『午前中は洗濯をして、午後には、ウィンターガーデン劇場で、キャッツ(CATS)を見る(1988/10/26)』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
10月23日に、「ウィンターガーデン劇場(WINTER GARDEN THEATRE)」へ歩いて、「CATS」の切符を購入した
そうして、今日は、10月26日だ。
だから当然、「キャッツ」の上演当日の今日は、劇場の上演時間に合わせて、行動することになる。
キャッツの上演は、午後2時、席は「R127」だ。
前の2日間、二十歳代の日本人美女と、ニューヨークを観光して歩いていた。
10月24日には、その美女と一緒に、「自由の女神」と、「エンパイアステートビル」を見た。
昨日の25日には、2人で、「メトロポリタン美術館」へ行って、「スタッテンアイランドフェリー」に乗った。
2日、日本人美女とニューヨークを、いろんなことを話しながら、歩き回った。
それはそれでとても楽しかったのだが、僕としては、2日が限界だね。
このあと、北米をグレイハウンドで一周したあと、ロサンゼルスの「ホテル加宝」に、しばらく滞在することになった。
ロサンジェルスにいたときに、ユニバーサルスタジオで日本女性と出会ったことがある。
それで終わればよかったのだが、翌日は、電話がかかってきて、ロサンゼルスダウンタウンを案内させられた。
さらにその翌日には、UCLAからサンタモニカ、ベニスビーチまで付き合わされてしまった(涙)。
結局、日本女性の相手をさせられて、3日も引きずり回されて、軽く自己嫌悪気味になっただけだよ。
ニューヨークで出会った女性は、かなりの美人で、話も面白く、知的だった。
でも、やはり、2日が限度で、3日は付き合えない。
だって、僕には、ニューヨークで女性の案内をする以外に、いろいろとやることがあるんだから。
正直、2日一緒だった日本人美女と会えなくなっても、なぜか、自由を取り戻した奴隷みたいな気持ちだ(笑)。
旅先の出会いは、その場だけのものだから、キモチイイわけだ。
人間関係がわかってない人だと、「旅先で出会った人と一生の友達になろう」なんて妄想を描くが、それは有り得ません。
旅先というのは、社会の現実ではないんだよ。
幼馴染や学校の友人なんかとは、まったく違う人間関係。
だから気軽に友達になれるが、どんなに盛り上がっても、その時だけのこと。
旅先で知り合った人と、一生付き合おうなんて考えたら、失望が大きいから、それは止めたほうがいいでしょう。
この日は、まず、YMCAの地下にあった洗濯室へ行って、持ち物を全部、洗濯した。
洗濯が25セントコイン4枚、その洗濯物を乾燥すると、25セントコイン3枚、合計1ドル75セント。。
これで一回の洗濯が終わる。
一回目の洗濯の時には当然、裸ではなかった。
次は、一度目の洗濯の服を着て、二回目の洗濯をする。
これで、衣服を全部洗ったことになる。
洗濯をしているとき、日本人旅行者(男性)に出会った。
彼は、ロサンゼルスから出発して、グレイハウンドバスで北米一周の途中。
30日のアメリパスを使い始めて、10日目で、ニューヨークに到着したとのこと。
ニューヨークでは、ミュージカルの「FORTY-SECOND STREET」と「コーラスライン」を見たんだって。
この時代は、旅行者といえば、博物館、美術館を見て、劇場に通うのが常識だった。
旅行者の知的レベルも、ある程度以上だったということだろうね。
僕はそのあと、最近毎日通っているステーキ屋へ行って、ステーキとワインで、すこしぼんやりする。
これは、ミュージカルを見るための準備だね。
ロンドンで「スターライトエクスプレス」や、クリスティの「マウストラップ」を見たが、ニューヨークの劇場の雰囲気もわからないしね。
少し緊張をほぐすためだ。
さて、僕がウィンターガーデンシアターで見たキャッツは、客席と舞台の高さに、それほど差がなかった。
キャッツ出演者の猫たち(役者さんたち)が、客席の通路へ出てきて、踊ったりした。
ストーリーとしてはたわいないものだったが、だいたいのことはわかっていたし、歌も知っていた。
だから、「なるほどねー」という感じで鑑賞したよ。
それよりも僕は、「ステージで普通の猫をやっている女の子の収入は、どれくらいなんだろう?」と考えていた。
ニューヨークのブロードウェイには、ダンサー志望の女の子たちがたくさんいるだろうしね。
僕がいまこれを書いている2011年12月の時点で、「AKBの、それほど名前の売れてないメンバーの収入と将来」を心配しているのと一緒だ。
幕間の休息時間には、ウィスキーを4ドル50セントで一杯飲んだ。
また、幕間の時間には、客が舞台に自由にあがることができたよ。
これは、舞台が客席とほとんど同じ高さだったためなんだけどね。
キャッツの舞台を見たら、今日やることはこれで十分。
上演が午後2時に始まったので、午後5時前には、ニューヨークの街に出る。
百貨店の「メーシーズ(Macy's)」に行って、スニーカーをチェックしたりした。
タイムズスクエアの靴屋で、ちょっと格好いい靴を見つける。
それに軽く惹かれているが、80ドルする。
まだ、焦って買うほどの必要性はないのだが。
僕がいま履いているのが、ヨルダンの首都アンマンで買った「ナイキエア」なんだけれどさ。
韓国製で、普通に歩いていると、自動的に靴紐がほどけてしまうという、不思議でもあるし、迷惑なものなんだよね。
43丁目と7番街の交差点付近で「DOSANKO(どさんこ/道産子)」という、日本レストランを発見。
ここで、軽い夕食をとった。
一昨日、昨日と、女の子と一緒で、結構夜遅くまで付き合っていた。
今日は、キャッツが終わったら、全部自分の自由な時間だよ。
このころのニューヨークには、韓国人経営の「デリ(DELI)」というテイクアウトの店、がそこかしこにあった。
そこで夜の食事と缶ビールを買う。
YMCAの自分の部屋に戻ると、そこは、いかにもアメリカらしく、ものすごく暖房が効いている♪
パンツ一つになって、ベッドに入って、アメリカのテレビ番組を見る。
午後7時から7時半まで、「ジェパディー(JEOPADY)」という、クイズグランプリみたいなクイズ。
午後7時半から午後8時まで、「ファミリーフュード(FAMILY FEUD)」という、「クイズ百人に聞きました」的な番組。
今日は、朝から服を全部洗濯して、午後にはキャッツを見た。
夕方には、新しく見つけた、ちょっと安めの日本レストランで、食事を取った。
夜食のつまみと、ビールを買って、暖かい部屋に戻る。
暖かい部屋で、清潔なベッドにもぐりこんで、横になったまま、テレビのクイズ番組を見る。
世の中に、これ以上の幸せがあるだろうか?
正直、女の子と一緒に部屋にいるよりは、ずーーーーっと楽しくないかな(笑)♪
今日になってはじめて、僕のニューヨーク生活が、本格的に始まった気がする。
さて、明日は何をしようか。
もちろん、明日のことは、明日決めればいい。
その日一日が無事に過ぎたことに、感謝する。
旅人はただ、その日一日を生きる。
それ以外にできることはない。
□ キャッツ ウィンターガーデン劇場 メーシーズ百貨店 ジェパディ ファミリーフュード
ニューヨーク物語
europe world 北アメリカ 世界百か国リスト
北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」
INDEX
xxx