『グッゲンハイム美術館へ行き、雨のニューヨークで、本屋、文房具屋を回り、日本の雑誌を買う(1988/11/01)』@ニューヨーク/米国

【セントラルパークのベンチで(2000)】
1988年11月1日になって、僕のニューヨーク滞在も、10日になった。
10月22日の夜に、ニューヨークへ到着して、そのまま「スローンハウスYMCA」にチェックインして、ずっと泊まっている。
部屋は狭いし、トイレ、シャワーは共同だが、部屋にはテレビがあり、暖房が効いているので、とても居心地がいい。
最初は、10月いっぱいでニューヨーク滞在は切り上げて、移動を開始する心積もりだった。
でも、ニューヨークは、見るところがたくさんあるし、いくらでも時間が潰せる。
YMCAは、ニューヨークのど真ん中の34丁目にあるので、どこへ行くにもちょっと歩くだけ。
日本の本を売る店もたくさんあり、この時代は、結構立ち読みしていても文句は言われなかった、のんびりした時代。
また、日本人滞在者も多かったので、ラーメン屋もあちこちにあった。
さらに、どの街角にも、韓国人経営の「デリ」という商店があり、食べ物を量り売りで売っていた。
だから、僕の日常としては、お昼過ぎにメインの食事を取り、夜は、デリで買った食べ物とビールで、軽い夕食にする。
さて、今日は何をしようか?
美術館にでも行きましょうかね。
ニューヨークでは、いままでに、「メトロポリタンミュージアム」「ニューヨーク近代美術館」を見た。
博物館としては、「アメリカ自然史博物館」へ行った。
でも、観光旅行としては、ちょっと美術館不足かもしれない。
というのが、この時代の観光旅行としては、大きな町へ行けば、美術館へ行くのが定番だったしね。
そこで「グッゲンハイムミュージアム(The Guggenheim Museum)」という名前が、頭に浮かんだ。
まあ、当然、観光パンフレットか、何かの本で読んだのだろうけどね。
地下鉄に乗って、セントラルパークの東にある、グッゲンハイムミュージアムへ。
地下鉄駅を出ると、小雨が振っていた。
これまで、ニューヨークでは、雨にあったことがなかったし、傘の用意はない。
美術館へ走りこむ。
この美術館はその建物の構造が、名物、特徴になっている。
フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の設計で、「カタツムリの殻」の形状をしているので知られている。
見学通路がらせん状になっていて、上の階から下の階へ展示品を見ながら降りてくるというシステム。
これが、ちょっと落ち着かなかった。
現代美術をメインにしているようで、僕が行った日は、「Andy Warhol, Cars」という、特別展をやっていた。
僕には、アンディウォーホールは、さっぱり理解できなかった。
パンフレットによると、この美術館は、カンジンスキー(Kandinsky)の作品が多いとのこと。
僕は抽象絵画は好きではない(わからない)ので、今までもあちこちで見てきた印象派の作品を見つけて、心を落ち着けたりした。
観光客としては、グッゲンハイム美術館は、この建物の中に入って、らせん状の通路を歩いただけで、十分。
適当に切り上げて、外に出ると、雨が強くなっていた。
雨の中を、地下鉄駅に走り込み、地下鉄を乗り継いで、ロックフェラーセンターへ。
そのあと「メーシーズ百貨店(Macy's)」へ行ったら、シェール(Cher)が発表した、新しい香水「UNINHIBITED」の宣伝をしていた。
通りを歩いていると、折り畳み傘が1ドル(この時期130円)で、売ってあったので、購入する。
ノートを見ると、この日は、文房具屋と本屋めぐりをしていたようだ。
紀伊国屋書店で、三浦和義事件が載った「週刊文春」、リクルート事件を扱った「朝日ジャーナル」を買う。
この時期は、「アグネスチャン論争」も盛んだったようだね。
でも、今考えてみれば、三浦和義事件は何も解決しないまま終わった。
リクルート事件も、ずいぶんん盛り上がって、犠牲者も出したが、いまになると実際は、検察のでっち上げという話もある。
アグネスチャン論争は、確か、子供を仕事場につれてくるのがいいかどうかという、どうでもいい話だったと思う。
もちろん決着が付かないまま、忘れ去られてしまった。
日本のメディアで話題になったり、盛り上がったりするようなことは、もともと考える必要はない(涙)。
だから、海外にいて日本の雑誌を読むと、「日本では、まだ馬鹿なことをやってるよなー(笑)」と、優越感が得られて楽しいものだ。
モノポリー世界大会に、糸井重里が着いていったという記事も読んだ。
この時代、モノポリーが流行したのかな。
僕はこのあと、北米一周バス旅行をして、ロサンゼルスに行って、「ホテル加宝」に泊まった。
宿泊者を集めて、朝から晩までモノポリーをしていた時期があったけどね(笑)。
さて、1988年11月1日、僕はグッゲンハイム美術館で、現代美術や印象派を鑑賞し、ニューヨークの街を歩き回った。
日本にいたら、ベータマックスのエッチビデオでも鑑賞して一日を過ごしていただろう。
これでも、海外個人旅行は、知的刺激になるということがわかるよね。
今朝YMCAに、11月1日と2日分の宿泊料金を支払った(56.5ドル)。
ニューヨークは、いつまでもいることができる。
でも、いつかは、ニューヨークを出て、北米横断バス旅行に出なければ…。
うーん、考えても仕方ない。
フォスターズでも飲んで、寝てしまいましょう。
□ グッゲンハイム美術館 

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx