『ジャクソンヴィルでアメリパスを無くしたが、マイアミダウンタウンの安宿にチェックイン』@マイアミ/フロリダ./米国

1988年11月21日に、ワシントンからマイアミへの、グレイハウンドバスに乗った。
翌朝(22日)の午前9時に、フロリダ北部のジャクソンヴィルへ到着する(ワシントンからジャクソンヴィルへ約16時間)。
ジャクソンヴィルというのは、いままで聞いたことのない町だが、フロリダ半島の付け根にあると考えるとわかりやすい。
ただ、聞いたことないにしては、バスターミナルは結構大きかった。
バスの中で一晩眠って朝になったのだから、歯を磨き、髭をそり、トイレに行き、朝食を取る。
チャールストンでバスに乗ってきて、僕の隣に座ったジンバブエの白人「ディー」とは、ここでお別れ。
彼は、ジャクソンヴィルで乗り換えて、ニューオーリンズ方向へのバスに乗るとか。
あとでわかったのだが、ジャクソンヴィルという町は、グレイハウンドのバスシステムの分岐点になっている。
僕がやってきた、ニューヨークから米国東海岸を通るルート、グレイハウンドのフロリダ半島へのルート、そして、メキシコ湾岸をニューオーリンズへ進むルートが、ジャクソンヴィルで合流している。
だから、バスターミナルが大きくて、設備も整っているということらしいね。
これは僕がまた、オーランドからニューオーリンズへ向かう途中、ジャクソンヴィルに戻ってきた時に、はっきりと確認できた。
僕がワシントンで発行された切符は、4枚つづりになっていた。
でも、僕は途中でバスを乗り換えずに、ワシントンからジャクソンヴィルまで、同じバスに乗っていた。
グレイハウンドも地方地方で経営が分かれていて、切符で長距離の乗客の運賃を配分をするのだろう。
僕は、ジャクソンヴィルからマイアミも、いままでと同じバスに乗るものと思い込んでいた。
しかし、マイアミ行きのバスに乗り込むと、いままで載ってきたバスと、車体が違う。
僕のバックパックは、マイアミ行きのタグを付けられて、車体下のトランクルームに入っていた。
行き先のタグが付いているのは、ワシントンで確認してある。
当然、僕のバックパックは、マイアミ行きの新しいバスに積み替えてあるはず、と思うでしょ。
僕もそう思って、マイアミ行きのバスのシートに座って、本を読んでいた。
一緒のバスに乗っていた誰かが、僕に「荷物を確認した方がいいよ」と言った。
「積み替えられてないかもしれない。僕は自分で持ってきた」とのこと。
焦って、乗っているバスのトランクルームを確認すると、僕のバックパックがない。
ドカッと冷や汗が出て、駐車場にあるバスのトランクを次々と開けていく。
すると、あるバスのトランクルームに、僕の緑色のバックパックが見つかる。
それを、マイアミ行きのバスのトランクに、急いで積み替えた。
僕が乗り込むとすぐに、マイアミ行きのバスが動き出す。
教えてくれた人に、お礼を言って、ホッとして、アーミージャケットのポケットを探る。
オイオイ、入れていたはずの、アメリパスの切符の束がない…(涙)。
ワシントンで書き込んでもらった、「ジャクソンヴィルからマイアミ」までの切符は運転手に渡した。
だから、このままマイアミまでは行けるが。
残りの、アメリパスの本体がないんだよ。
この時代のアメリパスというのは、アメリパス本体に十数枚つづりの切符の束がくっついている。
つまり、一枚の紙のアメリパスに、切符が何枚も長く繋がっている。
使うときは、この切符に出発地と到着地点を書き込んでもらい、切り取る。
だから、ジャクソンヴィルからマイアミまでは問題ない。
しかし、アメリパス自体がなくなっているので、マイアミから先はグレイハウンドに乗れないってことだよ(汗)。
まず間違いなく、ジャクソンヴィルで、バタバタ走り回っている時に、なくしたんだ。
でも、なくしたものは、諦めるしか仕方がない。
僕は、諦めるのは上手だ。
エリートとしての一流の人生も捨てた(会社を辞めた)し、結婚相手とのラブラブ生活も諦めた(離婚した)。
北米一周のアメリパスがなくなったくらいは、僕にとっては、たいした問題ではない。
でも、ちょっと計算してみる。
僕はロンドンのグレイハウンドオフィスで、アメリカへ飛ぶ前に、1か月有効のアメリパスを買った。
料金は140ポンドで、1988年では1ポンドは250円と考えて、3万5千円だ。
ロンドンからニューヨークに飛んで、しばらくニューヨークに滞在した。
アメリパスを使い始めて、ニューヨークからモントリオールへ移動したのが11月9日だった。
それからほとんど毎日、カナダ北部、アメリカ東北部を旅していた。
11月22日にマイアミまでは行けるから、いままでの、14日間使っている。
3万5千円で、2週間ほとんど連日バスに乗って旅をしてきたわけだ。
計算すると、1日あたり2500円だが、これなら悪くはないかな…(涙)。
と、アメリパスの紛失を受け入れる。
問題はこれからどうするかだが、ニューヨークにいたとき、「米国でもアメリパスは買える」という話は聞いている。
だとしたら、まあとにかく、新しくアメリパスを買えばいいだけだ。
とにかく、アメリカを横断してロサンゼルスへ行くためには、絶対に必要だしね。
ジャクソンヴィルのバスターミナルで、食事なんかせずに、バスの乗換えがあるのかどうか、調べていればなー。
やはり油断したな。
でも、ギリギリでバックパックを見つけたのはよかった。
バックパックがなくなったら、大変だからね。
という風に、とにかく、なんでもかんでも、自分の現在を状況をひたすら肯定して、悪い出来事を小さく見る。
これが、人生にとっても大切なことだよ。
午前9時過ぎにジャクソンヴィルを出たグレイハウンドバスは、夕方になってマイアミに入った。
まずノースマイアミビーチで停まり、次は、マイアミウェスト(4111 NW 27th)で、客を降ろす。
最後に停まったのが、マイアミダウンタウンのバスディポ(99 N.E. 4th)だった。
これが終点で、マイアミダウンタウンのど真ん中。
この時期、マイアミダウンタウンは恐ろしい場所というのが定説だった。
でも、うっかり到着してしまった。
ジャクソンヴィルからマイアミまで約10時間。
だから、到着が夜の7時ごろで、あたりは真っ暗だ。
しかし、小さなバスディポの中は、明るくて安心。
面白かったのは、バスディポの受付がラテンアメリカの女の子で、客も女の子も、スペイン語をしゃべっていたこと。
バスディポの壁を見ると、アメリパスの料金表が貼ってある。
それによると、30日有効のアメリパスが250ドル。
1988年の1ドルは130円と考えると、250ドルは32500円だ。
ロンドンで140ポンドで買って35000円だから、それほどの違いはないね。
でもこれで、かなりホッとしたよ。
カウンターの女の子に、アメリパスが簡単に買えることを確認して、安宿の場所を聞く。
すると、隣が安宿だという。
行ってみると、かなりくたびれた宿だった。
でも、マイアミダウンタウンのバスディポのすぐ横で、正確な料金はメモしてないが、1泊が20ドル程度。
この値段自体が、マイアミダウンタウンには誰も泊まらない、ということを示しているね(笑)。
今日は、アメリパスをなくすという、大変なドジをやってしまった。
でも、旅にトラブルはツキモノで、トラブル自体はどうでもいい。
問題はそれをどう考えるか。
そうして、的確な対処方法を考えることだ。
すべては神の導きで、神が決めていてくださるはず。
旅人はそれを、受け入れればいいだけだ。
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記