米国一のイチジクの木を見に行ったら、UFOに遭遇か?@サンタバーバラ/カリフォルニア州

ソルバングをサッと見たあと、246号線を走り、154号線に入って、サンタバーバラへ到着。
サンタバーバラは思ったよりも大きな町で、中心のステイトストリートに入ったはいいが、道に迷ってしまった。

サンタバーバラの中心は、白い壁とオレンジの屋根に統一されているようで、とても高級なきれいな感じの町だった。
しかし、僕たちはそんなものには興味がない。

捜しているのは、「世界一の木」だ。
その「Moreton Bay Fig Tree」を捜してうろうろしたが、木は鉄道の山側のFigtree Stationの横にあった。

しかもそれほど大きいとも思えない。
だって、確認するまで何度も車で通り過ぎてたからね。

しかし、あとで調べてみると、この木は、「アメリカで一番大きいといわれているイチジクの木」というだけだった。
一応写真を取ったが、木の根元にはホームレスの人が休んでいたよ。

Moreton Bay Fig Treeの説明 http://www.andysnow.com/newvirtualtour/day9Cfall98.html


そのあとサンタバーバラの海へ出ようと、海に沿って走るCabrillo Blvd.に出た。
右折をして大通りに出てしばらく走ると、向かいから走ってくる車が僕のほうを指差す。

そこで後にUFOでも飛んでいるのかと、振り向いたりする。
しばらく走ってわかったのだが、僕は右折の時に左車線に入って、そのまま走っていた。

ところが米国では車は右側を通ることになっている。
つまり、反対車線を走っていたんだよ。

もちろん、すぐに右車線へ入ったんだけどね。
この時は本当に、UFOが飛んでると思って、焦ったよ。

サンタバーバラからロサンジェルスへ戻って、トーランスへK内クンを送った。
彼は日本へ戻って就職するかどうか、かなり迷っていたが、どうなったかな。

【写真】米国で一番大きいといわれているイチジクの木
【旅行哲学】米国では車は右側通行です。