フラッグスタッフから、フェニックス経由で、サンディエゴへ到着し、アメリカ横断を達成する@サンディエゴ/カリフォルニア/米国
}
【サンディエゴ駅】
1988年12月9日に、フラッグスタッフからグランドキャニオンへ、日帰りで往復した。
フラッグスタッフのバスディポに着いたのが、午後7時前。
僕は、これからロサンゼルスへ向かう予定。
ロサンゼルスへ行けば、ニューヨークから始まった、僕のアメリカ大陸横断旅行が成立する。
時間があるので、バスディポの外へ出て、昨日泊まった「STARLITE MOTEL」を眺める。
モーテルの前にある大きなネオン看板に「18ドル」と大きく灯っていた。
僕が昨日午前中にチェックインしたときは、「21.70ドル」だったので、税金を入れた値段だね。
僕がチェックインしたのは、午前中だったので、これだけ料金を大きく表示して、客を呼んでいるとは気がつかなかったよ。
ちなみに、道路沿いのほかのモーテルは、「16ドル」というネオンを出していた。
今日は朝から、グランドキャニオンへ日帰りしたのだから、確かに疲れている。
一瞬、「スターライトモーテルにもう一泊しようか」と思った。
が、ここで、バスに乗って一晩過ごせば、明日の朝は、西海岸だよ。
ムダにここで一泊する意味はない。
なにしろ、ずーっとバスに乗り続けて、一晩バスで寝ることくらいなんともない。
逆に言うと、バスで寝ていたほうが、精神的に落ち着くんだよね。
それに、すでに、旅行計画も立ててある。
午後8時に、フラッグスタッフを出て、フェニックス到着が午後10時45分。
そこから、バスを乗り継いで、フェニックスから7時間程度で、12月10日朝に、ロサンゼルスへ到着する。
ガイドブックによれば、ロサンゼルスのバスディポはダウンタウンにあって、夜中に着いた場合は、治安がちょっと心配だとか。
しかし、この計画だと、ロサンゼルスに到着するのが、朝になるので、全く問題はない。
フラッグスタッフのバスディポで、フェニックス行きのバスを待っている。
ここでもまた日本人学生がいたので、軽く話をする。
彼は、大阪の大学の4回生で、卒業旅行だという。
でも、まだ卒論を書いてないのだとか(笑)。
正直、この時代は、日本のバブルの絶頂期で、大学生は、卒業後の就職先は選り取り見取り。
大学での成績なんか誰も気にしてなかったので、卒論なんか、適当に提出すれば問題はない。
僕も卒論を書いて提出したが、いい加減なものだった。
とてもまともに取り扱う価値のあるものではないレベルだったが、その時代の京大の先生は優しかったので、間違いなくお情けで通してくれた。
とにかくこの時代は、オキラクだった。
バブル崩壊後から、今まで続く長い不景気、就職氷河期とは、全く違っていた。
だからこそ、学生も若者も、思い立ったらすぐに、長期海外旅行に出られたわけだ。
帰国後の就職の心配がなかったからね。
彼と別れて、ひとりでフェニックス行きのバスに乗ると、到着が夜の10時45分。
フェニックス乗り換えて、ロサンゼルスに行くわけだ。
フェニックスのバスディポで、バスの時刻表を確認したら、サンディエゴ行きのバスを発見する。
ここであっさり気が変わった。
ロサンゼルスの代わりに、サンディエゴに行こう。
サンディエゴ行きのバスは、フェニックスを午後11時15分に出て、午前6時15分に到着する(7時間)。
サンディエゴは、米国西海岸の南の端なので、メキシコへの国境を簡単に越えられる。
また、ロサンゼルスへも、3時間程度で移動できる。
僕の旅行計画としては、ロサンゼルスに着くのが、「アメリカ横断旅行」の完成ではある。
でも、マイアミで買ったパスはまだ使えるので、西海岸を北上して、カナダ西部へ行くこともできる。
すると、ロサンゼルスからサンディエゴへ南下して、またロサンゼルスへ入るのは、ルート的にムダだからね。
それに、12月10日は土曜日だった。
サンディエゴで土曜、日曜を過ごして、ロサンゼルスに入り、すぐに銀行へ行くつもり。
お金が無くなってきているので、日本の僕の銀行口座のお金を、送金してもらうつもり。
ロサンゼルスには日本人も多いから、そういう情報は手に入るだろうしね。
正直言うと、こんなに理論的に考えたのじゃない。
単純にバスディポの時刻表にサンディエゴ行きのバスを見つけた時の、感覚だ。
「おっ、サンディエゴ行きもあるのか、じゃ行きましょう!」というノリだったんだけどね。
サンディエゴの、グレイハウンドバスディポ(バスターミナル)に着いたのが、予定より少し遅れて、午前7時近くになる。
さて、サンディエゴに着いたら、今夜の宿を決めなければならない。
ではどこに泊まるか、それは決まっている。
この「北米グレイハウンド2ヶ月の旅」を読んできた人はわかっているが、この旅行では僕は、ほとんど全米各地のYMCAに泊まってきたんだ。
だから、サンディエゴでも、サンディエゴYMCAに泊まるつもり。
そうして、バスディポのホテル案内ボード(ホテルの名前と料金と直通電話が揃った案内板)を見ると、ちゃんとサンディエゴYMCAがあったよ。

【ホテル案内板@トロントのバスディポ(2004)】
YMCAに電話をして、部屋を取る。
午前7時過ぎだったが、すぐに部屋に入れると確認。
ねー、これが安宿のいいところなんだよ。
世界中で、バックパッカー宿、安宿というものは、朝早くでも、部屋があればすぐに部屋を使える。
これが、ある程度高級なホテルになると、チェックイン時間が決まっていて、その時間まで部屋に入れないことも多い。
ツアーで使うホテルでは、「アーリーチェックイン」などという名前をつけて、チェックイン時間前に部屋に入る特別料金を設定していたりする。
しかし、世界中の安宿では、部屋があればすぐにチェックインだ♪
電話をかけて部屋を確保して、YMCAへ歩いていった。
歩く時間は、一分もかからない。
だって、グレイハウンドバスディポの隣がYMCAなんだから(笑)。
グレイハウンドバスディポとサンディエゴYMCAは、サンディエゴの中心を走る「ブロードウェイ」に面して、隣同士にあったわけだ。
このブロードウェイを港の方向(西)へ歩くと、サンディエゴの鉄道駅に出る。
YMCAのシングルルームが、18ドル50セント、これに税金がついて、キーデポジットの2ドルを足して、21.98ドルを払う。
キーデポジットはもちろんチェックアウト時に変換されるので、実際は、19ドル98セント。
この時代、1ドルが130円と考えて、2600円。
いま考えると、安かったよねー。
一泊シングル2600円なら、気楽に長期旅行もできるよ。
だって、僕がニューヨークで泊まっていた「スローンハウスYMCA」が、28ドル25セント(3700円)だったしね。
2007年にロサンゼルスに旅したときは、安いホテルでも百ドル近くした。
いま、円高だけれど、これから円安になったら、普通の人には、海外旅行は不可能になるね。
僕はいい時期に、世界一周旅行をしたわけだ。
正直、神に愛されていて、神に導かれていると信じれるよ。
僕は、すんなりとYMCAの657号室にチェックイン。
熱い共同シャワーを浴びて、部屋でテレビを見て、ボーッと過ごす。
昼ごろになって、少し元気が出る。
さて、サンディエゴの町の探検に出かけましょう。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記