米国からメキシコへ入国する国境の鉄のゲート@サンイシドロ/カリフォルニア/米国

【これからメキシコへ入る(1995)】
ロサンジェルスからサンディエゴを経由して、メキシコのティファナ観光。
これは、ロサンジェルスへ来た人の定番観光パターンだよね。
もちろん旅行会社のツアーもあるが、そんなバカ高くて自由の利かないものを使う必要はない。
グレイハウンドのバスに乗ってしまえば、簡単にティファナの国境に行ってしまう(他にもメキシコのトレスエストレージャスデーロ社などのバスもある)。
アムトラックという鉄道に乗れば、ゆったりとサンディエゴの駅に着く。
サンディエゴからティファナの国境までは、グレイハウンドに乗り換えてもいいし、トラムに乗ってもいい。
もちろん車でもいけるし、モーターサイクルでもいける。
世界旅行者は、もちろん、車でも、モーターサイクルでも、グレイハウンドバスでも、鉄道でも、トラムでもこの国境へ行って、徒歩でゲートを越したことがある。
これだけの膨大な経験をしているから、世界旅行者は世界旅行者と呼ばれ、全世界の旅行者の尊敬を集めているってワケだよ(笑)。
一番本数の多いグレイハウンドだと、LAからサンディエゴまで2時間半、サンディエゴから国境のサンイシドロまで30分程度。
そのままティファナのバスターミナルへ行くと、バスターミナルはティファナの町の郊外にあるので、またバスに乗って戻らなければならない。
国境の手前のバス停で降りるのがポイントです。
鉄道のアムトラックで行くこともできて、こちらのほうが海岸線を走るので、景色はいいですよ。
サンディエゴの駅の横からは、トラム(市内電車みたいなもの)が、やはり国境のサンイシドロまで走ってます。
自分の車やモーターサイクルで行く場合は、インターステート5をひたすら走って、「まっすぐ行くとメキシコに入りますよ」という看板が見えたら、フリーウェイを降りて、できるだけ国境近くまで進んで、駐車場に車を止めることになります。
国境の鉄のゲートを越えて、歩いていくと、タクシーが声をかけてくるが、ここは歩いても問題ない距離なので、流れに乗って進めばいい。
川にかかる橋を渡って、お土産屋を見て歩いていくと、そこがティファナの中心部レボルシオン通りです。
ただ、ティファナの町を見ても、特に面白いものがあるわけではない。
昔は革製品が安いというので、ティファナで革のジャケットやブーツ、バッグなどを買う若者がいたものだが、今では流行らない。
一時期、わざわざ跳び出しナイフを買ってくる(米国でも日本でも持ち込み禁止)のがブームだったこともあったね。
僕も皮製のキャップを買ったが、かなり値切ったのに、やはりボラれていたということもある。
銀製品も店頭に並んでいるが、ほとんどは混ざり物の多い品質の悪いものらしい。
これはホテル加宝にやってきた「台湾在住で昔はタカラジェンヌだったという中年女性」が教えてくれた。
「これは銀じゃなくて、アルパカなんだよね」と言ってた。
いま調べてみたら、アルパカとは「銅、亜鉛、ニッケルの合金」で、日本語では「洋銀」または「洋白」と呼ばれるようだ。
だから、ティファナで銀製品を買っても、それは銀ではないかもね(笑)。
でももともと銀は安いもので、財産になることもないから、そんなに気にすることはないかも。
でも、なんだかんだ言っても「陸路国境を越える」という経験はそれ自体興味深いもの。
一度はやってみるのも意味があるでしょう。
メキシコへの入国の鉄のゲートは、インターステート5号がメキシコへ国境を越える右側にある。
その逆に戻ってくる時は、道路の上にかかる陸橋を越えて、国境の向かって右側(アメリカから見ると左側)に米国の入国ゲートがある。

【道路上にかかる橋。これを渡ると米国の入国管理事務所がある(2001)】
僕が中南米一周旅行をしたあと、米国へ入国したのも、このゲートからだったね。
それから、米国の高速道路を使う時、サービスエリアというものがほとんど存在しないことに注意すること。
だって通行料が無料なのだから、ガソリンを入れるのも食事をするのも、トイレに行くのも、なにか用事があれば、高速道路を降りて済ませられるんだからね。
ただ、一度高速を降りると、入り口がわからなかったり、方向感覚を失って逆方向へと走ったりする。
だから、できるならば一人ではなくて、誰かをナビゲーターにして、運転した方がいいでしょう。
【写真】サンイシドロの国境を越えるゲートに立つ世界旅行者
【旅行哲学】陸路国境を越えるのは、どんなに簡単でも、刺激的です。