カリフォルニアアドベンチャー 【普通の女の子といっしょに、MTAバス460番で行きました、1時間43分、3ドル35セント/2001年】@カリフォルニアアドベンチャー/LA

【460番バスでディズニーランドのバス停に着く】
アナハイムのディズニーランドの向かい側に、もうひとつのテーマパーク「カリフォルニアアドベンチャー(California Adventure)」ができたのは、2001年のことだった。
世界旅行者は、ロサンジェルスのそれ以外の主なテーマパーク、つまり、ディズニーランド、ユニバーサルスタジオ、ナッツベリーファーム、マジックマウンテン)には行ったことがある。

とすれば、2001年にたまたまロサンジェルスにいた、ロサンジェルス通の世界旅行者としては、カリフォルニアアドベンチャーに行かなければならないだろうね。
これが僕の義務であり責任だね。

また逆に、僕がロサンジェルスに行ったら、カリフォルニアアドベンチャーという挑戦が待っていたとも言えるだろう。

カリフォルニアアドベンチャーには、1人で行ってもいい。
僕は何しろ、フロリダのディズニーワールドにも1人で行ったことがあるんだから。

ただ、思い起こすと、ちょっち寂しかったなー。
だから、アナハイムのディズニーランドも、ホテル加宝に誰か面白そうな旅行者が集まったとき、集団でワイワイと、行ったものだ。

でもロサンジェルスに旅行者が集まっていたのは、1990年前後まで。
2001年になると、ロサンジェルスにはまともな旅行者も不法滞在者もいない。

リトル東京もホテル加宝もどんどん寂れていって、まともな旅行者は見つからない。
心積もりとしては、「仕方ない、1人で行くか!」って感じだった。

このとき僕がLAにいた理由というのが、「間違いだらけの海外個人旅行」「これが正しい海外個人旅行」に続く、第3弾の本の原稿を書くためだった。
これは、「大人の海外個人旅行」となったわけだが。
その第3弾とは別に、僕の最終的な目的は「ホテル加宝物語」を大ベストセラーにすること。
そのためにはホテル加宝やリトル東京の取材が必要だった。

ところが、本を書くために、また本の取材のためにLAへ行っても、本は書けないよ。
だって、LAというところは、人を怠惰にしてしまうところだから。
まあ、それは十分にわかってたんだけどね。
さらに、持って行ったノートパソコンの調子が悪い。
これでは、どうしようもない。
本は書けない。

ネタになるような興味深い旅行者にも会わず、本も書けずではどうしようもないよ。
とっとと東京へ戻ってしまおうと思い始めたころ、ホテル加宝へ女の子がやってきた。

マネージャーの大山さんから僕の部屋に電話がかかってきて、ロビーへ降りていって話を聞く。
思い起こせば、今までもホテル加宝には、たくさんの変わった女性がやってきていた。

「変わった」という意味は、一般の日本人から見れば変だということ。
でも、それは自分の考えを持っていて個性的だとも定義できる。

正直ホテル加宝に来た女性に対しては、「とんでもないやつだな」と思ったことはあるが、つまらない女だと思ったことはそんなにない。
もちろん、九州の銀行を辞めて、米国の大学院に留学していた、変に要領のいい女なんかは、つまらないと思ったけどね。
でもそういう女は、ホテル加宝には合わないから、長くはいなかった。
大山さんが紹介してくれたこの女の子は25歳くらいだったかな。
話をすると、大阪からノースウェストの西海岸三都市周遊切符(8万1千円)に、ハワイに寄る(1万5千円)オプションをつけた切符でやってきたとか。
この話だけで、ホテル加宝には似合わない。

だいたい加宝にくるような人間は、男性も女性も、そういうきっちりとした計画なんか立てないものだ。
たとえば僕が覚えているのでは、そうそう、サンディエゴに語学留学していた20歳の女の子。

彼女はサンディエゴからニューヨークを回って日本に帰ろうと思っていたが、遠すぎてやめた。
だって、彼女は西海岸のサンディエゴから東海岸のニューヨークまでバスで4時間くらいで行けると思っていたのだから。
そんな馬鹿な話はないと、読者も思うだろう。
僕もこの話を聞いて、面白い冗談を言う女の子だなーと考えた。
が、しばらく加宝で付き合っていると、彼女が本気だとわかったよ。
まあ、加宝に来るような女の子は、このレベルだったんだよね(笑)。

だから、航空券をうまく組み合わせて、効率的に旅行をするような女の子は、加宝には似合わないんだ。
ただ、僕もロサンジェルスを教えるのは嫌いではないし、またとにかく暇だった。

僕も文学的に行き詰まり、コンピューターの調子も悪く、かといってすぐに東京へ戻っても、つまらない。
というわけで、ミキちゃん(もちろん芸名です)に付き合って、MTAバスでベニスビーチへ連れて行ったりした。

でも、MTAバスに2人で乗ると、ずーっと世間話をしなければならない。
話をすれば、性格が合うかどうか、それはわかるよね。

で、ミキちゃんは、僕が苦手なタイプだった。
なにか、うまく要領よく、世の中を渡ろうとする人間だったんだ。

だから、話すことも建前だけ。
人間そのものが、全く興味を引かないんだよね。

早い話、現代社会によくいる、大して賢くもないのに、マニュアル通りに人付き合いをすればうまくやって行けると信じている、つまらない人間なんだよ。

でもカリフォルニアアドベンチャーに一緒に行くには使えるかもしれない。
テーマパークには、大勢で行ったほうが楽しいのは間違いないからね。

そこで、そのころ加宝にいた若者Nくんに声をかけて、一緒に行くことにした。
2001年6月18日、この日は「LA Lakers」がNBAで優勝したパレードだった。
Nくん、ミキちゃん、僕、ほかのホテル加宝の宿泊者も一緒にわいわいとパレード見物に行ったよ。
このときに、ミキちゃんがNくんを気に入ったみたいなんだ。
僕たちはミキちゃんとNくんと僕の3人でカリフォルニアアドベンチャーに行く計画を立てていた。
だから、計画通りに朝7時にホテル加宝を出て、6thとサンペドロの角で、MTAバスの460番に乗る

だらだらと乗り続けて、1時間43分後にディズニーランドリゾートへ到着
このとき(2001年夏)のバス料金が、高速料金を入れて、全部で3.35ドルだった。

カリフォルニアアドベンチャーはディズニーランドの向かいにあったが、いかにも安っぽかった。
料金はどちらも一緒で、割引無しで1日券が43ドル(片方しか入れない)。

僕は何も知らなかったが、最近はテーマパークにはFAST PASSというシステムがある。
で、これをつかえばあまり並ばないで、人気のアトラクションへ入れる。
こういう細かいテクニックは、ミキちゃんがよく知っていた。

GRIZZLY RIVER RUN, JIM HENSON'S MUPPET VISION(3D), IT'S TOUGH TO BE A BUG(3D)などを見たが、あまり感心しない。
ただ、次に見たSOARIN' OVER CALIFORNIAは、感動的だったね。

カリフォルニアアドベンチャーは、こういうアトラクションが大して面白くない。
それをごまかすためか、ライドが結構多い。

僕はもう歳なので、ジェットコースターなんかに積極的に乗る気持ちはない。
でもだらだらと、CALIFORNIA SCREAMING というライドに乗ろうと、列に並んでいたら、それが壊れてしまった。

僕は正直ホッとしたね。
これは、神様が「世界旅行者よ、カリフォルニアアドベンチャーはこれで十分だよ」とおっしゃってるわけだ。

ミキちゃんはNくんと一緒にいたそうだったし、僕はライドに乗り続ける体力もないので、気を利かせて2人と別れた。
気になっていた「GOLDEN DREAMS」へ1人で入場する。
客は少なくてガラガラ。
これは、カリフォルニアに希望を持ってやってきた世界中の人の物語を映像で語るもの。
映画の中の司会は、Whoopi Goldergだった。
その中の日本人のコーナーは、いわゆる「写真花嫁」の話。
日本人の若い女性が若い男性の写真を抱いてカリフォルニアに到着すると、待っていたのは歳をとった日本人男性で、それでも日本女性は彼についていくというタイプの話。
もちろん嘘ではないわけだが、僕はその描き方に、ちょっと人種的偏見があると思った。

再入場のためのスタンプを、手の甲に押してもらって、外に出る。
DOWNTOWN DISNEYの店をチェックしてみたが、特に興味を引くようなもの(ミッキーマウス柄のネクタイ)はなかった。

MTAのバスストップの向かい側に、かなり大きなモーテルやダイナー、コンビニがあるのを発見。
見に行ったが、場所的にもいいので、ディズニーのホテルに泊まるよりは、このモーテルに泊まったらかなり安く滞在できるだろうと思った。

そうこうしてひたすら歩き回っていると、さすがにちょっと、歩きつかれたのを感じる。
僕の目的は、カリフォルニアアドベンチャーに入場すること、これだけだったので、もう十分だ。

またバスに乗って、2時間くらいかかってダウンタウンに戻りました。

【写真】カリフォルニアアドベンチャー
【旅行哲学】カリフォルニアアドベンチャーは、わざわざ行くところではない。
【注意】この旅行記にある、ディズニーランドの入場料、アトラクション、バスの時刻などは、2001年現在です。