エルパソから歩いて国境を越えて、メキシコのシウダフアレスへ@エルパソ/テキサス州
サンアントニオのホテルで目が覚めたのが午前5時。
実は、ヒューストンのYMCAに目覚まし時計を置き忘れてきてしまったらしい(涙)。
翌日早朝に交通機関に乗ると決めている場合、目覚まし時計がないと、とても不安になる。
でも、目覚まし時計がないと、それだけ緊張している
夜中に何度も起きて、腕時計の時間を確かめてしまったよ。
昨日調べておいた午前7時半のグレイハウンドに無事乗車する。
そのあとはだだっ広い平原をひたすら走って、エルパソ到着が午後6時だ。
午前7時半のバスに乗って、午後6時に到着したら、10時間半。

昼間は移動のために使ったわけだ。
ただ、サンアントニオはCST(Central Standard Time)、エルパソはMST(Mountain Standard Time)で、時差が1時間エルパソが遅い。
エルパソ時間が午後6時ということは、サンアントニオでは午後7時だってことのようだ。
早く言えば、11時間半、つまり半日丸々移動に使ったわけだ。

暗くなってやっとバスがエルパソの町に入る。
バスの右手、エルパソの北側の山腹に、一つ星のイルミネーションが見えた。

これは、テキサス州が「Lonestar State(ひとつ星州)」、つまり、以前のテキサス共和国の時のシンボルらしいね。
あとは、ホテルを見つけて、ビールを飲んで寝るだけ。

とにかく12時間もバスに乗り続けだから、疲れたよ…。
バスディポのすぐ横にある「Plaza Motor Hotel」へ飛び込む。

税込みのシングルが25.30ドル。
今までのホテルに比べると、値段も高く、特に設備もいいわけでもない。

が、暗くなってはじめての町に到着すれば選択肢はない。
この日はただ移動して寝るだけになってしまった。

翌朝、ホテルをチェックアウトして、バスディポのロッカーにバックパックを入れる。
エルパソからフラッグスタッフへのバスの時刻を調べる。

あとは、今日やることはただ一つ。
米国のエルパソからメキシコのシウダフアレスへの国境越えだ。

米国のエルパソとメキシコのシウダフアレスは、国境を挟んでくっついた町で、歩いて国境を越えられる。
僕にとってもこれがはじめてのメキシコなのでちょっと緊張する。

メキシコの方向へ歩いていくと、いやに両替所が目立つ。
国境への通りもだんだん寂れてきて、なんと銃砲店までがある。
ちょっと怖いね。
しかし、国境はパスポートを見せるだけで、すんなりと通過する。
海外旅行の醍醐味は、やはり国境越えだ。
一歩国境を踏み越えただけで、すべてが変化するからね。

このシウダフアレスという町は本当に殺風景な、がさつな町だった。
目立つのが通りに出された看板。

それは、歯医者の看板で、1本歯を抜くといくらと値段が表示してあった。
米国では歯科医の治療費が高いので、わざわざメキシコへ来て治療をするのだろう。

今までの習慣で、教会を見つける。
「Catedral y Mision de Guadalupe」で、旅の無事を祈る。

一応メキシコに来たという記念として、郵便局から絵葉書を出す。
とっとと米国へ戻って、バスディポへ。

午後5時半、まずアルバカーキへのバスに乗る。
アルバカーキでバスを乗り換えて、フラッグスタッフへ到着するのが明朝8時半の予定。
そのままグランドキャニオンへ移動するつもりだ。

【旅行哲学】歩いて国境を越えて、風景がすべて変化する。これが国境越えのポイントね。