『ニューヨークを出る決断ができないまま、バナナリパブリックでTシャツを買い、町をうろつく(1988/11/05)』@ニューヨーク/米国

【エンパイアステートビルディングの展望台で(2000)】
1988年11月5日、この日は朝から雨だった。
冷たい、秋の雨…。
明日11月6日に、ニューヨークシティマラソンがある。
それを見たら、ニューヨーク滞在に一区切りをつけるつもり。
だって、今の調子では、いつまでも、ニューヨークから離れられないしね。
この時代のニューヨークは、日本人だらけだった。
確か1994年ごろに米国の移民法が厳しくなって(これは確認ください)、米国でだらだらと滞在していた日本人が、いっせいに日本に戻ったことがある。
逆にいうとだね、それまでは、日本人の若者は、観光ビザでアメリカにやってきて、そのままなんとなく生活している人が多かったってこと。
もちろん、現地でアルバイトをして、生活費をまかなっていた。
旅行者の中には、アメリカで働いて、お金を貯めて、アメリカに生活拠点を置いて、海外旅行を繰り返す人もいた。
僕が1989年に中南米一周旅行をしたときは、ニューヨーク在住で、南米旅行をしているという人によく会ったものだ。
また、僕がこれから向かうロサンゼルスでも、海外旅行に来て、お金がなくなって、レストランで働いている人が普通にいた。
そのあと、法律が厳格に適用されるようになって、「アメリカで働いてお金を貯めて旅行に出る」というパターンは消滅したけどね。
もちろん、だらだらしている人だけではなくて、日本の若者が、アメリカに観光に来て、アルバイトをして、学校に入って、一生懸命に勉強して、有名大学を卒業したなんて人もいた。
そういう意味では、本当に、この時代は、アメリカはチャンスの国だったんだよ。
日本人の若者でも、特に目的がなくて、なんとなく、アメリカへ来る人が多かった。
だから、ニューヨークには、日本風の安い食堂なんかもあったし、日本語書店もとても多かった。
日本の企業も、意味もなくニューヨークに支店を置いたりしていたよ。
この時代に米国へ進出した日本企業は、ほとんどが、失敗して、撤退することになるけどね。
確か、この時期米国の「NEWSWEEK」などには、日本のサラリーマンのレストランでの金遣いの荒さが記事になったりしていた。
とにかく、ニューヨークのど真ん中に、日本人の集まる地域があったわけだ。
僕も、ニューヨークを歩いていると、すぐに日本語書店が見つかった。
そこで暇つぶしに、だらだらと、本を立ち読みして時間を過ごした。
日本の漫画なんかも、立ち読み防止のビニールのカバーなんかは付けてなかった。
店員さんも、立ち読みを注意したりしなかった。
だから、日本語の本を立ち読みして、一日過ごしても、当たり前のことだった。
この時代は、すべてについてのんびりしていたので、それが当たり前のこと。
とにかく、アメリカにいる日本人は、オキラクだった。
ただ僕は、これからニューヨークを出て、ロサンゼルスへ行くつもり。
グレイハウンドバスの、1か月有効のパスも持っているし。
でも、ニューヨークの、だらだらした、のんびりした楽しい生活も捨てがたいしなー。
グレイハウンドのパスを無くしてしまうなり、誰かに盗まれるなりすれば、北米一周バス旅行に出なくて済むのだが。
と思いながらも、旅に出る準備をする。
例えば、北米を旅しながら、絵葉書を出すわけだから、切手を用意して、貴重品入れにまとめたりね。
ロンドンの語学学校で知り合っていた女の子の住所を見つけたので、絵葉書を送った。
もう1年近くたつわけだから、出会ったときは30歳くらいだった彼女も、日本で結婚でもして、幸せな生活を送っていることだろう。
10月30日に見つけていた、ワシントン広場近くの「バナナリパブリック」へ行った。
前回はTシャツを一枚買っただけだが、今回は、長袖と半袖のTシャツを買う。
革ジャンが250ドル程度であったので、いろいろ迷った。
思い切って、買おうとしたが、クレジットカードで支払おうとすると、カード会社へ電話しろとのこと。
迷ってもいたので、今回は買わないことにした。
「BOOKS NIPPON」で、「地球の歩き方」のメキシコを見たが、ロサンゼルスで買えばいいので、もちろん買わない。
「サッポロ」へ行って、冷奴をつまみに、日本酒を2本飲んで、天丼を食べた。
自分でも、精神的に不安定だと感じる。
結局、明日の「ニューヨークシティマラソン」が終われば、その翌日の11月7日朝には、ニューヨークを出るつもり。
ただ、その決断ができてないんだよね。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx