ジョシュアツリー国立公園と、パームスプリングスと、サルトンシー@カリフォルニア州

1991年4月、ロサンジェルスタイムズ日曜版の広告で、アラモレンタカーの一週間79.99ドルという広告を見つけた。
車を借りるに当たっても、いろいろ面白い話があったが(ここはネタなので書きません)、4月4日から一週間「GEO PRIZM」を借りる。

ただ安かったから借りたわけだ。
が、そのとき世界旅行者は、ロサンジェルスの今はなき有名な安宿「ホテル加宝」に泊まっていた。

この時期、興味深い人たちがたくさん泊まっていた。
また新しい旅行者が連日出現していた。
そこで「車があると皆さんのお役に立てるかな?」というボランティア精神があったわけだ。
早く言うと、ちょっと変化がほしかったってことかな。

もちろんこれはタテマエ。
世界旅行者としては「カリフォルニアで1週間79.99ドルで車を借りた」という体験が重要だったわけだよ。
東南アジアに旅を繰り返して「旅のベテラン」と気取ってる旅行者には、絶対出来ないことだからね。
旅行者としては、東南アジアでクターッとする経験も大事だが、カリフォルニアでレンタカーを乗り回す体験も必要なんだよ。

車があったので、ブラジル大好きの大阪大学のK内くんと、ソルバングからサンタバーバラへドライブして、世界一のイチジクの木を見たりした。
パサディナの「ハンティントンライブラリー」へも、この車で行った。
この時期、僕はとにかく、ロサンジェルスをバスで移動していた。
まあ、ロサンゼルスを市バスで動き回った経験でいえば、僕以上の日本人はいないだろう。
だって、普通は、車を買っちゃうしね。
パサディナの「ハンティントンライブラリー」までは、車がないと行かなかっただろうね。

そのあとで、さらに車を使うにはどうしたらいいか…、とカリフォルニアの地図を見ながら考える。
すると、「パームスプリングス」を見つけた。

昔「パームスプリングの週末(1963)」という映画があった。
僕は見たことはないが、タイトルだけはなぜか記憶している。
さらに、パームスプリングスの近くに、ジョシュアツリーナショナルパーク(Joshua Tree National Park)があるのを見つける。
まあ、世界旅行者としての僕は、世界中ほとんどの名所旧跡は見ている。
ここらへんで一般の日本人にはほとんど知られていない、米国の国立公園を見るのもいいだろう。
マニアックなところにも足跡を残してはじめて、世界旅行者としての存在が輝くのだから。
米国の観光地と言えば、ナイアガラ滝、ニューヨーク、ボストン、ワシントン、フィラデルフィア、キーウェスト、ディズニーワールド、ニューオーリンズ、ヒューストン、サンアントニオ、グランドキャニオン、ロサンジェルス、サンフランシスコ、ラスベガス…。
この程度がまあ米国旅行のポイントだろう。
しかし、誰でも行くところに普通に行くだけでは、世界旅行者とはいえない。
ここで、ほとんどの日本人は知らない場所を押さえておきたい。
たまたま車も借りているのだから。
「世界旅行者よ、ジョシュアツリーナショナルパークへ行け!」というお告げが聞こえる。
だから、僕は、この「ジョシュアツリーナショナルパーク(Joshua Tree National Park)」へ行く。
しかも、1人で行なければならない。

だって、2005年現在では、ロサンジェルスからのツアーもあるみたいだからね。
ある場所を見るのに、ツアーで行ったのか、個人で行ったのか、これは重要な差別化なんだよね。

実はそんな面倒くさいことは、全く考えてなかったわけだが(笑)。
ロサンジェルスのスカッと晴れ渡った春の日に、世界旅行者はただひとりドライブに出た。

I−20を通って、62号線へ。
この分岐点付近に風力発電の風車がたくさん立っていて、とても幻想的だった。

62号線をひたすら走っていったらモハベ砂漠へ出る。
たらたら走っていたら、後からものすごい数のライダーが僕を追い抜いていった。

これは顔やファッションから、誰がなんといっても、ヘルズエンジェルスの皆さんだった。
こういうところでは、静かにおとなしく、邪魔しないように、彼らを怒らせないように走る。

「ジョシュアツリーナショナルパーク」へ到着して、「オアシスビジターセンター」へ寄る。
絵葉書を2枚買って、寄付(donation)をする。
パンフレットとMAPをもらう。
入場料が5ドルで、一週間のキャンピング許可証が付いている。
車に乗って国立公園を見てまわる。
Cottonwoodまでの間に、何か所か停まって、景色を見る。
公園の中は、非常によく整備されている。
所々にキャンピングカーを止められるようなスペースと、キャンピングカーに水道を供給する設備まで付いている。

景色のいいところでは、遊歩道も整備されている。
Cholla Cactus Gardenでサボテンに触っていたら、指にトゲが刺さったよ。

季節が春だったせいか、小さな花が一面に咲いている草原を見た。
僕はほとんどこの公園で、他の人を見なかった。

1人で静かな公園に立っていて、きれいな小さな花を見ているときに、心が洗われる思いがしたね。
これは、ツアーでやってきては絶対に感じられない。

僕はI−10に乗らずに、195号線に乗って、塩湖のSALTON SEAまで行った。
車でうろうろしていると、NORTH SHOREのキャンプ場にぶつかった。
入場料が5ドルのところを、終わりかけだというのでタダにしてもらう。
僕は湖まで行って、しょっぱい水を味わったね。

走っている途中で、いかにもアメリカの農村地帯という小さな町を通過した。
トラクターが何台か停まっている店を見たが、変な東洋人がふらふら入っていくような雰囲気ではないので、おとなしく静かに通り過ぎる。

そのあと、パームスプリングスへ111号線を通った。
通るだけで金持ちの町だとわかるよ。
走っている車はいかにも金がかかっている。
前を走っている大型バイクの後ろで、金髪白人女性がお尻を出しているのを見る。
そのまま、夜を走って、I−10からI−101へ入って、ロサンジェルスへと戻った。
ホテルの駐車場に、車を止めて、ホッと一息つく。
いやはや大冒険だった。
たった一人で南カリフォルニアをドライブして、無事だった。
ヘルズエンジェルスの大集団に取り囲まれたり、ジョシュアツリーを一人で満喫したり、サルトンシーの水を舐めたり、パームスプリングスの白人金持ちの生活をチラ見したりね。
「ホテル加宝」の安っぽい自分の部屋に戻って、ホッとする。
僕にはここが似合っている。
いや確かに、ロサンジェルスでは絶対に味わえない、ディープなアメリカを1日でいろいろと体験したよ。

【写真】ジョシュアツリーナショナルパーク
【旅行哲学】本格的な旅行者は、米国でドライブ経験がないとダメだね(笑)。
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記