『アメリカ留学中の学生と話をして、南米のガイドブックを捜して歩く』@ロサンゼルス/カリフォルニア州/米国

【ブロードウェイ@ロサンゼルスダウンタウン】
1988年12月30日になった。
12月28日に、日本から銀行口座への送金を確認。
ダイマルホテルにチェックインした。
昨日12月29日に、銀行のキャッシュカードを手にして、暗証番号(PIN)を確認した。
銀行口座に金はあり、暇もある。
旅行予定が立たない、というか、このままでいいのか、迷いがある。
このままでいいのかという意味は、「ダイマルホテル」から移動したいってこと。
このホテルは、部屋でゆったりと過ごすことはできない。
1988年のバブルの最盛期だから、旅行者の数は多くて、話し相手もたくさんいる。
ただ、話す場所がないんだよね。
階段上のスペースが、4〜5人いると、満杯になる。
かといって、ホテルの部屋は狭すぎて、他人を入れるスペースがない。
ホテルの居心地が悪いって事は、どこかに移動すればいい。
どこか別のホテルがないだろうかと考えながら、話し相手を捜てみる。
台所をチェックしたら、僕がサンフランシスコへ行く前に知り合っていた、「だらだら滞在者」と出会った。
挨拶をして、話を聞くが、特に変わったこともなかったとか。
外へ出て、リトル東京を歩いていたら、昨日、沖縄の女の子と一緒に中華街で昼ごはんを食べた若者と遭遇。
暇なので、昼飯を一緒にして、話を聞くと、彼は米国の大学を3つも、変わっている。
といっても、米国では大学を変わるのは、よくあることなんだけど。
でも彼は、ニューヨークの大学を2つ、ハワイの大学へも通った。
次は、なんでも、サンタモニカにある宝石鑑定の学校へ通うらしい。
いままで彼が経験した、大学生活の話を聞く。
彼によると、「日本の女は、白人の男と毎晩大声を出してエッチばかりするもの」だそうだ。
また、「ハワイの大学では、教室が、ある種の植物の煙でもうもうとしている」のだとか。
やはり違った経験をしてきた人と、本音で話をすると、面白いね。
彼と別れて、ロサンゼルスのダウンタウンを歩き、本屋を見て回った。

町を歩いて、目に付いた本屋に飛び込んでみる。
アルコプラザ、ブロードウェイプラザの本屋で、海外旅行関連の本を当たってみた。
「Lonely Planet」のシリーズで、WEST AFRICA, BAJA CALIFORNIA, CHILEなんかのガイドブックを発見。
ただ、僕が捜している肝心の「SOUTH AMERICA」が、見つからない。
ホテルに戻ると、沖縄の女の子がラスベガスから戻ってきて、僕が部屋で預かっていたバッグを持って、出て行ったとか。
彼女は、グレイハウンドのアメリパス(まだ有効期限内)を僕に置いていたが、もちろん使わない。
僕の身体は、旅行モードから滞在モードに切り替わってしまった。
ちょうどケニアで、だらだら滞在していた時の雰囲気だ。
彼女は、僕に、横浜の住所と電話番号を残していた。
しかし、旅先の出会いは、海外から絵葉書を出すくらいの関係にしておくのが、いい想い出になります。
彼女には、中米旅行や南米旅行の途中で、絵葉書を書いたと思う。
旅先の、きれいな恋の想い出です。
明日は、1988年の12月31日、大晦日だ。
沖縄出身の女の子も旅立ってしまった。
銀行関連は、キャッシュカードができて、問題ない、お金はある。
中南米のガイドブックが入手できないのが、ちょっと問題だが。
1989年の正月を、ロサンゼルスで迎えるのはいい。
ただ、このホテルにいる意味はない。
明日どこかへ移りましょうか。
それはそれで、明日の朝に、考えましょう。



北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記