少し英語ができるからと調子に乗ると、入国審査でトラブルがおきるかも。@ホノルル/ハワイ

この写真の女性は、A子ちゃんではありません
1983年9月10日から15日の間に富士山が大爆発を起こす可能性は90パーセントと、相楽正俊著「富士山大爆発」に書いてあった。
また、その頃読んだ雑誌に「旅行はハワイに始まりハワイに終わる」という話が載っていた。

そこで僕が考えたのは、富士山が爆発する時期に日本脱出したほうがいい。
どうせ行くなら、ハワイ。

ハワイに1983年9月10日から15日の間に旅すればいい。
しかし、ビーチに行くのなら絶対、女の子が必要だ。

ハワイに行かないかと心当たりに連絡を取ったが、都合が悪いという。
時季外れだから、普通の仕事をしている人には無理だ。

困った…。
日本脱出しないと、富士山が大爆発するかも。

しかし男性1人じゃ絶対ビーチに行けない。
最後に思いついたのが以前ある雑誌の撮影会で知り合ったモデルのA子ちゃんだ。

面白い女の子で、旅行の話をすると「北朝鮮に行きたい」なんておちゃめなことを言ってたっけ。
僕が北朝鮮へ行ったのは、その言葉を覚えていたからかもしれない。

とっても性格のいい、まじめな女の子だった。
話をしていると、いつまでも話題が途切れない。

彼女はモデルなので、サイパンで撮影したと聞いたが、確かハワイには行ってないはずだ。
住所録をめくって、早速電話をすると、すぐに「行きた〜い!」という返事がある。

これで決まり。
その頃一番安いツアーに連絡をした。

4泊6日で一人12万円ちょっと(昔は高かったねー)。
中華航空なので羽田出発。

これは便利だし、安い。
女の子もこれなら払えるだろう(僕は女におごらないという主義で、モデルと海外旅行に行くんだって、当然割り勘だ)。

彼女とは、ある雑誌の撮影会で知り合った。
僕はこの雑誌の編集部に入り浸っていたので、撮影会の打ち上げに出席し、女の子たちと六本木スクエアビルのディスコに踊りに行った。

モデルのA子ちゃんとはすぐ親しくなった。
電話番号を教えたら、次の日電話があった。

数日後、銀座福屋書店で待ち合わせして、7丁目のライオンでビールを飲みながら話をした。
撮影会の写真を見ながら話をしていたら、突然打ち明け話を始めた。

「わたし、縛られるの好きなの…」
どうやらSMは、お仕事じゃなくって、趣味らしい。

僕も中学生時代に「SFマガジン」を買いに行って、間違えて「SMマガジン」を買ってしまって以来、SMに興味がないわけではない。
でも実行したことはなかった。

彼女と一緒にハワイに行けたら楽しいだろう。
そうだ!ずっと一緒にいるんだから、縛らせてくれるかもしれないぞ。

昔は僕は決断力があったので、思い付いたらすぐに実行する。
さっそく「東急ハンズ」にロープを買いに行く。

どういうロープがいいのか解らない。
売り場のまじめそうな女の子に「SM用のロープはどれですか?」と聞くのもちょっと恥ずかしい。

僕は結構気が小さいんだ。
えーい、考えても仕方ない。

「ロープを適当に見つくろって5mずつ、5〜6本ください」と言う。
「何にお使いになりますか?」と、女の子が聞いてくる。

うーん。そんなこと言えるか!
「柔らかいものを縛るので、ロープがちくちくしないようなものがいいな」

結局、洗濯物用のロープが多くなってしまった。
これで大丈夫だろうか。

ハワイには日本からの普通の飛行機と同じく、午前に到着した。
ツアーグループの一員なので、入国は日本人のツアー参加者の大群の中にいる。

これで入国に問題が起こるはずがない。
ただ僕はまだこの頃は旅行がわかってなかった。

僕は結構英語が出来る(英検1級は1976年に合格している)。
可愛い女の子と一緒なのだから、気分がハイになって、つい英語を使って格好いい所を見せたいというスケベ心が出てきてしまった。

入国審査官も、英語のわからない日本人が続いた後にまともな英語をしゃべるおじさんが来たので、張り切ってしまったようだ。
「旅行の目的は?」

「観光。しかし、本当の目的は神のみぞ知る」と、訳の解らない答をしてしまった。
僕の頭はもうホテルの部屋でのA子ちゃんとの夜に飛んでいるのだ。

「1万ドル以上のお金を持ってますか?」と、決まり切ったことを聞く。
ここで嘘を言うと金を没収されるという噂だが、僕には関係ない。

もともと貧乏なのだから。
単純に「NO」といえばいい所を「そんなに金持ちだったらいいんですけれど」と仮定法過去を使って答えてしまった。

「英語が上手ですね」
「お世辞が上手なこと!」と感嘆文を使ってしまった。

「仕事は何なのですか」
これは決まっている。

どこに行っても教師が一番いい答だ。
「教師です」

「何を教えているんですか?」
この頃はこの答まで用意していなかった。

本当は「国語(日本語)」というのが一番ボロの出ない答だ。
「MATHEMATICS(数学)を教えています」と、答えてしまった。

「ALGEBRAを教えてるのですか」
この単語は聞いたことがあるが、何だったんだろう。

詰まってしまった。
僕ほど英語がしゃべれて数学の教師なら、ALGEBRA(代数)という単語を知らないのはおかしい。

その時は頭がパニックになった。
「ええ、そんなようなものです。説明するのはちょっと難しいですけれど」

少し時間はかかったが、何とかごまかした。
まあ少々職業をごまかした所で、僕はどう見てもヤクザにも大金持ちにも見えないのだから入国を拒否されることはない。

次は税関だ。
僕の金色に光る「ゼロ・ハリバートン」のスーツケースを開ける。

このスーツケースも、まだ僕が日本のメディアの嘘を単純に信じていたころ「ポパイ」で宣伝してあったのを見て、キャッシュでぽんと17万円出して買ったのだ。
重すぎて、実際の旅行には使えない。

この旅行に持って来たのは、女の子に見栄を張るためだけだったが、それ以来一度も使っていない。
今は旅行で集めたホテルのステッカーを張るためだけに使っている。

その恨みのこもった由緒ある「ゼロ・ハリバートン」をぱかっと開けた。
中にはなぜか、NIKONが2台、交換レンズやフィルム、大げさな三脚も入っている。

これだけならば問題はない。
しかし、いろんなタイプのロープが何本も入っているのを見つけられてしまった。

「これは何のために持って来たのですか?」といやな質問をする。
またまた困った。

「女の子を縛るため」とは言えない。
でも男なら、僕の横に可愛い女の子がいるのを見て想像はつくはずだ。

わかってて意地悪しているのかもしれないね。
「タワーリングインフェルノを見たことがありますか?泊まるホテルが火事になった時のことを考えて脱出用のロープなんです」

なんて言い訳がうまいんだろう。
役人も信じはしないだろうが、文句はつけられない。

その後、役人はロープの間からロウソクをつまみ出しながら言った。
「そうですか。ところでこのロウソクは何のためなんですか?」

A子ちゃんを縛ったあとロウソク責めをしようと手回し良く買って来たのに!
「もちろん停電した時のためです」と、きっぱり答えた。

スーツケースを閉めて、振り向くと、A子ちゃんが僕をにらんでいた。
ホテルに着いたら、A子ちゃんが言った。

「洗濯ロープじゃ縛らないでね。特別なロープがあるんだから。それにロウソクも肌に落ちても熱くない特別なのを使うのよ」
ごめんなさい。

A子ちゃんは優しいので、僕が謝るとすぐに許してくれた。
さてこの話には当然教訓がある。

「SM用のロープは東急ハンズでは買えない(今は買えるかもしれません)」
おっとっと、こんなんじゃない。

「入国審査で、ちょっと英語が出来るからと、下手にしゃべると面倒だ」
これが正解。

index 北米
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
「ホテル加宝」物語 中米旅行記 各国別旅行記