『いろんな人と知り合って、話をしながら、バッファローから、シラキュース、アルバニー、ボストンとグレイハウンドバスで移動(1988/11/15-16)』@米国

【ナイアガラのバスディポ@カナダ(2004)】
1988年11月15日、カナダ側のナイアガラバスディポから、午後3時25分発の「FUN TREK THE CANADA COACH LINES」というバスに乗る。
このバスもグレイハウンドと提携していたので、僕の持つバス乗り放題の「アメリパス」で、乗れる。

国境を越えるときに、荷物検査で結構時間がかかった。
が、無事通過して、バッファローのバスターミナルへ到着。
バッファロー到着が、午後5時ちょっと前だった。
つまり、カナダ側のグレイハウンドバスディポから、米国ニューヨーク州のバッファローまで、1時間半かかったわけだね。
でも、カナダ側でも結構走ったし、国境の入国審査で時間が取られた。
だから、バッファローから米国側のナイアガラまでなら、30分程度で行けるだろうね。
さて、僕は次にボストンへ行くつもり。
ボストン行きのグレイハウンドバスが、バッファローを出るのが、午後9時半。

ボストン到着が、翌朝、午前9時の予定。
11時間半のバス旅だが、カナダで散々バスに乗っているので、気にはならない。

翌朝9時に目的地に到着というのは、街も動き始めるころだし、ちょうどいいよね。
もちろん宿泊費が助かるわけだ。
ただ、これからバスが出発するまで、午後5時から午後9時まで、4時間ばかり、時間を潰さなければならない。
もちろん、バスディポにいて、本を読んでいるのもいいだろう。
でも、このころは僕もまだ若かったし、好奇心もあったので、バッファローの町へ出ることにした。
バックパックはバスにチェックインして、身軽になる。
バスターミナルの案内所で、バッファローの地図をもらう。
バッファローはナイアガラ観光の、米国側の町なので、観光案内所は設備が整っていた。
メトロレイル(METRO RAIL)に乗って、CHURCHからTHEATERへ移動。
これは、SURFACE STATIONSということで、(よくわからないが)無料でした。
THEATERは、早い話シネコンがあるところで、映画館は8つあった。
しかし、映画は見る気分にならず、近くの教会へ。
教会が開いていたので、中に入って、旅の無事を、神に祈る。
これで、バッファロー観光は終了!
とっととバスターミナルへ戻り、軽い夕食をとる。
まず、10オンス(約300ミリリットル)のビール(60セント/80円)を3杯飲んで、のどの渇きを癒す。
続いてバスディポの「バーガーキング(BURGER KING)」で、コーヒーとチーズバーガーを取って1.43ドル(185円)。
グレイハウンドバスには、トイレが付いているので、乗車前に飲み物を取るのも心配ない。
また、途中で、トイレストップもある。
が、念のために、やはり、トイレに何度か行く。
コーヒーを飲みながら、今日の旅行ノート(この旅行記の元になる手帳のことね)を書いている。
近くにいた白人男性に声をかけて、以前から気になっていた、英語の表現について質問をした。
人懐こそうな雰囲気の人だったが、ウェールズ人とのこと。
軽く話をして、時間を潰し、一緒のバスに乗るが、お互い大人なので、別々の席にする。
グレイハウンドは、時間通り午後9時半に、バッファローを出発。
乗客は適当な人数で、僕の隣は空いていた。
約12時間のバス旅だが、運転手は3人が交代する。
最初のバッファローからシラキュース(SYRACUSE)までは、小柄な黒人女性が運転した。
シラキュースからアルバニー(ALBANY)までは、別の運転手。
アルバニーでまた休息があり、そこでまた運転手が変わって、ボストンへ。
シラキュースのトイレストップで、日本人の若い男女カップルと会って、軽く話をする。
バスに乗り込むときに、彼らは僕の近くに座ったので話が続いた。
2人は、これからニューヨークに住むつもり。
ニューヨークで住むアパートのことなどをいろいろ話すが、結構なお金持ちのお坊ちゃまという雰囲気。
僕はなにしろ、ニューヨークに20日くらいいたばかりだから、いろいろと話をしてあげる。
ただ、僕はYMCAに泊まって、街をうろついていただけ。
だから、これからニューヨークでアパートを借りて生活しようとする若い男女にとっては、ほとんど役に立たなかっただろうけどね。
「行けば何とかなるさ」とアドバイスしたら、女の子が大きくうなずいたので、女性が度胸があると思った。
とにかくこの時代は、若者はどんどん海外へ出ていた。
ニューヨークで、チャンスを得ようとがんばっている日本人の若者は、たくさんいた。
ニューヨークで僕が出入りしていた、日本食堂や、ラーメン屋なんかは、それだけの日本人滞在者の需要があったわけだからね。
僕がパリにいたときも、カルチェラタンのマクドナルドに朝はいると、日本人の女の子(ほとんどは留学生)だらけだったし。
日本人の若者2人は、ニューヨーク行きに乗換えるので、アルバニーでバスを降りていった。
ニューヨークには、朝の7時半に到着するということなので、僕が泊まっていたYMCAを紹介してあげたっけ。
アルバニーからは、バスの乗客が、がくんと減って、寝やすくなる。
バスはほぼ時間通りにボストンへ到着。
バッファローのバスディポで話をしたウェールズ人と、バスを降りたところで、軽く手を上げて、別れる。
バスディポで、同じバスに乗ってきたらしい、日本人の若者がいたので話しかけた。
近くのマクドナルドで、コーヒーのラージサイズを頼んで、話をする。
これは、街が動き出すまでの時間潰しと、やはり眠くて、頭がボーっとしていたので、コーヒーをがぶがぶ飲んで目を覚ましたかったから。
この若者は、西海岸からなんと7日間有効のグレイハウンドバスで、東海岸までやってきたという。
グレイハウンドに乗りっぱなしだと、この時代アメリカ横断が、72時間と言われていた。
往復したら一週間のパスで大丈夫だろうが、また彼が、西海岸まで戻るのかどうかは聞かなかった。
この時代は、とんでもない旅行をしている日本人の若者はたくさんいたので、特に驚きもしない。
大量のコーヒーを飲んで、少し頭がすっきりしたころに、彼と別れる。
ところで、僕は、ボストンへ来て何をしたいのか?
僕がボストンへ来たのは、実は、「ボストン美術館」を見ることが目的なのね。
しかし、グレイハウンドの乗り放題パスを使い始めたら、ゆっくりと一か所に留まることはできない。
昨晩一夜バスで過ごして、身体も疲れているが、昼間にボストンを見て、夜にニューヨークへ移動できれば、泊まらなくてもいいかも。
ボストンで泊まるか泊まらないか、それはもっと後で考えよう。
まずはボストンの情報を得るために、僕は観光案内所へと歩きました。
□ ボストン美術館(MUSEUM OF FINE ARTS BOSTON)   http://www.mfa.org/
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記