砂漠の嵐作戦@ロサンジェルスダウンタウン
1991年、1月17日、イラクのクゥエート侵略に対して、米国と同盟軍は、「砂漠の嵐(Operation Desert Storm)」作戦を開始した。

このとき僕は、ロサンジェルスの伝説の安宿「ホテル加宝」に泊まっていた。
そこにいた、わけのわからない旅行者たちは、米国のテレビを見て、「攻撃は絶対ある」と考えていた。

しかし、毎朝ロサンジェルスで流される、日本のテレビニュースでは、中東専門家が「戦争は絶対に起こりません」と断言していたよ。
「日本というのは、世界のことがまったくわかっとらん!」と、僕らは専門家を馬鹿にしていた。

そしてもちろん、アメリカに住んでいる人がみんな予想していた通り、戦争は開始された。
フジテレビの中東専門家は、それいらいテレビから消えた(涙)。

世界旅行者は、すぐに影響される。
ハリウッドの店で軍服軍靴を購入して、ロサンジェルスのダウンタウンを歩き回った。

すると、「これから戦争に行くのか。がんばれ!」と、声をかけられる。
ロサンジェルスの町中、「ホテル加宝」の向かいに星条旗をはためかせたピックアップを発見した。
もちろん世界旅行者はチャンスを逃がさない。
まるで自分の車であるかのような気分で、ポーズを取った。

【写真】ピックアップトラック前の世界旅行者
【旅行哲学】戦争にいく根性はないが、すぐに軍服を買ってポーズを取るのが世界旅行者