「COMFORT HOTEL AIRPORT NORTH」@トロント/カナダ
2004年エアカナダで、トリニダードトバゴ往復の安い切符が見つかった。
それでうっかりと予約を入れてしまったが、この往復切符は、往復ともトロントに泊まならけれならないという、落とし穴があった。
いつものように、僕はトロントでも、トリニダードトバゴでも、宿の予約はしないまま旅に出る。
成田を17時15分発で、トロント着は15時30分着のAC002便。
実際は、14時46分着で45分ほど早く到着した。
さて宿だが、明日の朝が早いことを考えると、空港近くのホテルに泊まった方がいい。
トロントのピアスン国際空港(Pearson International Airport:YYZ)の中の観光案内所「Travellers Aid」でホテルを紹介してもらう。
「値段が安いほうがいいんですけど…」と、できるだけ情けない声で、カウンターの中年女性にお願いする。
すると「コンフォートホテルではどうですか。79ドルです」との答え。
79ドルか。
カナダドルだから、1カナダドルは90円弱。
すると、7000円くらいだ。
1泊シングル7千円は、高いといえば高いよなー。
ただ泊まるだけなんだし。
しかし、トロントのダウンタウンへ行かないのだから、選択肢はない。
というのは、ダウンタウンへエアポートエクスプレスバスで往復すると片道15.5カナダドル(1400円)ほどかかるわけだよ。
そうすると、往復で3千円弱かかる。
同じ値段で済ませるためには、ダウンタウンでシングル4千円のホテルに泊まらなければならない。
もちろん、そんなメチャ安なホテルは存在しないからね(涙)。
トラベラーズエイドで教えられたとおり、(E)のサインへ進み、階段を下りて、(S−5)でシャトルバスを待つ。

次々と大型バスがやってきて、そのバスに行き先のホテルが書いてある。
また、バス停にもホテルの名前が書いてあるので、待つ場所は間違いないと安心する。
ただ、もっとわかりやすく表示した方がいいと思った。
日本人の目から見ると、このピアスン空港は非常に不親切だ。
トイレも少ないし、案内の表示も目立たない。
ぼくはこれは、フランス的な排外的なよそよそしさ、だと確信しているけどね(笑)。
このバス停にしても、建物の外にあるので、本格的な冬になったらどうするのだろうと心配になるよ。
僕はこのとき、いつものように、Tシャツとスゥエットシャツと、アーミージャケットだけで大丈夫だったけどさ。
ここで日本の女の子に会った。
互いにホテルへ行くバスを待っていることを確認して、次々にやってくるバスをチェックしながら話をする。
彼女はやはりエアカナダでキューバへ行くのだそうだ。
今夜のホテルは「メリディアン」で、それがネットで予約すると、6000円程度だったとか。
ずいぶん前からキューバ旅行の計画を立てていたようだ。
で、こういうとき、もっと話が盛り上がったら、僕は彼女のホテルへ一緒に行って、部屋に泊まっちゃっただろうね(笑)。
トラベラーズエイドでは、紹介料もデポジットも取られなかったから、行かなくったって問題はない。
あとでホテルでプリントアウトした領収証を見たら、「TRAVELLERS AID--79 2HR HOLD」とプリントしてあった。
この意味は、「トラベラーズエイドで予約をして、値段が79ドル、2時間部屋を確保する」ということ。
つまり、2時間を過ぎたら部屋は自動的にキャンセルされるわけなんだ。

だから、このまま彼女のホテルに行って、泊まっても全く問題ない。
お願いされれば、エッチだって断らなかったと思うよ。
旅先だから、あとくされもないしね。
だいたいホテルの部屋はツインベッドで、1人で泊まっても2人で泊まっても、料金はほとんど変わらないんだから。
これをやっちゃえば、世界旅行者としての名前がまたあがるんだけれどね。
今度は、ディープに話をする時間がなくて残念でした。

ただ、帰国は同じ便だったので、空港の待合室で再会して、いろいろ話をしたよ。
この女の子は僕の「間違いだらけの海外個人旅行」を読んでいて、ファンだったみたいだよ(笑)。
参照:「間違いだらけの海外個人旅行」


コンフォートホテルの領収書
北米には「コンフォートイン(Comfort Inn)」というホテルチェーンがあるので、それかと思って、やってきたバスに乗ったら、違っていた。
僕のホテルは「コンフォートホテル」だったんだ…(涙)。

やっとバスがやってきて、それには、トラベロッジとコンフォートホテルのステッカーがあった。
で、殺風景な場所をだらだらと走り、まずトラベロッジへ到着。
つづいてコンフォートホテルへ。
バスを降りるときに、観光案内所でもらったバスのクーポンみたいなのを運転手に渡した。

どちらのホテルも正直、何もないところに無理やりホテルを作ったという雰囲気で、周囲には道路以外は何もない。
ホテルの中ですべて済ませる以外にないわけだ。

チェックインの時に、翌朝6時のシャトルバスの予約した。
このときに渡されたクーポン券を、翌朝シャトルに乗って、シャトルの運転手に渡すことになる。

部屋は508号室。
ごく普通のホテルの部屋だが、大きなダブルベッドがひとつある。
かなり安っぽい感じがするけれども、部屋が大きいのはいいよね。
翌朝、チェックアウトする時に請求されたのが、なんと90.84カナダドル。
昨日の79ドルとは違うなと、チェックすると、税金がかかっているみたいだ。
GST(Goods and services tax)つまり消費税が5.68ドル。
あと、わけのわからない「DMF」が2.21ドル、「ROOM PST」が3.95ドルくっついて、総額が90.84ドルになっていた。
トロントではどのホテルでも、ホテル料金に15パーセントの税金やサービス料などがつくみたいだ。

このホテルの料金が高いのか安いのか、それがよくわからなかったんだけれども、そんなにひどい値段ではなかったみたいだ。
というのは、このホテルのサイト、

http://www.comforthotelairport.com

を見て、部屋代をチェックすると、税金を入れると100カナダドル以上するみたいだしね。
ということは、ホテルの選択に誤りはなかったってことかな。

ただ、いろんなホテル予約サイトで予約することもできる。
例えば「楽天トラベル」(旅の窓口)の海外ホテル予約サイト。
  
http://www.mytrip.net/ry_kaigai.html

これでトロントを選択すると、コンフォートホテルがすんなり出てくる。
それだと、一番安い部屋が68ドル。

ただし、米ドルなので、カナダドルと考えると、約1.2倍にするから、82カナダドルになるし、もちろんこれに税、サービス料がつく。
さらに、ホテルへのシャトル代がもし付くならば、やはり、現地で探した方が安かったってことだろうね。

もちろん、こんなホテルにこだわる必要はないので、別のホテルで60米ドル(72カナダドル)程度のものはある。
また、バックパッカーズやユースなどのドミも検索するサイトもある。

http://www.hostels.com/
http://www.bookhostels.com/

これだと、トロントのダウンタウンには、20カナダドル程度のドミがあるようだ。
ただ、海外ホテルを予約すると、クレジットカード番号を教えるので、キャンセルやノーショー(泊まらない)のときに、きっちりと料金が引き落とされる。

飛行機が遅れたり、トラブルが起きた時に、いろいろ面倒なので、現地で見つけるほうが、精神的には楽なんだよ。
例えば、飛行機の出発が何時間も遅れることはよくあるので、深夜に現地空港に到着したら、朝までそこで粘っちゃうこともできるしね。
実際飛行機が飛ばないとか、大幅に遅れるのはよくあることなんだよ。

【部屋】コンフォートホテルの部屋
【旅行哲学】空港でその日のホテルを捜すと、案外安かったりするよね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050301