ロサンジェルスからラスベガスへグレイハウンドの旅/米国

世界旅行者が最初に世界一周旅行をした時のこと。
ロンドンで買ったグレイハウンドのパスを手にして、ニューヨークへ飛んだ。
そこからアメリカとカナダを、ぐるぐると2か月ほど動き回ったものだ。
パスがあると、「使わない日は損をする」というセコイ考え方。
だから、とにかくほとんど毎日バスに乗って、移動し、寝ていた。
ラスベガスへは、ロサンジェルスからソルトレークシティへの行き帰りに、二度寄ったことがある。
そのころはグレイハウンドで旅をして、ユースホステルや安宿に泊まるのがバックパッカーの基本だった。
ラスベガスへわざわざ来るのは、ラスベガス名物の食べ放題のビュフェで、大食いするためだったね(笑)。
もちろん豪華ホテルに安く泊まれるのも、豪華ホテル自体に縁のなかったバックパッカーの狙いだった。
バックパッカー同士知り合って、ツインの部屋に定員オーバーで、こっそりと何人も泊まったりしていた。
最近はラスベガスもファミリー向けになり、無料のアトラクションも、もちろん有名なショーもある。
だから、ギャンブルをしなくても、楽しめるように大きく変化したらしい。
世界旅行者としても、久しぶりにラスベガスへ行って、その変化を見ておきたいと思っていた。
すると、米国に住んでいる友人から連絡がある。
ついうっかりと、ラスベガスで待ち合わせをしてしまう。
せっかくだからと、ロサンジェルスから、懐かしいグレイハウンドに乗ってみたよ。
ロサンジェルスのバスディポは、確かに不便なところにある。
が、僕が乗ったバスは、次にアムトラックのユニオンステーションへ停車したよ(停まるバスも、停まらないバスもあるので注意してね)。
僕の乗ったバスは、午前9時半に出て、途中一度30分ほどの休息があった。
午後3時半にラスベガスのダウンタウンにあるバスディポへ到着した。
結局6時間ほどでラスベガスへ到着したわけだね。
これは、バスによって停車する場所も違うので、確認ください。
行く途中には、砂漠の中に、突然、独立したカジノが出現したりして、とても不思議な感じがした。
だから、一回は、バスで行っても面白いでしょう。
ただ、ロサンジェルスへ戻る時は、また同じような風景を見るのがイヤで、アメリカウェストでLAXまで飛んで帰りました。
でも、窓側の席に座ったので、空から地理が確認できて面白かったです。
米国旅行を今する人も、一度はグレイハウンドを使うのも面白いかもしれない。
でも、今の時代は、わざわざバスには乗らないだろうね。
そういう意味では、グレイハウンドで走り回って、あちこちで出会いをした世界旅行者の旅は、とても貴重だってことになるよね(笑)。

【写真】LAからラスベガスへ行く途中の休息時間に撮ったグレイハウンドバス。
【旅行哲学】グレイハウンドバスも一度は乗ってみてもいいかな。
【参考】グレイハウンドのサイトで、ルートも料金も全部わかるし、予約もできますよ。→http://www.greyhound.com/
アメリカウエスト航空 http://www.americawest.com/
【参照】 世界旅行者の北アメリカ一周グレイハウンド2ヶ月の旅

ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記