Hostelling International Toronto
76 Church St., Toronto, Ontario M5C 2G1, Canada

チャーチストリート76番地にユースホステルがあるよ。
トリニダードトバゴからトロントへ着いて、イミグレーション、税関のチェックを通過すると、午後10時を過ぎていた。
観光案内所はすでに閉まっている。
観光案内所前に並ぶ観光案内のマシンをチェックして、「ホステリングインターナショナルトロント」が24時間チェックイン可能だとの情報を得る。
ここでとっとと電話をかけて予約してしまえばいいわけだが、どういう部屋なのかわからないのに、予約はできない。
また、時期的に、予約しなくても大丈夫だという確信がある。
トロントの12月始めだから、よほど何か特別なことがなければ、ユースホステルは満員にならない。

また、満員になっていたとしたところで、いざとなれば、ユースホステルならば、床くらいには寝かせてくれるはずだ。
エアポートバスに乗ると、バスはたった18分でダウンタウンへ到着。
ダウンタウンの2回目のストップが「ロイヤルヨークホテル」前。
ここでバスの運転手にユースホステルへの行き方を聞いて、夜のトロントを歩く。

トロントの町は碁盤の目に区切られているので、歩くのはとても簡単。
ユニオンステーション前のフロントストリートをひたすら東へ歩き、チャーチストリートへ出たら左へ、つまり北へ曲がる。
そのままちょっと歩くと、左側にユースホステルの建物が見えた。
中に入ると、受付カウンターにはイヤになよなよとした20代後半の男性がいた。
ま、これはゲイだね。
ゲイの人は繊細なので、僕と気が合うんだ。

ユースホステルだから、ドミもあるわけだが、いろいろ話をして、ちょっと迷って、部屋をひとつ借りることにした。
部屋の中身は必要最小限だが、もちろんシャワーもトイレも机も付いてるので、問題はない。

ただ、料金が、シーツ代や税金を含めて、トータルで74.28カナダドル(ユースの会員だったらもっと安いと思うよ)。
これを、クレジットカードで払って、その請求が来たら、1カナダドル=87円弱のレートで計算してあって、日本円は6440円になった。

トロントのど真ん中で、ユニオンステーションにも、グレイハウンドのバスディポにも歩いていける立地だ。
そこでホットシャワーとトイレ付きのシングルルームをゲットできたのだから、これはナットクできないことはない。
カードキーを使っていて、1階のロビーへ入るにもカードを使い、部屋の頑丈なドアもカードで開く。
これならば、セキュリティも安心できるね。
ナイアガラフォールズから戻った日、ビールを飲みたかったんだが、酒屋が見つからない。
(バーでビールを飲むと高いので、世界旅行者は酒屋で買って部屋で飲みます)
ちょうど、ゲイの男の子と親しげに話をしている女の子がいたので、「今日は一日中、酒屋を捜してトロント中を歩いたんだけど見つからなかった、ビールを売ってるところ知ってるー?」と、聞いた。

すると、女の子が「私もビール飲みたい感じなの」と冗談で返す。
ゲイの男の子は「私はマティーニの冷えたのをお願いね」と、くねくねしながら、地図に線を引いて酒屋の場所を教えてくれた。

そこで「僕も君たちにクリスマスにプレゼントを考えてるんだ。問題はひとつ、僕がクリスマスにはいないってことだけどさ」と、丁寧な英語で冗談とわかるような返事をして、みんなで笑った。
僕はこういうときに、「世界旅行者って、ホント、知的で冗談のわかるすごい人間だよなー♪」と感動するんだ。

さて、教えてもらった酒屋はなかなか大きいもので、ワインが棚にずらーっと並んでいた。
もちろん、冷えたビールも売ってたけどね。

というわけで、トロントの地図にユースホステルからボールペンで線が引いてあるのが見えると思うけれど、その線の先が酒屋の場所だから、メモりたい人はとっとと記録しておくようにね。

【写真】トロントのダウンタウン地図
【旅行哲学】英語もできる、冗談も言える、誰とでも仲良くなれる、それが世界旅行者♪
参照:ユースホステルの2人部屋を1人で使って泊まるまる@Hosteling International Toronto/Toronto/Canada

http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050307

Hostelling International Toronto : http://www.hihostels.com/dba/hostels-Toronto-011006.en.htm