『"The Japanese Overseas: Can They Go Home Again?"を読み、日本人教師と話をしながら、ニューヨークへ(1988/11/17)』@ボストン〜ニューヨーク/米国


【ニューヨークの五番街の地下鉄駅で(2000)】

1988年11月17日、ボストンで目が覚める。
今日は、ただニューヨークへ移動しさえすればいい。
ニューヨークで泊まるのは、10月22日から11月9日まで滞在していた「スローンハウスYMCA」と決まっている。
僕は、前回のニューヨークでは、約20日間、博物館、美術館を見て、本屋で本を読んで、町を歩いて過ごしていたから、自分の故郷とおんなじだ(驚)。
ボストンでは「ボストン美術館(MUSEUM OF FINE ARTS, BOSTON)」に朝と夕方の2回も行った。
町も歩いたことだし、教会でも祈ったので、ボストン観光は、これで終了。
僕はこれから、グレイハウンドで北米一周するつもりなんだから。
これからは、次々に新しい町へ行き、町を歩き、泊まり、と連日移動がまっている。
グレイハウンドの乗り放題切符があるのだから、一日動かなければ、お金を損しているわけだしね。
まあ、もともとグータラな僕だから、こういう状況に自分を追い込まないと、動けないってこともある。
例えば、ついこの間までいたヨーロッパでも、「21日有効一等ユーレイルパス」をチューリッヒ駅でたまたま買ってしまった。
そのために、21日でフィンランドからポルトガルまで14か国を走り回ったよ。
毎日移動を続けている場合、一番問題になるのは、その日の宿だね。
宿というものは、正直、そんなに心配しなくても、簡単に見つかるものだ。
ヨーロッパでは、鉄道駅に行けば、ホテルの案内所がある。
または、駅前には必ず、旅行者用の適当な値段と設備の宿が待っている。
北米では僕は、この時代YMCAに泊まるのを原則にしていた。
ただ、最近は、米国旅行でYMCAに泊まったという話を聞かない。
その理由はわからないが、僕が旅をしてた1988年では、とにかく各地でYMCAへ行けば、部屋は簡単に見つかったもの。
時代がよかったというのでしょうかね。
特に今日は、ニューヨークへ移動するだけで、泊まるところは34丁目のスローンハウスYMCAだと決まっている。
泊まるところは決まっているが、もちろん、「予約」なんかはしてないよ。
だって、ボストンできれいな女の子と出会って、恋に落ちたら、ニューヨークに戻らないかもしれない。
その女の子が有力政治家の娘だったら、僕はそのままボストンで、永住してしまう可能性だってある。
このように、旅では何がおきるかわからないものなのね。
ボストンを出て、ニューヨークまで、時刻表では4時間40分のバス旅。
午前9時のグレイハウンドに乗る。
時間が時間だったせいか、バスは満員だった。
僕の隣の席に、日本人らしい中年男性が座る。
僕は、ニューヨークで買っていた英語のハードカバー「The Japanese Overseas: Can they go home again?」を開いて、読み始めた。
ハードカバーで、文字も大きく、ゆったりと走るバスの中で読むのも、問題ない。
特に、僕はずーっと、「日本人とは何か」と考え続けていたので、本の内容は、「そうくるか」、「なるほど」、「そうなんだよなー」と、すいすい頭に入る。
この日はとても珍しい事件が起きた。
この時代のグレイハウンドバスの「ウリ」は、「いつ行っても座れる」というものだった。
もし客が多くて、バスの座席が足りなければ、新しく別のバスを出して、全員が座っていけるという、すばらしい方針だった。
僕もこれは体験していて、例えば、オーランドからジャクソンビルでは、新しいバスを出して、積み残した乗客を運んだ。
西海岸を旅していたとき、確か、ギャンブルの町リノからサクラメントも、席のない乗客のために、別のバスを出した。
この時代のグレイハウンドバスは、予約が必要なかったわけだ。
「行けば必ず座れる」のだから(笑)♪
いまは、ネットでも予約しているようだが、こうなると、自由な旅じゃなくなるね(涙)。
このボストンからニューヨークのグレイハウンドの車内に、ひとりだけ、席がなくてたっている人がいた。
びっくりしたので、はっきりと覚えているんだけどね。
それをきっかけに、隣の日本人と話が始まったのだと思う。
「グレイハウンドに立って乗る人がいるんですねー」とか「アメリカでは違反じゃないですか?」とかね。
日本人同士が、米国のグレイハウンドで隣同士になったのだから、適当に話をするのは自然だ。
僕が読んでいる本の話になって、説明してあげた。
この本は、「海外(米国)の生活に適応した日本人が、日本社会に再適応できるか?」というテーマだ。
僕も、この問題は自分のこととして、考えてきた。
旅先で、僕は、旅行者だけではなくて、ビジネスマンや留学生なんかと、話をしてきたからね。
たまたま隣の日本人は、高校の教師で、帰国子女問題も実際に体験していた。
現在は、米国の大学で、学んで(研究して)いるとのこと。
というので、話は盛り上がったし、面白かったよ。
結局は、「日本は変わるか」という問題になり、「変化するしかないだろう」という結論になる。
この時代は、海外留学する日本人も多かったし、海外で働く日本企業社員もたくさんいたからね。
ただ、その日本人社員たちは、日本の本社ばかり見て、現地に溶け込もうとしなかった。
日本の会社では、海外でも、日本語だけで生活し、仕事をしていたからね(または、仕事をしているふりをしていた)。
日本は変わらなければならないが、なかなか変化しないだろう。
それでも世界の流れに対応して、日本は変化していくだろうし、変化するしかない。
これが常識的な結論だ。
しかし、この話をした1988年から、これを書いている2012年になっても、日本はまったく変化してないけどね(笑)。
日本は世界から取り残されて、海外留学の日本人学生も、大きく減少してしまった。
僕は、実は、「日本は変わらないだろうなー(涙)」という、予感もしてたんだけどね。
バスはニューヨーク近くで渋滞に引っかかり、、到着予定の午後1時40分よりも20分遅くなった。
ボストンを出るときは、小雨が降っていたが、ニューヨークに近づくにつれて晴れてきた。
ポートオーソリティバスターミナルで、明日のバスの時刻を確認する。
僕は、明日、ニューヨークからフィラデルフィアへ、バスで往復するつもりなんだ。
片道2時間20分ということなので、日帰り観光にはちょうどいいね。
バスの時刻を確認したあと、34丁目のYMCAへと歩く。
前と同じタイプのシングルルームにチェックイン。
バストイレ共同、テレビ付き、シングルルームで、学割を利かせて「28.25ドル」だ(この時のレートでだいたい3700円)。
勝手知ったるニューヨークなので、また、紀伊国屋へ行って、日本語本をチェック(立ち読み)する。
JTBの「FREEDOM アメリカ自遊自在」というガイドブックを見つけたので、つい買ってしまった。
これ以降、僕は旅をしながら、このガイドブックに、かなり「面白おかしい」レポートを送った。
だから、「自遊自在」次の版では、僕のレポートがたくさん、「みどりのくつした」という名前で載ってますよ。
興味のある人は、国会図書館へ行って、チェックしてみてください。
世界一周を終えて、日本に帰国後、JTBの編集部へ行って話をしたりして、僕の本を出さないかと、提案したんだけどね。
このときに、僕の本を出していれば、JTBも大儲けしたことだろうが…(涙)。
この日は、お気に入りのYMCAの部屋で、テレビを見ながら寝た。
明日は、フィラデルフィアへの日帰り旅だ。
その次は、多分、ワシントンへ。
問題は、ニューヨークからワシントンへ日帰りするのか、そのままワシントンで泊まるのか。
しかしそれは、それは、その日に考えよう。
だって、計画を立てないこと、それが旅なんだからさ。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記