グランドキャニオンへのバスの中で、男を手玉に取る女に出会う@グランドキャニオン/アリゾナ州

連日グレイハウンドバスに乗って、移動を繰り返して無理をしているせいか、体調がちょっとおかしく、昨日から左手親指が少し腫れ気味だ。
でも、少し前から調子の悪かった左足のふくらはぎは、よくなったみたい。

北米をほとんど毎日バスで移動したり、寝たりしているのだから、普通の身体では耐えられないだろうけど。
とにかく、身体に特にひどい異常がないのを確認して、バスディポへと歩く。

フラッグスタッフからグラントキャニオン行きのバスは、午前9時(10時45分着)と、午後3時15分(午後5時着)の2本がある。
グランドキャニオンからは、現地発の午前11時と、午後5時半。
それぞれフラッグスタッフへ、12時40分着、7時15分着だ。
もし午後5時半のバスで戻ってこれれば、7時15分にフラッグスタッフへ到着する。
このバスディポで待って、午後11時30分発のロサンゼルス行きバスに乗れば、翌朝午前9時5分にロサンジェルスへと着くことができる。
これで、ニューヨークから出発した僕のアメリカ大陸横断バス旅行が完成するというわけだ。
それ以上は考えずに、とにかく今日は、グランドキャニオンへ行くのが大切だ。
午前9時出発のバスだが、モーテルでごろごろしていても意味がない。
他にすることもないし、30分くらい前にバスディポへ行く。
すると、そこにはなにか変にクラーイ雰囲気の日本人男性を発見。

それとは別に、かなりの美人のつんつんした日本女性が、やはりグランドキャニオンへのバスを待っているのを見つける。
ここで、暗い日本人男性を無視して、可愛い日本女性に声をかけるのが平凡な男。
でも僕は、「せっかくだからみんなで仲良くなりたい」と考えてしまうんだよね。
だって、世界旅行者だから。
僕は今までも、日本人旅行者に出会っては、話かけて、仲良くなってきた。
世界各地で、人と親しくなり、みんなの心を開かせてきた経験がある。

どう考えても話の合わなそうな人たちだったが、2人に声をかけて、無理に3人の話を合わせようとしている。
このかなり美人の女の子は、学生ビザでアメリカに来ている熊本出身だとわかった。
かったるい男は、中部地方の某理工系大学の大学院生だそうだ。
軽く互いに紹介しているうちに、バスの出発時間が来て、みんなで一緒に乗り込む。
そのバスの中の話し方で、僕はピンと来た。
この熊本の女は、「男をもてあそぶ小悪魔タイプの女」だってこと。
必要以上に僕にべったり話しかけて、話を盛り上げて、「この女いけるかな?いやに乗り気だが…」と思わせる。
そのあと、突然、寂しく思っていた(であろう)大学生に、急にべったりする…。
僕は女性経験が少ないわけではないので、「この女は僕たちを遊んでるな(笑)」と気がついた。
それからは、距離を置いて、適当にあしらうことにした。

でも、大学院生の男の子は、今までの人生でこれほど女性と親しく話したことはないらしい。
かなり舞い上がっていたよ(笑)。

グランドキャニオンでは、ブライトエンジェルロッジの真ん前にバスは到着した。
いつもならば、女の子と一緒にうろつくのが世界旅行者。
だが、この女は危ない!とわかっていたので、ブライトエンジェルロッジであっさり別れる。

そこから1人で、「ブライトエンジェルトレイル」という断崖絶壁を下る細い道をちょっとだけ歩いてみた。
手すりもないし、雪も積もってたしさ、かなりドキドキしたね♪

グランドキャニオンの地面には雪が降り積もっていて、ちょっと寒かった。
でも、天気は快晴!
現地の観光バスに乗って、あちこちのポイントを見て、お土産屋を訪問しながら、うろうろする。
まあ、一応のところは押さえたから、これはいいんじゃないかな。
金があれば、ヘリコプターに乗ったりできるけれど、僕はそんなことはしない。
グランドキャニオンは、いろんな難しいことを考えなくても、リムから雄大な景色を見ればそれだけで十分だ。
リムを一回りするバスに乗って、お土産屋に寄ったりする。
一通りさーっと見て回ったので、単なる観光客のグランドキャニオン観光はこれで終了。
グランドキャニオンからフラッグスタッフへの、夕方一本の、帰りのバスに乗る。
朝一緒だった大学院生と一緒になって、話をしている。
すると、彼が荷物をブライトエンジェルロッジへ置き忘れたと言い出した。
彼はなぜか「さっきの熊本の女の子に連絡を取ったら、持ってきてもらえないかな…」と言う。
きっと彼は、この帰りのバスの中で、あの女の子に再会できると思っていたようだ。
生まれてはじめてきれいな女の子に話しかけられたことで、舞い上がっているわけね。

もちろん僕は、「あの女の子は、キミが好きだったみたいだから、頼めば大喜びだよ!」と勧める。
まあ、あの女ならば、泊まったホテルでも、すでに男を見つけているだろう、と思わないでもなかったのだけれど(笑)。

でも案外、こういう単純な男ならばどうにでもいじれるからと、相手してくれるかもしれないしね。
金もいくらでも引っ張れるしね。

真面目な、しかもセックスに飢えている、純情な男の心をいじって楽しむ女っているものなんだよ。
僕はそれをすでに人生で経験していたからね(涙)。
びくともしなかったけどね(笑)。

というわけで、世界旅行者は、無事にフラッグスタッフへ戻った。
これからフェニックス経由で、ロサンジェルスへ向かう予定だ。

【旅行哲学】グランドキャニオンはとにかく見ないと話にならない。それと男を惑わす性悪な日本の女って、あちこちにいるから、真面目な男の子は気をつけてね。
【さらに】ロサンジェルスからグランドキャニオンへは、いろんな行き方があるし、またいろんなエピソードがあります。
でもそれは、「ホテル加宝物語」で発表することにしますね。
例えば、ぶんちゃんが、フラッグスタッフで日本人四人でレンタカーを借りて、グランドキャニオンへ行く途中に、崖から落ちた話とかさ(笑)。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記