『ボストン美術館へ行って、町を歩き、ユースホステルで、日本女性と英語で話する(1988/11/16)』@ボストン/米国


La Japonaise(Camille Monet in Japanese Costume, 1876)

【ボストン美術館で買った絵葉書を見て、ボストンの旅を思い出す】

1988年11月15日、僕が乗ったグレイハウンドは、午後9時半に、バッファローのバスターミナルを出発。
それから、シラキュース、アルバニーと停車して、乗客の乗降があって、11月16日午前9時にボストンに到着した。
ボストンのバスディポで、一緒にバスを降りた日本人の若者と、朝のマクドナルドで話をする。
コーヒーを大量に飲んで、少し眠気を覚まし、彼と別れて、動き出す。
まず、ボストンの観光案内所へ。
そこで、ボストン関連の地図や、パンフレットをもらう。
地下鉄「Eライン」に乗って、「NORTH-EASTERN」で下車(料金が60セント)。
そのまま「ボストン美術館」(MUSEUM OF FINE ARTS, BOSTON)へ行った。
ボストン美術館の入場料は、このとき5ドルだった。
入り口で荷物を預けて、まずは、美術館のトイレへ。
トイレでは、ひげを剃り、歯を磨き、顔を洗って、すっきりさわやかになる。
それから、ボストン美術館の中をゆっくりと見て歩く。
セザンヌやゴッホなどの「後期印象派」の作品が印象的だった、と僕の旅行ノートに書いてある。
ところで、最近は「後期印象派」とは言わず、「Post-Impressionism/ポスト印象派」と呼ぶようです。
ゴーギャンの「D'ou venons-nous ? Que sommes-nous ? Ou allons-nous ?(われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか)」を見た。
モネ(Monet)の「La Japonaise(日本衣装の女)」も見たよ。
あまりにもすばらしい芸術作品揃いで、少し頭が疲れたので、美術館を出る。
これがお昼過ぎだったと思うが、この時は、ボストンに一泊すると、心が決まっていた。
というのが、さっきのバスターミナルでも調べたのだが、ボストンからニューヨークまで、たった5時間弱で移動できる。
だとすれば、無理に今日移動しなくても、明日の午前中にボストンを出れば、昼にはニューヨークへ行ける。
ニューヨークは土地勘がある。
宿泊場所も決まっている。

カナダ旅行に出る前に長期滞在していた「スローンハウスYMCA」に戻ればいいだけ。
20日も滞在して、毎日街を歩き回っていたニューヨークは、僕の第二の故郷という感じかな。
もちろんボストンの町も、もっと歩いてみたいし。
というわけで、僕はボストンに宿を取った。
ところで読者の皆さん。
海外旅行の記録で一番大事なのは、泊まった宿のこと。
つまり、どういう宿にいくらで泊まったのか?
その宿はどうやって見つけたのか。
旅では、泊まった宿の情報が一番大切なんだ。
観光地なんかは、行くところは決まっているわけだし、入場料は常に上昇しているのが常識。
他人の旅の話で興味が持てるのは、その人がどんな宿に泊まったかということ。
宿によって、その旅行者の旅の性格が簡単に理解できるからね。
ところが僕の旅行ノートを見ても、ボストンに関しては、宿のことだけが、ポッカリと抜けてる。
何年か前までは、はっきりと記憶していたようだが、いまは、どこに泊まったのか、思い出せない。
宿を決めたあとで、自分は泊まっていない、ボストンのユースホステルへ行ったという、はっきりした記憶がある。
これは、誰か話し相手を見つけて、一緒に食事をしようという考えだったから。
この時期は、世界中どこでも、ユースへ行けばまず、日本人旅行者が見つかったからね。
ユースのロビーで、米国人と英語で話をしている、なかなかかわいい東洋人女性を見つけた。
この女性は、日本人だが、ただの旅行者じゃない、多分留学生ではないか、と僕は判断した。
日本人かどうか確かめるために、英語で「キミは中国人?」と聞いてしまった。
女の子は「なぜそう思うの?」と英語で返事をした。
僕は単に、日本人なら夕食に誘おうと単純に考えていただけなので、説明もできず、口ごもってしまった。
結局、彼女がどこの国の人かわからなかったが、いまでも、日本人だったのだろうと考えている。
僕としては、米国旅行をしているのに、わざわざ日本人に日本語で話しかけるのは、恥ずかしかった。
米国まで来て、日本人を捜していると思われるのがイヤだった。
だから、女の子に「中国人か?」と、わざわざ聞いたわけだしね。
結局、居づらくなって、僕はユースホステルから逃げ出したね。
夕食はいつもの通り、外で買ったサンドイッチとビール程度で済ませたのだと思う。
まあとにかく、ボストンに宿を取った。
これは、おそらくYMCAだったという気がする。
僕がグレイハウンドで北米を旅していた時期(1988年秋)は、北米各地のYMCAに、安く泊まれたものだったんだよ。
だから、新しい町へ行けば、まずYMCAへ行った。
YMCAは個室があったからね。
ユースホステルは基本、ドミ(共同部屋)だった。
最近では、ユースホステルにも個室が増えたようで、2004年のトロントのユースでは、個室に泊まりました
今では、ヨーロッパでも、個室のあるユースがあるようなので、チェックしてみてください。
僕の旅行ノートに何も書いてないってことは、だから、ボストンでもYMCAに泊まったのだと思います。
部屋にバックパックを置き、地下鉄の「AUDITORIUM」で降りて、ボイルストン(BOYLSTON)通りを歩いた。
僕はアーミーサープラス物が好きなので、たまたま見つけた「MASSACHUSETTS ARMY & NAVY SHOP」へ入った。
でも全体的に、値段が高いので、見るだけにする。
次に、「トリニティチャーチ(TRINITY CHURCH)」へ入って、祈る。
そのあと、ボストン美術館へまた行った。
ケチくさい僕が同じ美術館に二度も入場料を払うことは考えられない。
という意味は、朝入場料を払ったときに、「今日だったら何回入場しても同じ料金です」と確認していたのだと、予想できるね。
実際、ボストン美術館は、すばらしすぎたからね。
印象派、ポスト印象派の作品が多くて、日本人向きなんだよ。
そのあと、さっき書いた、夕食の話相手を探しに、ユースホステルへ行ったのだろう。
部屋に戻って、現在の手持ち金額を確認した。
ドルの現金が、財布二つに分けて、324ドル。
イギリスのバークレイバンクで買ったトラベラーズチェックが350ドル。
アメックスのトラベラーズチェックが1050ドルある。
合計1724ドル、この時期のレート(1ドルが約130円)で、22万円程度。
グレイハウンドのバス乗り放題パスは、一週間使っただけで、まだ3週間以上使える。
お金は、キャッシュとトラベラーズチェックを合わせて、1700ドル(22万円)ある。
さらに、クレジットカードも使えたり、使えなかったりするが、持っている。
だとすれば、このままアメリカ大陸横断をして、ロサンゼルスまでは、何とかなるね。
ということは、明日は、ニューヨークへ移動すればいいだけ。
ニューヨークには、心当たりの宿もあるし。
つまりだよ。
いまのところ、旅の心配は、全くないってわけだ(笑)。
□ ボストン美術館(MUSEUM OF FINE ARTS BOSTON)   http://www.mfa.org/
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記