『日本人美女と、エンパイアステートビルディングからニューヨークの夜景を見る(1988/10/24)』@ニューヨーク/米国
【エンパイアステートビルからのお昼の風景(2000)】
1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
そのあと、バス、地下鉄を乗り継いで、ニューヨークのど真ん中、「スローンハウスYMCA」にチェックイン
翌日の10月23日には、ニューヨークの中心街を歩いて回って、「キャッツ」と「レ・ミゼラブル」の切符も窓口で買った
この時、大人気で、ほとんど入手絶望といわれていたミュージカル「レ・ミゼラブル」の切符を手にしたのは大きかった。
YMCAの大きな洗面所で、詐欺にあって、100ドルとパスポートを盗られた日本人男性と話す。
さて、34丁目のYMCAを出て、いつものように、タイムズスクエアまで歩いた。
そこで、日本人美女と出会って、観光案内所へ行き、そのまま「自由の女神」を見に行った。
ステーキ屋でアメリカ風の厚い牛肉を食べ、ワインを飲んで、話はディープになる。
大人の男性と女性が、一日中一緒にいて、ニューヨークの夜に、ステーキとワインの食事をすれば、互いの恋愛経験を話したりするのも自然だよね。
僕は、離婚をして、その傷を癒すための旅(sentimental journey)なので、いくらでも、男女の機微について語れる。
この時期、多くの20歳代の日本女性が、海外語学留学やワーキングホリディに出ていた。
僕は、その理由も、わかっている。
僕が「ケンブリッジ英検特級(CPE)」をとった、ロンドンの「インターナショナルハウス」には、30歳前後の日本女性がたくさんいた。
他の、スペイン人やイタリア人だと、みんな大学入学の資格や勉強のために来ていた、20歳前後の女の子たちだった。
学友や教師、校長などの、いろんな人から、30歳前後の日本女性が留学している理由を聞かれる。
僕は、自分でも考えていたから、それを論じていた。
なぜ、大学も卒業した、20歳代後半の日本女性が、ロンドンの語学学校で英語を学んでいるのか。
立派な会社に勤めていながら、そこを退社して、留学するのか。
僕の分析では、この日本のバブルが絶頂の時期、日本女性の遺伝子は、すでに日本のバブルの崩壊を感じていた。
ま、僕も感じていたんだけどね(笑)。
また、日本社会は、お先真っ暗で、知的な女性であるほど、自分の能力を生かす場所がない。
最終的には、凡庸な日本人男性と結婚をして、家庭に入り、自分の能力は発揮できないまま、日本社会に埋もれてしまう運命。
だから、知的でもあり、さらに行動力のある人は、この時期には、海外に移動してしまった。
でも、普通の日本人は、そんな決断力はない。
だから、中途半端な「語学留学」や「ワーキングホリディ」で、その不安を中途半端に解消していたわけね。
語学留学をしても、ワーホリをしても、僕のように世界一周旅行をしても、結局は、日本に戻っていく(涙)。
ただ、僕の世界一周旅行は、非常に哲学的なものだったけどね(旅行哲学)。
問題なのは、知的レベルの低い日本では、ほとんどの人は、僕のすごさが理解できないところなんだよなー(笑)。
でも、一般日本人に理解不能なほど、知的レベルが高いということは、非常な自己満足にはなるんだ。
それが、世界旅行者の本質なんだから。

【知的日本人美女に撮ってもらった(2000)】
カナダにワーホリに来て、それがそれほどは満足できるものではなく、米国へやってきた二十歳代の日本人美女と世界旅行者が語る。
すると、僕は、相手の心の奥底にまで響く、深い話ができることになるよね。
おそらく彼女の人生で、僕ほど話の面白い、知的な人間と出会ったことはなかっただろう。
彼女の瞳の中には、世界旅行者さんに対する尊敬のきらめきが浮かんでいた。
僕の頭の中には、当然、「この女の子がエッチをしたいならば、エッチをしてあげなければならない」という義務感がある。
大人の男性としては、そのことぐらいは、ちゃんと、考えていなければならない。
でも、それは、女の子が決めることで、僕が無理に誘うことではない。
僕の泊まっている「スローンハウスYMCA」の部屋の話をした。
YMCA経営の大きなホテルで、出入り自由なので、彼女が僕のシングルルームに入るとしても、誰も気にしない。
部屋にシャワーもトイレもないが、大きなシャワールームとトイレがあるので、不自由しないとか。
また、部屋は暖かくて、裸で過ごせるし、テレビもあるよ、とかね。
つまり、女の子にその気持ちがあるならば、僕は大丈夫ですよ、というヒントは与えたつもりだ。
ただ、読者の皆さんに考えてほしいのは、この話は、1988年で、伝説の「昭和時代」だったってこと。
昭和時代にはまだまだ、「エッチをするのは、本当に好きな人とだけ」という、今から考えれば、奇妙な考え方が存在していた。
平成になって、その考え方は大きく変化し、21世紀になったら、この考え方は、完全消滅したけどね。
でも世界旅行者は、もとともとエッチにこだわりはない。
すると、ステーキ屋を出たら、次に行くところは、「エンパイアステートビル(Empire State Building)」となる。
エンパイアステートビルディングの展望台からのニューヨークの夜景は、これは、ニューヨーク名物だしね。
エンパイアステートビルディングには、展望台が二つある。
ひとつが86階で、これは、吹き抜けだ。
そこからさらに上って、102階にも展望台がある。
僕の旅行ノートには、料金は3ドル25セントと書いてある。
これが86階までなのか、102階までなのか、ちょっとわからないが、102階まで上った記憶はある。
いま(2011年)調べると、料金は40ドルくらいするようだ。
たかがビルの展望台まで上るのに40ドルだなんて、ふざけてるよね。
でも、1988年の秋は、3ドルちょっとなので、たった4百円程度だった。
2人で、エンパイアステートビルディングの展望台まで上り、ニューヨークの夜景を眺めた。
ホント、信じられないくらいきれいだったよ。
展望台には、ツアーに参加しているらしい、日本人観光客も多くいた。
若いカップルも多くて、関西弁が飛び交っている。
この時は、ホント、一人じゃなくてよかった(笑)♪と、思ったけどさ。
僕は夜は弱いので、女の子と付き合うのも、今夜はこれで精一杯。
女の子とは、明日の待ち合わせの場所と時間を約束して別れた。
ニューヨークには、まだまだ見る場所はあるからね。
エンパイアステートビルディングのサイト http://www.esbnyc.com/
□ エンパイアステートビルディング 

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx