビールをたくさん飲んでしまう。

ボーッとしたままチェックインして、飛行機へ乗り込んで、座席について、落ち着いて、機内にそなえてある日本の雑誌をうまくゲットして、それを広げたときに、ハッと気がついた。
チェックインするときに、スカイパスを提示して、マイレージを登録するのを忘れてた!

いや、いや、いや、でも、問題はない。
LAで、マイレージを登録すればいいだけだ。
LAのダウンタウン、FIGUEROAストリートにある大韓航空のオフィスか、空港のチェックインカウンターで、簡単に処理してくれるはずだ。

 

LAのダウンタウンにある僕の定宿、ホテル加宝にチェックインすると、去年と大きく変わっていることがあった。
それは、みんながパソコンを使っていること。
僕も、ノートパソコンをアメリカで使えるように設定したら、おなじホテルに宿泊している人とも、電話ではなくて、e-mailで連絡を取り合うようになった。

あちこちからe-mailが届いて、それに返事を書いたり、自分のHPの手入れをしたり、ネットサーフィンしていると、午前中は、コンピューターに向かっているだけで潰れてしまう。
LAにいるのに、特にLAにいるという感じがしない。

いつもはアメリカのテレビ番組や日本からのニュースなどを見るのだが、インターネットがあるので、特にそういう気持ちにもならない。
つまり、海外に来ているという雰囲気がしないんだね。

 

スカイパスのマイレージ登録のことも、そういう日常の中で、頭からどこかへ飛んでいた。
が、年も押し迫ってきて、何にもしていないことに急に焦り出して、12月30日に大韓航空のオフィスに足を運ぶ。
すると、「30日の午後から新年の休暇に入ります」とのお知らせが、オフィスのガラス扉に貼ってある。
午後12時ちょっと過ぎ、ちょうどオフィスが休みに入ったところだった。

もちろん、新年になってから、手続きをすればいいだけだ。
でも、せっかく足を運んだのに、オフィスが休みに入ったばかりというのは、なにか、イヤーな感じがするよね。

そして、そのイヤーな感じはまもなく現実化して、恐るべき戦いが始まるのだ。

i forgot to register the mileage in tokyo
without sensing the fierce battle awaiting me in la

 
4)航空券が見つからないなら、ナンパしかない 

もうみんなすっかり忘れてしまったと思うが、2000年の始めには、Y2K問題というものがあった。
ここで馬鹿馬鹿しい解説をしておきたいものだが、いい冗談が思い浮かばないので、ここははしょっておこう(本来は、ここで一つ笑いを取らないといけない所なんだが)。

年が明けて、友人の車で、ビバリーセンターへ新年の買い物に出かけることにした。
LAで知り合った美人看護婦さんもいっしょだ。
このように、LAでは誰でもすぐに友達ができるし、人間関係もあっさりしていて、気楽に、だらーんと過ごせるのがいいところだね。

あまりにだらーんとしているので、スカイパスのことをまた忘れていたが、友人が「西本さん、スカイパスの件はうまくいったんですか?」と聞いてくれた。

このように、友達というのはとても役に立つ。
自分のしなければならない予定を、面白おかしく、大げさにしゃべって置くと、ちょうど忘れたころに、続きを聞きたいのか、「あれはどうなったんですか?」と思い出させてくれるのだ。

僕はもともと、一つのことに熱中すると、他のことはすっかり忘れてしまう人間だ。
昔、サラリーマンとして会社に通勤していた時、電車の網棚に荷物を置いたら最後、半分ほどは置き忘れていた。
だから、「網棚に荷物を置くのは止めよう!」と思うのだが、電車に乗ることに意識を集中すると、網棚に荷物を置かないという決意までも忘れてしまって、性懲りもなく、何度も何度も、大事な書類を置き忘れたものだ。

今回も、友人の言葉で、やっとスカイパスのマイレージ登録を思い出し、ベバリーセンターへ行く途中に、ダウンタウンの大韓航空オフィスへ立ち寄る。
簡単に済むと思ったので、近くの路上に車をとめてもらって、二人を車に残したまま、オフィスへ行ったのが、午後2時25分頃。
ドアに「昼食中。午後2時半からオープンです」と書いてあった。

前回は休みに入ったばかりの時だったし、こんどは来たのがわずかに早すぎた。
大韓航空は、どうしても僕と会いたくないようだね。

隣にあるLA観光案内所で、数分時間つぶしをして、2時半ちょっと過ぎに大韓航空オフィスに戻ると、開いたばかりらしく、客は誰もいなくて、がらんとしている。
奥のカウンターに、細面の、すらりとした、若い韓国美人が一人。
顔を見ると、きりりとして、かなり頭の切れそうな雰囲気だ。

僕は、カウンターに近づきながら、「これはちょっとまずいかも」と思った。
もともと女性と男性を比較すると、女性の方が絶対的に仕事に厳しい。
しかも、若い女性で、大学卒業したばかりという雰囲気なので、仕事への意欲に燃えていて、厳しく事務処理をするだろう。

もちろん、今回のマイレージが登録できれば、LAから成田への無料航空券が入手できるとは、すでに東京で確認してある。
しかし、旅先では何が起こるかわからない。
本当は規則でないことでも、規則だといわれてしまえば、おしまいだ。
結局、なにごとも、自分が直接会って話す担当者の気持ち一つなんだよね。

僕はほとんどすべての国境を、貧しい格好にもかかわらず、ただ立派な人格だけで、問題なく通過してきたというのが自慢だ。
その僕も、ただ一度だけ、フランスからスイスへのバーゼルの税関で、何を疑われたのか、バックパックを全部開けられて、日本大使館へ人物照会されたことがある。
その時も、意欲に燃えた、若い女性係官だったっけ。

カウンターでスカイパスのカードを提示して、ボーディングパスの半券を見せて、「チェックインカウンターでマイレージを登録し忘れました。ここで登録すれば、東京への片道無料航空券が手に入ると聞いたんですが」と言う。

若い韓国女性は、事務的にコンピューターに向かい、キーボードを叩いて、「はい、このマイレージで6ヶ月有効の無料航空券がもらえます。電話で搭乗予約をした後で、オフィスへ切符を取りに来て下さい」と言う。
そのあと、「では、あなたの航空券を見せて下さい」と続けた。

えっ?
航空券?
航空券とは、LAから成田往復の、もう使い終わったやつだよ。
マイレージ登録には要らないと思って、いま手許に持ってないんだが。

「航空券はいま持ってませんが、ボーディングパスの半券で、僕が飛行機に乗ったことは確認できるんですから、マイレージを登録して下さい」と要求する。
すると「航空券がないとマイレージは登録できません!」と、冷たい言葉が返る。

えっと、航空券、航空券、航空券がいるのか?
どこに置いただろう?

僕は旅行関係の書類などは、ホテルの部屋のタンスの引き出しに、いつも放り込んである。
航空券もそこにあるだろうから、ホテルに帰れば、見つかるだろう。
今日マイレージがもらえないと、また出てくるのが面倒だが。
問題はない。

「それでは、使い終わった航空券を持って、また来ます。また明日ねっ」と、愛想よくオフィスを出る。

 

しかし、ビバリーセンターで買い物を済ませて、部屋へ戻り、引き出しの中を隅から隅まで捜すと、航空券がどこにもみつからない。
どっと冷や汗が出る。
部屋中のありとあらゆる場所をひっくり返し、床を這いずり回ってチェックするが、どこにもない。

実は、昨日、新年になったからと言うので、ホテルに来て以来始めて、部屋を掃除して、役に立ちそうな書類だけを選んで、ノートに貼り付けて整理したのだ。
そして、不要なものをビニール袋に入れて、まとめて捨てた。

でも、航空券はどこにあったろう?
記憶にはないが、不要だと思って、ゴミとして捨てたのか…。

ホテルのロビーへ降りて、ホテルに泊っているみんなに、「航空券がないので、マイレージの登録が出来ないかもしれない。でも、これで世界旅行者らしい話になるよ。あんまり簡単に無料航空券が取れたら、普通すぎて、話のネタにならないからね」と宣言する。
と、友人が「確か西本さんの部屋でビールを飲んだときに、航空券を見ましたよ」と言う。

「昨日、LAに着いて以来ため込んでいたゴミを全部バッグに入れてゴミ置き場に出したんだ。きっと、あの中に入ってたと思う。これで、僕の『世界旅行主義』に新しい項目が一つ出来た。ホテルの部屋にあるゴミはチェックアウトまで捨てないで置いておくこと!」と、新ネタを披露する。

「どうするつもりですか?」と聞かれる。
そこで、「僕はツイてないようでツイてる人間だ。切符がなくても、必ず何とかなるはずさ」と、確信を持って返事する。

すると、たまたまそれを聞いていた、ホテル加宝のマネージャー大山女史が、言った。
「西本さん、昨日ゴミを捨てたのなら、まだゴミ置き場にあるわよ!新年になったばかりで、今日はまだ捨ててないから」

なんだって…。
LA到着以来ずっと部屋にため込んでいたゴミを、昨日、ホテルのゴミ置き場に捨てたのだから、使い終わった航空券は、部屋にないとしたら、まだゴミ置き場にあるはずだよ。

「ふっふっふっふ。さすがだね!」と思う。
「さすが世界旅行者先生のやることだ。これでゴミ箱を漁って、切符を見つけると、これは、ちょっと話のネタになる。世界旅行者のやることは、こういうふうに、どこか普通と違ってなければ面白くないんだからさ」と、みんなに言う。

正直、僕がなにか行動を起こすと、そこには、必ず、変な、普通じゃない、とんでもないことが起きる。
そうやって、僕は膨大な個人的経験を積み重ねてきているから、ありふれた旅行者とは違うんだよね。
「世界旅行者がゴミ箱漁って航空券を取り戻す」というのは、これはなかなかいいネタだ。

その日は、暗くてゴミを調べることは出来なかったので、そのままビールで、マイレージ獲得前祝いの宴会をした。
そして、翌朝、二日酔いにもかかわらず、日の出といっしょに起き出して、ゴミ箱を漁る。
自分の出したゴミ袋を全部チェックしたが、しかし、航空券は発見できない。

ということは、ロサンジェルス国際空港に着いたときにでも、調子に乗って捨ててしまったのか。
まいった!

ロビーに行くと、朝食の用意をしている大山さんに出会う。

「西本さん、切符は見つかったの?」
「捜したけれど、見つかりませんでした」
「それじゃ、日本にタダで帰れないの?」

「いいえ、大山さん。航空券がなくてもマイレージの登録なんかやってくれるでしょう」
「どうやって?」

うーむ、なにか手はないのか?
「そうだ、あの韓国美人をナンパしてしまおう!」と、突然、僕はひらめいた。

i searched thoroughly in the trash bags for the used airticket in vain,
which lead me to seduce the young slender beautiful korean lady
in ordet to get my legitamate mileage.

 
5)ナンパとは、ただお情けにすがること

「あの韓国美人をナンパしよう!」と決意したのはいい。
どんなことでも、たとえ間違っていても、迷ったまま決意しないでいるよりは、決意する方がいい。
とにかく、なにか、ものごとが進展はするのだから。

ここで問題なのは、僕は生まれてから今まで、一度もナンパしたことがないこと。
僕がボーッと生きていると、だいたい女性の方から僕に近づいて、向こうからナンパしてくるのが、僕の今までの人生だった。
それで、誘われれば、断らないので、なんとなくセックスできてしまう。

正直に言うと、僕は今までの人生で、努力したことがないんだよ。
僕の辞書には、「努力」という文字がないのだ。

だから、ナンパとはいったいどういうことか、知らないのがちょっと不安だね。
頭に浮かぶのは、渋谷の公園通りで、次々と女の子に声をかけまくっている、長髪にスーツの若者たちのこと。

うーん。
僕は女性に気軽に声をかけることができない、気の小さな中年男だ。
どう考えても、あんなふうにナンパできるとは思えない。

ただ、海外旅行経験が多いので、気が小さいとはいっても、それを表面に出さない訓練は、たくさん積んでいる。

気が小さいとは、こんなことをしたら、あんなことを言ったら、人からどんなに思われるだろうと気にしすぎる(そして、なかなか行動が出来ない)という意味だよね。

海外旅行をしているときは、まわりに知った人がいないし、また、ある場所で変なことをして悪い噂が立ったとしても、そこを移動してしまえばいいのだから、気が小さくても気が大きい、気の強いふりをすることは簡単だ。

ま、これが、インドや南米で、いやに大きなことを言うだけの、日本人「旅行通」諸君(笑)がはびこる理由なんだよ。
こういう自称旅行通諸君に限って、日本に帰ってくると、気の小さな本性がバレバレで、一人では銀座通りも歩けない。
だから、いつも旅行仲間と一緒にいたり、インドや東南アジアの日本人宿に通ったりして、そこで、大きな顔をしている。

まあ、人間がいろいろと考える生物である以上、精神に異常がない限りは、人間として、気が小さいのは本質的なものだ。
もちろん僕の場合も、確かに本質的には気が小さいのだが、日本でも特別な訓練を繰り返しているので、気が小さくないように見せることが出来る。
それは、海外だけで通用するニセモノの気の強さではない。

その訓練の一例を示すと、レンタルビデオショップで女子高生がいるときに、できるだけエッチなタイトルのエロビデオをカウンターに持っていって、そのビデオのタイトルを大声で言って借りること。
ビデオのパッケージのいやらしい写真も隠さないで、女子高生に見えるようにした方がいい。

こういった訓練をしているうちに、女子高生から「この変態おやじ!」という目つきでにらまれたり、女子中学生の集団から「じじいのくせに、エロビデオ借りてんのー」なんてこそこそいわれていても、全く気にならない強い性格になってくる。
そればかりか、いまではどことなくキモチイイ感じまでする。
愛読者諸君も、気の小さい人は性格改造の訓練として、試してみたらいいと思う。

さて、性格改造法の講義を終えて、マイレージの話に戻ろう。
世界旅行者の話として、使い終わった航空券をうっかりなくしてしまって、マイレージが登録できませんでした、はいチャンチャン、ではちっとも面白くない。
これではヒネリもオチもないので、話のネタにならない。
だから、どうせ駄目になるにしても、ここは、グイッともう一押しして置きたい。

僕がナンパというと、読者は、大韓航空の例の韓国美人を口説いて、セックスして、身体にセックスを覚え込ませて、コンピューターにマイレージ登録をさせるのかな、と思うことだろう。
いくら僕でも、そんなことはしないよ。

マイレージ登録程度のことで、そこまでやっていては、いくら体力があっても持たない。
まあ、あの韓国美人に気に入られて、彼女に「なんとかこのおじさんを助けてあげたい」という気持ちにさせればいいだけだ。

 

翌朝、髭をていねいに剃り、シャワーで念入りに身体を洗い、髪を梳かし、新しいGUESSのTシャツとジーンズを身につけ、鏡の前で笑顔の練習をした。
ホテルを出て、DASHという市内循環バスに乗って、大韓航空オフィスへ向かう。

オフィスに入る前に、カウンターに別の人がいれば話は早いのではないか、と期待していた。
例えば、人生に疲れた管理職の中年男性などが、たまたまカウンターにいたなら「若い人は融通がきかないからねー。航空券なんか要りませんよ。ボーディングパスだけで大丈夫。今日は気分がいいので、マイレージ2倍つけましょうか?」などと軽くやってくれそうな気がする。

しかし、オフィスのカウンターには、昨日の美女一人だけだ。
僕は、にっこりと笑って、近づきながら「あんにょんはせよー!」と韓国語であいさつした(これは韓国語らしいが、意味は知らない)。
彼女は自国語で挨拶されて、ニコッと微笑む。

カウンターに座って、ニコニコ作り笑いをしながら、「なぬん・いるぼにん・いむにだー」と続けた。
これは、LAのダウンタウンの韓国人雑貨商のところで教わった「私は日本人です」という意味の韓国語らしい(ただ、僕の友人の韓国語通訳の女性によると、少しおかしいとか)。

こう、気持ちがぐっと近づいたところで、英語で話を続けた。
「捜したんですが、切符が見つかりませんでした。でも、ボーディングパスがありますし、コンピューターに情報が入ってるんですから、マイレージを登録してくれませんか?」

すると、彼女は「使い終わったその航空券がないと、マイレージは登録できません!」と冷たく、事務的に返事する。
うーん、本当に困った。

「僕はLAから東京へ、その無料航空券で帰ろうと思ってたので、お金がないんです…」と、お情けにすがることにした。
「このままだと、LAのホームレスになってしまいます…」と続けて、うつむいて、ちょっと嘘泣きする。

彼女はびくともせず、顔色も変えずに「規則なので」と答える。
しかし、まあ、こういう冷たそうな女性ほど、実は心の温かいもので、優しいからこそ、表面は冷たくするということは往々にしてあるものなのだ。

特に韓国女性は、男性からアプローチされたら、まず断り、いろんな誘いを断りつづけて、それを乗り越えてきた勇敢な男性だけが韓国女性の心をゲットするという話を、本で読んだことがある。
ここであきらめてはいけない。

とにかく話を続けなくては…。
そこで、「あいらいく・きむち!」と英語で言う。
でも、韓国語のほうが、いいだろう。
そうそう北朝鮮に行った時、同じツアーに参加した美人テレビ局員から教わった朝鮮語があった。

バッグからハサミを取り出して「よく・ちょんぎれる・はさみだー!」(これは、朝鮮語で「よく切れるハサミ」の意味だそうだ)、ハムサンドを指差して「ぱんに・はむを・はさむだー!」(これはもちろん「ハムサンド」の意味)と、続けた。

韓国人美女は不思議そうな顔をして僕を見ている。

そうだ、いま、大韓航空の機内では金大中大統領の韓国観光キャンペーンフィルムを流している。
これを誉めよう。
僕は英語で「あいらぶ・きむじょんいる!」と言った。
彼女の顔がさっと変わった。
しまった!
「きむじょんいる」とは金正日、韓国と敵対している北朝鮮の総書記の名前だ。
僕は金大中(きむでじゅん)氏を好きだというつもりで、間違ってしまった!
「すみません、間違えました」と、素直に謝る。

しかし、ここまでしつこくお願いしたので、韓国美人の心もいくらかほぐれたようだ。
「航空券がなくても、航空券のコピーがあれば、マイレージが登録できる可能性がある、かもしれませけれどもね…」と、ヒントをくれた。

やっとすこし、進展が見られた。
でもさ、使い終わった航空券のコピーなんか、僕が持ってるわけないじゃないか!

you cannnot seduce a lady,
but only make her sympathize with you


6)世界旅行者は神に愛されていることについての確認 

航空券のコピーなんて、普通の人間が持っているだろうか?
確かに、旅先で紛失したとき再発行ができるようにと、自分の航空券をコピーして別の所に保存している旅行者に会ったことがないわけではないが。

「航空券のコピーは持ってませんけれど。なにか僕に出来ますか?」と、カウンターの韓国美人に告げる。
こう聞いた理由は、なにか手段があると思うからだ。
だって、ここまで血のにじむような努力をして、「コピーがあればマイレージの登録が出来るかも」という情報を入手したのだからね。

思い返してみると、僕の人生は途切れることのない努力努力の積み重ねだった。
努力のいい所は、一生懸命になにかをすれば、かならず、なにかがいい結果が得られるということだろうか。

しかし、努力をしても何にもならない人は、世の中にたくさんいる。
僕は努力をすれば必ず結果が出る。

つまり、世界旅行者は神に愛されているんだね。
だから、神が僕に努力をするように仕向けて、僕は神の指し示すままに努力をして、神は僕にその報奨を与えてくれる。

逆に言うと、神に愛されていない人間はどんな努力をしても無駄ということだろうか。
すごい大胆な言葉だ。
書くと胸がドキドキ高鳴る。

ここまではっきりと書けるのは、ただの馬鹿旅行者や安ライターには無理だ。
やはり、僕の書くものは深いね(うっとり)。

 

思った通り、韓国美人は「あなたが切符を買った旅行代理店が航空券のコピーを持っているかもしれませんよ。でも、そのまえに、スカイパスのオフィスに電話をして、コピーでいいかどうか確認して下さい」と、事務的に答える。

日本風に普通に考えると、航空券のコピーで通用するかどうか、カウンターの彼女は、当然、知っているはずだ。
もし、確認できないなら、彼女がスカイパスのオフィスに電話をかけてくれてもいい。

しかし、それを期待してはならない。
人生の秘訣は、すべてに100パーセントを求めないということだ。
貪欲は七つの大罪の一つだ。

 

僕は彼女からスカイパスオフィスの電話番号を教えてもらって、ホテルに戻る。
このLAから成田への往復切符を買ったのは、LAのフィゲロア通りにある、日系の「マップツアー」で、その電話番号は、僕の住所録の中に発見できる。

大韓航空の美人は、「最初にスカイパスオフィスで確認を取って下さい」と言ったが、僕はまず、マップツアーに電話をかける。
だって、マップツアーに航空券のコピーがないのなら、いくらスカイパスオフィスで確認を取った所で無意味なのだから。

マップツアーには、「旅行代理店にコピーがあると、大韓航空が言ってますが」と話す。
すると、「あると思います。コピーを捜してみます」との答だ。
そのあとで、スカイパスオフィスに電話をして、「マイレージ登録には航空券のコピーでいい、とLAのフィゲロアの大韓航空のオフィスで言われたが、間違いないですね」と話して、コピーでもいいとの返事をもらった。

この電話のかけ方は、相手にイエスの返事を要求しているのだと、理解できるだろうか。
だって、返事がイエスでなければ、電話する意味がない。
イエス以外の回答をもらっても仕方がないのだから。

規則ではイエスでも、電話の相手が、気分でノーと言うことだってある。
そんないいかげんなのが旅であり、人生なのだよね。

なにも信じてはいけない。
信じて裏切られたら、それは自分が悪いのだ。

考えてみれば、大韓航空オフィスの韓国人美女がもっと親切で、最初から切符のコピーでもいいと教えてくれていたら、マップツアーへの電話一本で、無事解決していただろう。
こういう面倒なこともしなくてよかったはずだ。

しかし、それでは、世界旅行者のやることとしては、面白くなかった。

普通とは大きく違った話が出来た。
これこそが、世界旅行者の旅で、世界旅行者のやること、世界旅行者の話なんだね。 

その翌日、マップツアーで、航空券のコピーを受け取る(マップツアーは無料でやってくれた)ついでに、「こういう理由でコピーをもらいに来た人は他にいますか?」と聞いたが、僕が初めてだそうだ。

コピーを受け取ったその足で、同じフィゲロア通りにある大韓航空のオフィスまで歩き、韓国人美女に書類を示し、マイレージの登録をして、その場で、成田への無料片道航空券を入手した。

こうして、僕はLA〜成田を永遠に往復しつづけるという「悪魔の連鎖」を見事断ち切ったのだ。

ただの、無料航空券をゲットするだけで、こんな話になるなんて…。
さすが僕は、神に愛されている世界旅行者だね!

(注)日本で大韓航空に確認したところ、日本でもマイレージの登録には、ボーディングパスと航空券(または、航空券のコピー)が必要だとの回答でした。

the end of skypass story(2000/02/19)

again and again,
devine love to the worldtraveller was verified

【旅行哲学】韓国美人は冷たいようだが、本当は優しい(かな?)。