『沖縄の女の子と知り合って、中華街で食事をして、オルベラ街を歩く』@ロサンゼルス/カリフォルニア州/米国

【オルベラ街にて】
1988年12月29日、ロサンゼルスの一番街ダイマルホテルの部屋で目を覚ます。
昨日、ロサンゼルスへ戻ってきて、銀行への入金を確認して、ダイマルホテルに泊まった。
特にやることはないが、銀行口座をどうするかが残っている。
銀行口座を作ったとき、ATMカード(キャッシュカードのことね)を申し込んでいた。
申し込んではいたが、そのあとすぐに、バンクーバーまでバスで往復して、昨日ロサンゼルスへ戻ってきた。
だから、カードも手にしていないし、キャッシュカードのPIN(暗証番号)もしらない。
アメリカの場合は、カードと暗証番号が別々の郵便物で届くことになっていた。
このときどうしたのかわからないが、多分、加州住友銀行のリトル東京支店へ行って、何か手続きをして、カードと暗証番号を入手したのだと思う。
僕の旅行ノートの1988年12月29日のところに、「BANKカード入手、PIN入手」と書いてあるからね。
そのあと、サンフランシスコ在住の友達に電話をした。
彼女は、米国へ留学して、米国人と結婚して離婚して、そのあともサンフランシスコに住んで、絵を描いている。
日本の実家は大金持ちで、僕も行ったことがあるが、広大な庭を持つすごい家だ。
僕の人生計画のオプションとしては、この大金持ちの女性と結婚するというのも、一つあった。
ただ僕は、なにかを「こうなったらどうだろうか」と空想することはあるのだが、普通はそれを考えるだけなんだ。
とにかくいろいろ考えるが、それに対して何か一所懸命に努力することはない。
僕が何か行動するときは、ぎりぎり逃げ切れなくなった場合だ。
旅をしているときは、旅のことを考えて、どんどん移動をする。
でも、一つの旅(例えば、北米一周グレイハウンド旅行)が終わると、次の旅が始まるまでのんびりしてしまう。
彼女は、バークレイにいたので、気になってはいたんだ。
でも、何か用事がない限り、積極的に連絡を取ることはなかった。
サンフランシスコは、通り過ぎたわけだから、ちょっと寄ってもよかったわけだが、旅をしているときは考えなかった。
だって、僕はグレイハウンドの乗り放題パス(アメリパス)を持っていて、毎日バスに乗らないと、損をするからね(笑)。
でも、近くに来ているのだから、彼女の家へ電話をかけて挨拶をした。
あと、昨日知り合った沖縄の女の子と、お昼を食べに、中華街へ歩いた。
日本だと中華街で中華料理を食べると、結構お金がかかる。
しかし、ロサンゼルスの中華街の中華料理屋というのは、日本の定食屋レベル。
ダイマルホテルに泊まっていた、日本人の男の子(学生?)にも声をかけて、4人で昼飯を食べた。
旅をしている人間は、とにかく自分の旅について話すことがたくさんある。
また、他人の旅の話を聞くのも面白い。
僕が、ニューヨークに1か月ほど滞在して、2か月ほどアメリカ中をバスで旅したとはいっても、まだまだ旅してないところも多い。
同じ町へ行ったとしても、泊まる場所も、見る場所も、発見も、出会う人も違うので、話すことはたくさんある。
しかも、旅の話は、深刻ではない。
旅の話ほど、楽しいものはないんだよね。
中華街の帰りには、メキシコお土産の並ぶ、オルベラ街を通って、店を冷やかした。
面白かったのが、沖縄の女の子は1988年の夏前にケニアのナイロビにいたということ。
動物専門学校のツアーで行ったらしいのだが、ちょうど僕もその時期にナイロビにいた。
ナイロビのリバーハウスで、「最近、日本人の若い女の子が多いですねー」と話題になったのを思い出した。
あれが彼女がいたツアーだった。

とすれば、ナイロビの街角ですれ違っていたかもしれない。
夏前には、ナイロビにいた旅人同士が、年末にはロサンゼルスで再会する。
世の中は、いろんなことがあるってことね。
という感想のように、深くは考えないのが旅人同士の話なんだ。
この女の子は、グレイハウンドのパスが余っているので、往復グレイハウンドでラスベガスへ行って、ギャンブルしてくると言い出した。
それはもちろん、ラスベガスから戻ってきたばかりの僕のアドバイスがあったからだろうね。
ホテルで荷物を預かるのを嫌がった(ホテルは客の荷物を預かるのが常識だが)ので、僕が部屋で預かることにした。
夜は、部屋で、本を読みながら寝てしまったようだ。
このホテルは、長居をするところではない。
部屋の居心地がよくないからね。
しばらくロサンゼルスにいて、中南米旅行に出る準備をしたいが。
それにはもっと身体も心も休められるところへ移動したほうがいいだろう。
昨日チェックインして、今日は、いろいろやることがあった。
でも明日は、いろいろ考えなければならない。
中南米旅行は、ちょっと大変だろうが、とにかく手始めにガイドブックくらいは入手しなければね。
できたら中南米旅行者と話をしてみたいものだが。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記