グレイハウンドバスディポ近くの安宿@ラスベガス/ネバダ

若者がアメリカ中をグレイハウンドバスで移動しまくっていた時代。
日本の景気がどんどんよくなっていた1980年代後半。
つまり、バブルがどんどん膨らんでいた時期ね。
若者は(僕のような中年男も)ほとんどバスで寝て長距離移動するのが普通だった。
そのころ、ラスベガスでは一流ホテルに安く泊まれて、またビュフェスタイルの食事で安く腹一杯になれるという、「ラスベガスの伝説」があったよ。
ガイドブックもわけもわからずに、「僕は一流ホテルに信じられないような安い値段で泊まりました」というレポートを載せていた。
で、張り切って行ってみると、案外と安くなかったりね(涙)。
その理由というのが、ラスベガスのメインストリート「ストリップ」に並ぶ大型ホテルは、「常に宿泊料金を変化させている」からなんだよ。

安いときは一部屋20ドルなんてときもある。
しかし高くなると、同じ部屋が数百ドルまで高騰する。

これは、ロサンジェルスにしばらく滞在して、ロサンジェルスタイムズの日曜版をチェックしているとよくわかるんだけどね。
新聞の広告で、有名ホテルが18ドル!なんて、宣伝している。

僕がJTBの「自遊自在」というガイドブックに書いたエピソード。
僕は同じくネバダ州の「リノ」というギャンブルの町で、サーカスサーカスのキングサイズベッドが2つ入った部屋に、1泊18ドルで泊まった。

今では特にラスベガスは、ギャンブルだけではなく、家族中で楽しめるエンタテインメントの町へと変化した。
それに連れて、業界団体のコンベンションが数多く開かれるようになった。
すると、その時期はもちろん、大型ホテルは満室になる。
これは、普通の旅行者にとっては問題だよね。
でも、安ホテルならば大丈夫だ。
グレイハウンドのバスディポの前に昔から有名なネバダがある。
これは昔グレイハウンドバスに長ーく乗って、右も左もわからない旅行者が飛び込んだホテルだ。
管理がいい加減だったので、ラスベガスで知り合って、同じ部屋に5人も6人も泊まったという話もたくさんあるよ。

2001年のラスベガス旅行では、僕はルクソールに泊まっていた。
そのとき、ロサンジェルスへ戻るバスの時間をチェックするついでに、バスディポ前のホテルをチェックしてみた。

ネバダはかなりくたびれていた。
その向かって右側に、バジェットイン、リトルホテル、なんかの安ホテルが見つかったよ。
リトルインの宿泊料金は26ドルくらい。
バジェットインは30ドルから40ドル程度だった。

ラスベガスのホテルは、時期によっては、有名ホテルでもこの値段で泊まれたりすることがあるけどね。
ちなみに僕がルクソールを予約したのは、米国のヤフーからでしたよ♪
http://travel.yahoo.com/
結局、ラスベガスからロサンジェルスへバスで戻るのは(来た時はバスだったし)疲れると思い直した。
そして、アメリカウエスト航空でひとっ飛びで戻りました。

【写真】フレモントエクスペリアンスの世界旅行者
【旅行哲学】海外旅行の喜びは、いいホテルに思いがけなく安く泊まれた時だよね。