「1988年12月31日、ホテル加宝にチェックインする」@ロサンジェルスダウンタウン/加州/米国

【四番街からLAダウンタウンを見る/左にあるホテルがホテル加宝です】
1988年12月28日、グレイハウンドでのアメリカ一周を終えて、ロサンゼルスへ戻る
ハリウッドへ行って、そのあと銀行(加州住友銀行)の僕の口座へ、入金があったのを確認。
12月29日、ダイマルホテルで知り合った沖縄の女の子と、中華街で食事
12月30日は、アメリカ留学中の日本人学生と、留学生の実態を聞き、南米のガイドブック「Lonely Planet South America on a Shoestring」を捜しに行ったが、見つからず。
12月31日になって、ホテルダイマルを出ようと決心した。
仲良くなった沖縄の女性もいなくなったし、とにかく部屋が狭くて、暗すぎる。
また、宿泊客同士が親しくなったり、話をしたりするスペースがない。
これでは、ダイマルにいる意味がないしね。
移動先としては、ソルトレークシティに移動する前に泊まったことのある「HOTEL CECIL」が考えられる。
一泊しただけだが、テレビも付いていたし、シャワーもトイレも完備だった。
あと気になっているのが、「ホテル加宝」(460 East 4th Street)だ。
日本語のガイドブック「地球の歩き方」にも書いてあるが、この「ホテル加宝」の存在する4番街というのが、危険地帯にあるらしいのが問題。
でも、怪しいホテルというのは、興味あるね。
どんな人が泊まっているのか、どんな雰囲気のホテルなのか?
行くだけいってみよう!
というわけで、僕は、リトル東京の一番街に立つダイマルを出る。
ダイマルから一番街を西へ進み、サンペドロストリートに出たら、それを南下して、4番街に出る。
4番街とサンペドロの角には、小さな雑貨屋があった。
そこから東の方向を見ると、倉庫らしい建物と、3階建ての建物が見えた。
「ホテル加宝」の住所は、460EASTだから、その番号の建物へと歩く。
すると、3階建ての小ぎれいなビルが、460番地だ。
中を覗くと、人影が見えない。
表のドアのところにあるブザーを推すと、ブーと音がして、ガチャンと開いた。
中に入ると、中国人のおばちゃんが、日本語で応対してくれた。
日本語で、「部屋見るか?」と言われるので、おばちゃんの後について、部屋を見てまわった。
部屋を見る前から、僕はこのホテルに泊まると決めた。
というのが、ダイマルホテルとは比べるまでもなく、「ホテル加宝」は、完全にまともなホテルだったからだ。
まずとにかく、建物がどっしりしている。
廊下も広くて、明るい。
ベッドが一つしかない部屋は、ふかふかのダブルベッドが入っている。
部屋にはテレビもある。
映らないテレビ、映りの悪いテレビもあるが、部屋を選ぶときに、それはチェックすればいいだけだ。
3つほど部屋を見せてもらって、テレビ映りのいい、203号室に決めた。
あとで考えてみると、203号室は、表の4番街に面しているので、時々トラックが通って騒音がするのが欠点だったかな。
しかしそれも気になるほどではない。
各階にトイレとシャワーが、男性用2つ、女性用2つある。
部屋には洗面台もあるので、僕としたらこれで十分。
しかもこれで、シングルルームが20ドルだからね♪
とっととダイマルへ戻って、チェックアウトして、バックパックを持って、「ホテル加宝」へチェックインしました。
この瞬間から、僕の「ホテル加宝物語」が始まりました。
1988年12月31日、「ホテル加宝」物語。
「ホテル加宝物語(1989/01/01-1989」
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記