地平から現れる高層ビル群@ヒューストン/テキサス
ニューオーリンズに朝到着して、1日で町を見て、YMCAで午前6時に起きる。
しかし、フロリダの時間からニューオーリンズは1時間遅れているので、実際は午前5時だった。

アメリカをぼんやり旅していると、時差にぶつかってあわててしまう。
これもまた、大陸横断をしている実感がわいて、楽しい。

特に東から西へ移動している場合は、時間を間違えても、早く間違えるので、乗り物に遅れることはない。
これが逆だと、列車や飛行機に遅れてしまったりするわけだね(笑)。

時計の時差を調節して、間違いなく、午前7時半のグレイハウンドに乗る。
レイクチャールズへ昼の12時10分到着して、ここでミールストップがあった。

目的地のヒューストンが午後3時10分。
予定よりも40分も早く着いた。

ヒューストンは中心部の高層ビル群が有名らしいんだ。
グレイハウンドでヒューストンへ近づいていくと、大平原の地平線からニョキっと、ビル群が出現するのはビックリしたよ。

どのアメリカの都市もそうなんだけれども、中心部のビル群はオフィス街で、休日の昼間や夜は人がいない。
生活の臭いがしないで、案外と危険でもある。

でも僕はグレイハウンドのパスを使っているので、とにかく連日バスに乗り続け。
町のど真ん中のYMCAに宿泊した。

でも、テレビ付きのシングルルームで15ドル13セントは、安かったと思うけどね。
ヒューストンにはNASAのロケット展示場もあれば、アストロドームもあるので、普通はこういうものを見るのが観光の定番だろうか。

でも、僕はこのヒューストンのビル群を見たことで、観光はオシマイにする。
そうそう、僕はダウンタウンの「TEXAS STATE HOTEL」というところを、町をうろつくついでに探しに行った。

というのは、このころの日本のガイドブックの読者投稿で、このホテルは「ポルノ専門チャンネルが見れます」という情報があったからだ。
なぜか心が騒いで、わざわざ行ったんだけどね、ホテルは潰れて消滅していた。

ひょっとしてこのホテルが存在していたら、僕は絶対にそこへ泊まってただろうね。
その理由はナイショだけどさ(笑)。

というわけで、ヒューストンも一泊しただけ。
翌朝はやはりテキサスのサンアントニオへと向かいます。

【旅行哲学】人を導くものは何か、人が求めるものは何か、僕はヒューストンの町を歩きながら、悟りました。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記