「ホテル加宝」@ロサンジェルスダウンタウン/加州/米国

【四番街からLAダウンタウンを見る/左にあるホテルがホテル加宝です】
つい最近、ロサンジェルスの伝説の宿「ホテル加宝」で一緒だった男の子から連絡をもらった。
「おごりますから、会いたいです」というのだが、いい年の男の子と会って、なにか面白い話があるだろうか…。
僕は自分のサイト「世界旅行者の部屋」でも書いているとおり、いまでは、他人からおごってもらわないと、わざわざ人と会う気がない。
しかし、ちょっとおごってもらっても、特に目的がなくて、話が面白くならないならば、その時間は苦痛だよね。
で、結局そのメールは無視することにした(なぜ会いたいのか、理由もはっきりしなかったしさ)。
というのは、加宝のいろんな話は、加宝と結びついてこそ、面白いわけなのだから。
いまでは、ロサンジェルスも本当に物価が高くなってしまって、物を買うためや、安く生活をするために米国へ行くという時代はもう終わってしまった。
加宝にも、もう、昔のように、とんでもない旅人がふいと飛び込んできたまま、何ヶ月も滞在するようなこともなくなってしまった。
つまり加宝の時代は完全に終わったんだよ。
しかし、そうなってはじめて、僕の「ホテル加宝物語」が、本格的に書き始められるわけなのだ。
日本の海外旅行シーンには、バンコクやイスタンブールやカルカッタやポカラ(ネパール)の宿での人間関係を描いた本がいくつかある。
でも、そんなありきたりの話はみんな飽きている(はずだ)。
ここで「ホテル加宝物語」の出番があると思うのだが、どうかな?
どこかの出版社が興味を持ってくれるなら、伝説のベストセラーが一冊出せると思うんだがなー。
「ホテル加宝物語」の導入部分は、すでに書いてあるけどさ、この話はものすごく長くなって、ある時期のロサンジェルスの青春群像、日本人がまだ夢を持てた時代の、とてもいい話になると思うよ。
そのディープなお話は 《ホテル加宝物語》でね♪
【写真】ピンクに塗りなおした後の「ホテル加宝」のお写真
【旅行哲学】ある時代を振り返るためには、事件が伝説になるだけの時間の経過が必要だね。