加州住友銀行に銀行口座を作って、日本人の若者とバスで、ロングビーチへ往復する@一番街/リトル東京/ロサンジェルス

【左の建物がホテル大元(ダイマル)@一番街/リトル東京】
1988年12月13日、昨日ロサンゼルスに到着して、ニューヨークからロサンゼルスの、大陸横断を達成した。
とはいっても、別に感動はない。
だって、厳密に言えば、西海岸に到着したのは、サンディエゴということになるしね。
またこのときは、ロサンゼルスへ初めて来たわけなので、ロサンゼルスに対しても、別に感動も何もない。
ロサンゼルスに長くいるかどうかもはっきりしない。
まだまだ「ホテル加宝物語」は、始まってないからね。
僕がロサンゼルスへ来たのには、ちゃんとした目的があるわけだ。
それは、銀行口座を作って、日本からの送金を受け取ること。
僕はこれからもロサンゼルスで何度か銀行口座を作ることになるが、最初に作ったのが、加州住友銀行のリトル東京支店の口座だった。
リトル東京で一番目立つところにある、そのころ日本大使館も入っていた鹿島ビルの1階、加州住友銀行へと入っていった。
ニューヨークで東京銀行に口座を作りに行った時は、「そんなことはできません」と、鼻で笑われたものだ。
でも、それは東海岸の、ツンツンした人たちが多く住んでいるニューヨークのこと。
ロサンゼルスでは、住友銀行のスタッフが、親身になって相手をしてくれた。
「口座を作りたい」と言うと、正面入口から左側に並ぶカウンターに案内される。
相手をしてくれたのは中国系のおばさんだ。
「口座を作って日本から1万ドルほど送金したい」と説明する。
彼女は、少し考えていたが、「クレジットカードを持ってますか?」と聞いて来た。
もちろん僕は、クレジットカードは持っている。
パスポートとクレジットカードを見せると「OK、100ドル預けてください」と言って、その場で銀行口座を開いてくれた。
僕のアメリカでの住所は、サンフランシスコに住んでいる友達の住所にしたが、これは後で連絡すればいいだろう。
良かった!これでグレイハウンドで動いている間に送金があっても何の問題もない。
僕にとって、一番の問題は、日本からの送金を受け取ること。
はっきり言って、お金がなければ飢え死にしてしまうんだよ(涙)。
飢え死にする前に、やるだけのことはやっておこうという気持ちだ。
でも、銀行口座を作っただけでは、お金は入手できない。
送金を頼まなければならないわけだ。
しかし、下手に口頭で銀行の口座番号などを口で言って、間違えて伝わったら大変なことになる。
だから、手紙を書くことにした。
ただ、この日は、銀行の口座を無事に作っただけで、ガクッと疲れてしまった。
また、手紙を書くにしても、整理がつかないので、明日書くことにする。
「世界旅行主義」によると、「一日にひとつのことをすればいい」となっている。
つまり、今日は、リトル東京の銀行に口座を作っただけで十分。
手紙を書いて送るのは、明日にすることにした。
いま考えると、何でも一日伸ばしにする僕の癖は、こうしてこの旅行中に確立していたわけだ。
ダイマルホテルに戻ると、2階のスペースに若者が、2人いたので、声をかける。
この時期は本当に日本ではバブルの絶頂期で、どんな馬鹿学生でも一流企業に簡単に入社していた。
卒業前の学生は、何も考えずに、長期海外旅行に出ていたもの。
旅先で日本人の学生に会うと、「ここからどこへ行ったらいいんでしょう?」みたいな相談は、よく受けたものだ。
この時も、ロサンゼルスに来た若者は、暇をもてあましていたわけだね。
それで、僕が提案して、3人で、ロングビーチへ行くことにした。
ロングビーチへは、いまなら、メトロブルーラインに乗れば、すぐに行ける。
が、このときは、RTDバス(いまのMTAバス)に乗っていった。
RTDバスの456番で往復。
バス料金は片道ひとりが2.30ドル、往復で4.60ドル。
かなり時間もかかったが、なにしろ時間潰しで移動したわけなので、問題はない。
ところで、旅行の話は、誰としても面白い。
ただ、長時間話をして、旅の印象を互いに語り合うと、本人の性格とか知的レベルがバレバレになってしまうのが、怖いものだ。
例えば、どこどこの国へなぜ行かなかったのかとか、ある国の印象など。
だらだらとバスに乗って、ロングビーチへ往復するときに、そういった話をしていた。
ところが話しすぎて、彼らの旅行観や、世界観が納得がいかなかった。
僕の旅行ノートには、一緒にロングビーチへ行った旅行者の悪口が書いてある。
一人については、「よくいるタイプ。1か月アメリカ旅行。根性無し。アホ。」と書いてある。
もう一人は、日本を出て4か月で世界一周をしたという。
中国からトルコへ飛んで、ヨーロッパを回り、アメリカへ来た。

この時代、日本では世界一周は珍しかった。
でも旅先には、この程度の旅行者は結構いたんだ。
ノートには、彼を「二流旅行者」と決め付けてある。
たぶん、聞いたような話をダラダラしていたからじゃないかな。
ホント、互いの旅の経験を交換するのは楽しいのだが、頭が悪いと、その経験から何も得られない。
つまり、表面的な話しかできなくなる。
これではつまらないわけだ。
でもおわざわざ「アホ」とか「二流旅行者」とか、ノートに書く必要もないだろう。
いろいろ精神的にイライラしたのは、ロングビーチの往復で、疲れたのでしょう。
ノートには、ロングビーチでは、「QUEEN MARYの見えるPIERで夕陽」とあるだけだ。
とにかくこの時代、「ダイマルホテル」には日本人の若者がたくさんいて、話し相手に不自由しなかったんだから。
今日は、銀行口座を作っただけで百点満点です。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記