『1988年には、タイムズスクエアには、エッチ映画館が2軒並んでて、行ったり来たりできました(1988/11/04)』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
1988年11月4日、今日は午前8時半に起きたが、ものすごく目覚めがいい。
昨日はそんなに酒も飲まず、夜も、午前零時にはベッドに入って、午前8時までぐっすり寝たからね。
今日はいつもと違って、頭が冴えていると感じる。
一階のカフェテリアに降りて、昨日考えた、ニューヨーク旅行計画を再度チェックする。
昨日リストアップしたニューヨーク観光計画で、拾い上げた場所は次のとおりだった。
チャイナタウン(Chinatown)、リトルイタリー(Little Italy)。
サウスストリートシーポート(South Street Seaport)
ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)
ホイットニー・アメリカ美術館(Whitney Museum of American Art)
クロイスターズ美術館(Cloisters Museum)
でもまあ、美術館は、ガイドブックや観光パンフレットから無理にピックアップしただけで、特に見たいとも思わない。
10月22日に、ニューヨークに入ったから、この日で、14日、つまり2週間いることになる。
しかも、仕事ではなく、完全な自由時間だらけの、ただの観光旅行だ。
さらに、泊まっているのが、ニューヨークの34丁目という、ど真ん中。
そのあいだ、ほとんど毎日、朝から晩まで、バスや地下鉄や、歩きで、ニューヨーク中を動き続けている。
これだけの経験があれば、ニューヨークについては、権威を持って、語れるのでは?
美術館や博物館でも、めぼしい所はほとんど行ってるしね。
11月6日の、ニューヨークシティマラソンまでいると決めたので、その間の暇つぶし方法を考えているだけだ。
暇なときは、手紙を書きたくなるもので、日本にいる知人に、便箋4枚の手紙を書いた。
海外にいるときは、手紙にしても、絵葉書にしても、たとえ内容がないとしても、書くことがあるしね。
まあ、もらった人は、絵葉書ならば気楽だろうが、手紙だと面倒くさいと感じるかも…(涙)。
でもそれは、旅人の特権なので、許してほしいね。
それを中央郵便局に持っていって、日本へ送る。
デパートの「メーシーズ(Macy's)」へ行って、うろうろしていたら、ちょっと気が引かれる革ジャンがあった。
この値段が450ドル。
レートが130円くらいとして、約6万円。
ちょっと高いね。
でも、この時代は、日本ではバブルの絶頂期で、何でもめちゃ高かった。
日本製のカメラでも、海外で買ったほうがずーっと安いというのが、常識だった。
この時代は、革ジャンだと、日本では、10万円を超すのが普通。
6万円の革ジャンでも、日本よりは安い。
が、先日歩いたソーホー(SOHO)では、250ドル程度のものが売ってあったし。
もっと考えることにして、そのまま「タイムズスクエア(TIMES SQUARE)」に歩いた。
いまのタイムズスクエアは再開発されて、かなり清潔な場所になった。
でも、1988年のタイムズスクエアは、かなりごちゃごちゃしてて、新宿歌舞伎町のようなところだったよ。
タイムズスクエアには、ポルノ映画館が2軒並んで建っていたからね。
入場料は3.99ドル(約500円)。
中に入ると、もちろん、映画館のスクリーンには、エッチ映画が映されている。
僕は旅行者として、話のネタで入場したから、別に映画を全部見ようとは思わない。
「こんなものか、なるほどね」と納得した時点で、外へ出ようとドアをくぐったら、びっくり!
なんとドアの向こうには、別の映画館があって、別のエッチ映画を映写していたんだ(驚)!
一回の入場料で、2つの映画館を行ったり来たり、自由にできるという、すばらしいシステムだった♪
この文章を読んで、ニューヨークのエッチ映画館へ行こうと決意した君、あわててはダメ。
僕が2000年にニューヨークへ行ったとき、もちろん映画館を捜したが、すっかり清潔な場所に変化していた(涙)。
僕がこれから行くことになるロサンゼルスでも、この1988年ごろは、ハリウッドは寂れてたね。
エッチ本を売る店もあったし、クオーター(25セントコイン)を入れると、エッチシーンが見れるマシンが並んだ店もあった。
それも、かなりうらぶれてたしね。
ハリウッドも、再開発されて、新しい劇場ができて、ある程度はきれいになった。
でも、この時代は、ニューヨークの五番街、ロサンゼルスのハリウッドは、とにかくうさんくさい所だったんだよ。
そうそう、タイムズスクエアの路上には、韓国人の似顔絵描きさんたちが、ずらりと並んでた。
その流れで怪しいところを探検してみると、ここにも、エッチビデオ屋、エッチ本屋が見つかった。
さらには、ノートを見ると「実演」とメモってあるよ。
でも、いくら1988年の話だといっても、実演を見たならば、記憶しているはず。
多分、実演の店の前を通ったってことなんだろうね。
ノートには、「エッチ小説(with photos)$5.41」とある。
ということは、この本は買ったのかもしれないね(笑)。
というわけで、この日は、タイムズスクエア付近を探検して終わったということでしょうね。
2日後(11月6日)のニューヨークシティマラソン、を見たら、ニューヨークを出るつもり。
でも、精神的に、疲れている。
結局、ニューヨークを出て、北米一周グレイハウンド旅行に、出るのがイヤなんだよね(笑)。
グレイハウンド乗り放題のパス(アメリパス)は、ロンドンで買った、有効期間1か月のパスを持っている。
有効期間を延ばせるらしいから、ロサンゼルスへは行けるだろうが…。
まあ、ニューヨークシティマラソンが終わってから、考えましょう。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx