日本へ送金依頼の手紙を書き、バンクーバー往復の準備をして、ダイマルで出会った人を考える@一番街/リトル東京/ロサンジェルス

【左の建物がホテル大元(ダイマル)@一番街/リトル東京】
1988年12月12日、アメリカをニューヨークから、ロサンゼルスへ着いて、ダイマルホテルにチェックイン。
翌日、加州住友銀行に、銀行口座を開いた。
この口座には、100ドル預けた。
12月14日、朝一番でやったことは、この口座から90ドルを引き出すこと。
とにかく金がないのだから(涙)。
銀行口座は、日本からの送金を受けるためだ。
銀行口座は昨日作ったが、送金依頼の手紙は今日書くことにする。
口座を作っただけで、お金が入れば、いいんだけどねー(笑)。
日本を出て、ロンドンでケンブリッジ英検の特級(CPE)の試験を受けた。
しかし、その結果が出るまでの間ということで、パリからスペインへ旅をした。
しばらく、スペインのバルセロナでスペイン語学校へ通った。
そのあと、北アフリカを横断しヨーロッパを通って、イギリスへ戻る。
試験の合格を確認して、ギリシア、トルコ、エジプトからケニアへ飛んだ。
続いて、エジプトから、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコを旅して、ヨーロッパへ入る。
このあと、ヨーロッパはほとんど旅してしまった(一等ユーレイルパス21日の旅)。
またイギリスへ渡り(アイルランドへも行って)、続いて、ニューヨークへ飛んだ。
ニューヨークに1か月ほどいて、(ニューヨーク秋物語)、カナダを含めた北アメリカをグレイハウンドバスで回っている(北米一周2か月の旅)。
ここでお金が無くなってしまったわけだ(涙)。
僕の東京にある銀行口座には、まだ数百万円の預金がある。
ただそれを、ロサンゼルスの加州住友銀行の口座に送金してもらわなければならない。
さしあたり、1万ドル(この時代で130万円)を送ってもらうように手紙を書いた。
同じ内容のものを2つ書いて、普通郵便と速達の2種類送った。
アメリカの郵便は、遅れるとか、届かないとか、何年後に届いたとか、そういう話を聞いていたからね。
また、これから、サンフランシスコやバンクーバーへ行ったときに、近況報告と同時に「金送れ」と書いた絵葉書を出すわけだが。
もちろん電話を一本かけておけば、スッキリするだろうが、いろいろ説教をされるのが見えてるからね。
「いつ帰ってくるんだ」とか「ふらふらしているんじゃない」とかね。
ま、自分の悪口は、自分が一番言えるわけで、そんなことを言われたら、耐えられない。
だから電話はしないんだ。
さて、銀行口座を作って、送金依頼の手紙を出した。
とすると、もうロサンゼルスにいる意味がない。
グレイハウンドの乗り放題アメリパスは、まだ2週間程度、つまり12月中は使える。
となれば、このままアメリカ西海岸を北上して、カナダのバンクーバーまで往復しましょう。
今年(1988年)中に戻ってくれば、送金も完了しているだろう。
金を手にした時点で、これからどうするかを真剣に考えればいい。
今回のダイマル滞在で、12月12日から14日までの3日間、日本人にずいぶん出会った。
話をした人を思い返してみる。

1988年の12月だから、卒業旅行にはまだちょっと早い。
が、文科系で要領がよければ、単位はとっくに取って、大企業への就職も決まっている。
ダイマルホテルにも、日本人の若者はたくさん泊まっていた。
ただ、とにかく共用のスペースが狭すぎるので、出会うチャンスも、ゆっくり話す時間もない。
それに、旅行者だから、数日滞在してはどこかへ旅立っていく。
でも、中には、ロサンゼルスのダイマルホテルに住んでいる人もいるわけだ。
僕がダイマルホテルのキッチンを覗いたとき、日本人3人が一緒に料理をしていた。
話をしてみると、1人は日本からアメリカへボクシングをしに来ている。
彼は4回戦ボーイで近々試合もあるという。
この頃のロサンジェルスは、いろんな人が自分の夢を実現しようと試みる場所だったんだね。
これには僕もちょっと感心してしまった。
もう1人は「これから南米へ下る」という話だ。
それで彼から南米の情報を手に入れようとしたのだが、彼は特に何にも知らなかった。
ただ、僕は南米旅行へ出る人とはじめて出会ったことになる。
これ以前に、イスタンブールやナイロビで、「南米旅行をした旅行者」と会った事があるけどね。
問題は彼はロサンジェルスから直接コロンビアへ飛ぶ計画。
僕が考えている、中米を陸路で下ることについての情報はまったく持っていなかった。
もう一人は、ただの学生旅行者で日本からロサンゼルスへ来て以来、どこへも行かずに、ずっとこのホテルにいる。
ほかの2人と一緒に食事を作って食べるのが日課だとか。
旅行に来たのになぜこのホテルにずっといるのか不思議だった。
が、後になればこのタイプが意外に多いのがわかった。
ロサンゼルスで友人関係ができてしまって、その関係から飛び出す気力がないだけなのだ。
アメリカ大陸を横断したばかりの、その頃の僕の生き生きとした感覚にぴったり来なかったね。
でも僕も、「ホテル加宝物語」では、そんな人間になっちゃうんだけど(笑)。
あと、この日、ロサンゼルス観光局へ行ってみたようだ(旅行ノートに書いてある)。
ロサンゼルス観光局は、むかしから今までずっと、同じ場所。
7番街とフィゲロア通りのホテルの一角で、フィゲロア通りに面している。
そのホテルは、僕が最初に行った1988年は、「ヒルトンホテル」だった。
そのあと、ビルはそのままで名前が「オム二ホテル」と変化して、いま(2013年)は「ウィルシャーグランドホテル」となっているようだ。
これ、知ってると、ロサンゼルス滞在が長いとわかるよ。
まあとにかく、僕は明日(1988年12月15日)また旅立ちます。
まずは、サンフランシスコへ向かう。
もちろん、乗り放題のアメリパスを利用した、夜行バスの旅。
夜行バスなら、ホテル代が助かるからね。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記