ホテル大元(ダイマル)@一番街/リトル東京/ロサンジェルス

【左の建物がホテル大元(ダイマル)@一番街/リトル東京】
ホテルダイマル(大元)は、リトル東京の一番街(ファーストストリート)の中央にあって、非常に立地がいい。
近くには安い日本食堂もあり、お土産屋もいろいろあり、スーパーマーケットもあり、でとても便利だ。

ただ、ダイマルは部屋がよくない上に、ボッタクリの噂がある。
僕も北米を東から西へ横断してダイマルに泊まったが、最終的には「ホテル加宝」へと移った。

現在(2005年)、ロサンジェルスの物価も上がっていて、昔みたいに安く生活できなくなった。
ダイマルも1泊50ドルボッタクルという噂がある。
こんなホテルに1泊50ドル払うなんて、まともな神経では耐えられないね。
それに、昔のようにバックパッカーがグレイハウンドで旅をしていた時代と変わってきたので、おそらく宿泊者も変化しているだろう。

僕がいたころは、次々と学生旅行者がやってきて、旅の話で盛り上がっていた。
それがないなら、泊まる意味はないしね。

でも、僕がロサンジェルスで最初に泊まったホテルだったので、それなりに想い出はあるんだけどね。
ちょっと調べたら、まだ存在するという記事も見つかりました。
自分で確認ください。

【写真】ホテルダイマル(大元)
【旅行哲学】どんなにぼろいホテルでも安ければ意味があるけど、高くなったらわざわざ行くところではないよ。

参照:「ホテル加宝物語」