ディズニーランド@アナハイム/カリフォルニア

【これは2007年にディズニーランドへ行った時の写真です】
昨日、アナハイムのディズニーランドリゾートのディズニーランドの向かいにある「カリフォルニアアドベンチャー」について書いた。
となると、ディズニーランドについても、とっとと書いてしまいたい。

なにしろ、ロサンジェルスについては書かなければならないことがたくさんありすぎるのだから。
ところが、ディズニーランドへ行ったときの記憶がぼんやりしている。

最初にアナハイムのディズニーランドに行ったのは、確か、僕がヨーロッパからニューヨークへ飛んで、北米をグレイハウンドで一周して、ホテル加宝にしばらく滞在していたころのはずだ。
ホテル加宝に入ったのが、1988年12月31日だった。
そして、陸路でメキシコとの国境を越えて、中南米旅行に出たのが、1989年3月6日。

だからその間、最初にホテル加宝に泊まっていたとき、だったはずだ。
それとも、僕が中米南米をほとんど陸路で一周して戻ってきて、南太平洋へ旅に出るまでのことだったかもしれないが。
ディズニーランドへは絶対に1人ではなくて、誰かと一緒に行ったんだけど、誰と一緒だったっけ。
最初に行ったときに、スプラッシュマウンテンに乗ったのを覚えている。
「東京ディズニーランドには、まだスプラッシュマウンテンはないんだ」と、話をしていたのは確かだからね。
多分、ホテル加宝にやってきた、あまり記憶に残らない若者2人くらいと一緒だったのではないかな。

世界旅行者は、世界一周旅行に出る前は、舞浜の東京ディズニーランドにも行ったことがなかった。
だから、とにかく物珍しくて、「へー、すごいね♪」とばかり口にしていたよ。

僕ぐらいの世代の人間にとっては、アメリカのディズニーランドに行けるなんて、本当に若いころからの夢だったからね。
この夢という意味は、「そんなことは無理だろうなー」って意味なんだ。

最初に行った時は、ダウンタウンからのRTDバス460番に乗っていった。
RTDバスとは、いまのMTAバスのことだよ。

バスで行くと、だらだらと走って2時間近くかかるので、到着するまでに疲れてしまった。
バスは途中でナッツベリーファームに寄るので、これがディズニーランド?って、あわてたりするし。

ディズニーランドに到着しても、バスストップからディズニーランドの入り口までが、また駐車場を歩いて、遠かったんだよなー(笑)。
だんだん思い出してきたぞ。

僕が今でも持っている「ミッキーマウス柄のネクタイ」は、最初に行ったとき買ったんだ。
北米をバイクで一周してきた女の子がホテル加宝に来たときに、その女の子と男性3人で行ったことも。
このときは、誰かの車で行ったはずだ。
いろんなライドに乗るたびに、女の子を使いまわしにした。
女の子が1人で、男性が3人なので、かわりばんこに女の子と一緒に座るって意味だけどね。
「今度は僕と一緒ね」「次は君が女の子の横に座る番だ」「今度は女の子を前に乗せて、僕が抱きつくよ」と、みんなでこの女性を有効利用したんだ。
もちろんこれを提案したのは、僕だったよ。
世界一周が終わったあと、またLAへ行ったとき、毎日毎日新しい旅行者がやってきて、ホテル加宝も賑わっていた。
一度は車2台に分乗して、10人くらいで行ったこともある。
このときは、運転免許を持っていたので、1台目の車を僕が運転して先導した。

そのとき、後ろの車の運転をしていた若者が僕に言った言葉を今でもはっきりと覚えている。
「西本さんが無意味な車線変更をするので、ついていくのに疲れましたよ」だったっけ(笑)。

正直僕は、運転は下手なんだよ。
運転が下手というと、そうそう、思い出すなー。
僕よりも下手だった、アメリカの田舎で運転免許を取って来た留学生のこと。
アメリカの運転免許は、とにかく誰でも安く簡単に取れてしまう。
問題は、どんなに下手でも免許が取れるってことなんだけどね。
彼に車を借りさせて、グリフィスパークへ夜景を見に行こうとした。
ところが彼はめちゃくちゃに運転が下手なので、グリフィスパークの山道で落っこちそうになったよ。
彼は、なにしろ、運転しているときに後ろを見ることができない。
だから、怖がって車線変更ができない。
僕がナビゲーターになって、「いま右へ!」と声をかける。
しかし、ハンドルを切る決断が遅いので、車が右車線に入ろうと動くころは、後ろの車が迫っていたりするわけだ。
だから、ダウンタウンの4番街を走っていて、ホテル加宝の駐車場へ入れようとしても、車線変更ができずに、そのままずーっと走り続けたこともあるんだから。

まあ、ちょっと書いているうちに、いろんな人の思い出が浮かんできた。
やはり、ホテル加宝物語は書かなければならない。

ご期待ください。

【写真】ディズニーランド@アナハイム
【旅行哲学】歳をとったら想い出の中に生きるのも許されるだろう。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060706