オーランドでグレイハウンドバスに乗って、ジャクソンビルでバスを乗り換え、ニューオーリンズに着いて、バーボンストリートを歩く。@ニューオーリンズ/ルイジアナ州

テネシー・ウィリアムズ原作の「欲望と言う名の電車」
1988年12月2日。
マイアミのディズニーワールドへ、オーランドからグレイハウンドバスで往復した。
ディズニワールドといっても、中年男の一人旅だから、「エプコットセンター」へ行っただけ
オーランドのバスディポ到着が午後8時。
ディズニーワールドのグレイハウンドバス乗り場では、ほかに人もいなくて、バスが来るかどうか心配したよ。
1988年だって、ディズニーワールドへ、オーランドのバスディポからグレイハウンドで往復する人なんて、ほとんどいなかったしね。
でも、この時代のグレイハウンドは、提携会社との連携もよく、カナダではアメリパスを使って、カナダのバス会社に乗れた。
マイアミから、キーウェスト往復の路線もあり、オーランドからディズニーワールドへも往復できた。
アメリカ大陸を隅々まで見るにはとても便利な切符だったんだ。
アメリパスが廃止されて、使い勝手が悪くなり、今ではバスでの自由な旅ができるような状況がなくなってしまった。
僕がこの「北アメリカ一周グレイハウンド二か月の旅」を書いているのは、グレイハウンドと自由な旅への鎮魂歌なのでしょう。
同じような旅をした人はたくさんいたはずだが、北米一周の記録を残しておいて、それを文章にしたのは、僕だけだと思うしね。
この文章を書くのは、僕の責任なんだと思うよ。
最初は、ポイントポイントの旅行を書いていて、いつの間にかつながってしまったんだから。

さて、僕はオーランドから、夜行バスに乗って、ジャクソンビルで乗り換えて、一気にニューオーリンズへと行くつもり。
オーランドのバスディポに、マイアミ発ニューヨーク行きのバスが2台到着した。
これは、午後8時15分発のバスで、乗客が多いので、マイアミで増発して2台が走っているようだ。
しかし、2台とも満員だった。

マイアミからニューヨークの夜行便に、途中のオーランドから乗るのは難しいみたいだ。
このころグレイハウンドは「予約なしに乗れる。乗客がいればバスが出る」というのがウリだったんだけどね。

バスディポで待つ十数人が文句をつけると、45分遅れで(午後9時)やっと一台が出発することになった。
運転手はかなり年寄りで、寝ていたところをたたき起こされてイヤイヤやってきた、という雰囲気。

グレイハウンドの大型バスに10人ちょっとが乗り込むので、座るのは楽だ。
運転手は、「これからジャクソンビルへ行きま〜す」と、頼りなく宣言する。

僕は「時間通りに着かないと、ニューオーリンズへのバスに乗れない!」と叫ぶ。
運転手は「大丈夫だ」と、頼りなく宣言する。
しかしまあ、この運転手は、すごかった。
プロだったよ。

途中の町で降りる客がいるかどうか尋ねながら、次々とスキップして、猛烈なスピードで飛ばす。
結局、予定時間通りにジャクソンビルに着いた。

この時は、乗客から一斉に拍手が起きた。
ジャクソンビルには、とにかく時間通りに到着することが、大切なんだ。

というのは、ジャクソンビル自体は誰かが目的とする場所ではなくて、グレイハウンドの中継地、乗り換え地点でしかないんだからね。
僕が乗るニューオーリンズ行きのバスは、ジャクソンビル出発深夜12時1分発の予定が、午前1時になった。。

バスの中はガラガラで、横の席を使って横になることができる。
タラハシー、ペンサコーラの町を過ぎる。

グレイハウンドの座席を2つ使って寝るのは、身体を縮めなければならないので、案外と寝心地が悪い。
僕の経験だと、窓側の席で身体を壁につけて寝たほうがいいかもしれないけどね。

ただ、ガラガラだと隣の席を使って寝たいというのが、貧乏人の感覚なんだよ(涙)。
身体を歪めてちょっと寝入ったり、ふと目が覚めたりを繰り返しながら、腕時計で時間が過ぎるのを確認する。
周囲がうすぼんやりと明るくなってくるころ、目をこすりながらバスの窓から外を見る。
バスは快調なエンジン音を響かせながら、白い霧の中を順調に走っている。
目を凝らすと、どうやら森の中を走っているようだ。
その木は水面から伸びている。
つまり、どうやら、湖か湿地帯の上にかけられた橋の上をバスが走っているわけだ。
しかし、よくみると、その湿地帯では水の中から木々が立っている。
もともとの湖にこんな高い木が生えているのはおかしい。
僕が通っていたときは、ただ低湿地が大雨によって冠水してしまったのかもしれない。
霧の中から見える、水の上に聳え立つ木々、一直線の橋の上を突っ走るグレイハウンド。
あまりにすごい風景なので、誰かと感動を分かち合いたいと、バスの中で人を探すが、他の人はみんな景色を気にせずに眠っている。

あとで調べると、これがニューオーリンズの北に広がるポンチャートレイン湖にかかるコーズウェイブリッジだったかもしれない。
でもまともな湖にあんなに木が茂っているわけがない。

ひょっとしたらこの時も、2005年9月のハリケーン・カトリーナみたいなのが襲って、大雨で森に水があふれてしまったせいなのかもしれないけどね。
ニューオーリンズ到着は、ちょうどお昼頃だった。
バスの遅れとか、乗り継ぎの待ち時間とか、色々あった。
でも、オーランドを午後9時に出て、ジャクソンビルを深夜一時のバスに乗り、ニューオーリンズ到着が正午ごろ。
つまり、僕の体験では、オーランドからニューオーリンズまで、15時間かかったわけね。
ニューオーリンズのバスディポからYMCAに電話をかける。

開いているのを確かめて、歩いて行ってみる。
YMCAの部屋はベッドだけだが、テレビ付きで22.70ドル、テレビなしで18.26ドル。

テレビ付きの部屋に決めて、バックパックをチェーンで家具に結びつける。
すぐにニューオーリンズの名所、フレンチクォーター

キャナルストリート、ジャクソンスクエア、セントルイス大聖堂で祈る。
ミシシッピ川の堤防で船を見る。
堤防に登った時も感じたのだが、ニューオーリンズの町はミシシッピ川の水位よりも低かったよ。

通りのあちこちではジャズの生演奏をやっていて、石油缶にチップを集めている。
ついうっかり調子に乗って、たいして聞きもしないジャズ演奏に1ドルを払って、ちょっと後悔する。
バーボンストリートを歩いて、オイスターレストランでオイスター12個(4ドル)とビールの大ジョッキ(6ドル)を頼む。
カキのソースは、わさびにケチャップを混ぜたものだった。

ビールを手にして、バーボンストリートを歩く。
ジャズだけではなくて、ロックやソウルのライブもやっているようだ。

店の外に立って、音楽を聴いて、面白そうだったら入ったらいいのが気軽だ。
また、バーボンストリートでは、ビールを飲みながら歩いても警察に逮捕されないのが素晴らしいね。

まあ、ハリケーン「カトリーナ」でニューオーリンズが壊滅したら、昔のままに戻れるかどうか、それはわからない。

僕の考えでは、ニューオーリンズを再建しても、またハリケーン被害が出るのは確実。
土地は広いのだから、高台に新しい「ニュー・ニューオーリンズ」を建設したほうがいいかも知れない。

もしこのままバーボンストリートが再建されないとすると、昔のバーボンストリートを見ていた世界旅行者は、それだけすごいってことね。

【旅行哲学】古いものはどんどん滅びていくもの。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記