『アメリカ自然史博物館へ行って、一日ゆっくりと、見て回る(1988/10/29)』@ニューヨーク/米国

【これはニューヨークではなくて、「ロサンゼルスの自然史博物館(2000)】
1988年10月22日に、ロンドンからニューヨークへ飛び、ニューヨークど真ん中の「スローンハウスYMCA」にチェックイン
そのあと、ニューヨークを動き回り、歩き回り、観光名所を次々と訪れている。
10月23日から、昨日10月28日までの6日間は、ニューヨーク中を歩いたね。
タイムズスクエア」「セントラルパーク」「セントパトリック大聖堂」「自由の女神」「エンパイアステートビルディング」「メトロポリタン美術館「ニューヨーク近代美術館」。
ポートオーソリティバスターミナル」「ペンシルバニアステーション」、「スタッテンアイランドフェリー」「グランドセントラルステーション」。
それから、「ニューヨーク中央郵便局」「マディソンスクエアガーデン」へも行った。
さらに、ミュージカル「キャッツ」を鑑賞し、昨日は「国際連合本部ビル」へ行って、国連切手を貼って絵葉書を出した。
これだけ見れば、ニューヨークを見尽くしたと考えるようでは、甘い。
ニューヨークには、まだまだ、見るものがたくさんあるんだよ。
まず、YMCAで、10月29日から31日までの3日分の部屋代を支払う。
31日に「レ・ミゼラブル」を見るので、31日までここにいるのは、確実だしね。
10月29日の朝、僕が思いついたのが、セントラルパークの西側にある「アメリカ自然史博物館」だった。
アメリカ自然史博物館は、「ナイトミュージアム」の舞台になった博物館。
行く前には、DVDを鑑賞しておくといいでしょう。
僕が行ったのは、1988年なので、もちろん「ナイトミュージアム」は影も形も存在しない。
ただ、アメリカ自然史博物館には、巨大なクジラの模型があるらしいので、それを見に行ったのかな。
1988年の入場料は、大人料金が3ドル50セント(450円程度)。
学割にしたのかどうか、僕の旅行ノートには書いてないが、この料金だと気軽に見れるね。
ちなみに、2007年だと、大人料金が15ドル。
15ドルも出すことになるならば、貧乏旅行だと、ちょっと考えるかもしれないね(涙)。
博物館には、生き物の剥製の展示もあったが、鉱物の展示も興味深かった。
というのが、僕がケニアのナイロビにいたとき、お土産屋でよく見かけた緑色のネックレス。
それが、この博物館の展示で、マラカイト(malachjite)という銅の化合物だとわかった。
次に人類のコーナーへ行ったら、「Asian People」のコーナーで、日本人の紹介が大きなスペースをとっていた。
僕が最初の世界一周旅行をしていた1987年から1990年が、日本のバブルの絶頂期だったから。
いまは、多分、中国の存在が巨大になって、展示も変化しているだろうね。
恐竜の展示では、巨大な骨格に目を見張った。
また、「Minerals and Gems」のコーナーでは、ダイヤモンドのコレクションが興味深かったね。
Naturemaxという巨大画面で「Behold Hawaii」という映像を見た(別料金3ドル50セント)。
ただ、大型スクリーンの割には、それほどの迫力も感動もなかった。
「Magnified Voyages」という1838年から1842年の航海のについての展示もあった。
ただ、どういうものだったのか、まったく記憶にない。
「Ocean Life and Biology of fishes」というコーナーがあった。
これに関連して、Blue Whale(シロナガスクジラ)の巨大な模型が、天井からぶら下がっている。
その下がバーになっていて、そこで、白ワインをグラス一杯飲んだ(2ドル半)。
かなりじっくりと見たので、自然史博物館を出たのは、午後の遅い時間になる。
Tad's Steakで、ステーキと赤ワイン(12ドル)。
本屋のバーンズアンドノーブルへ行って、英語の本を買った。
1988年10月29日は、土曜日だったので、ニューヨークタイムズの日曜版を買う(1ドル25セント)。
日曜版は、15分冊あり、マガジンが3つ、さらにパンフレットがはさまっている。
本も持っているので、肩に担いで戻った。
その途中、タイムズスクエアで、学生証を作っている場所を発見。
22ドルでコロンビア大学の学生証を作ってもらった。
もちろんこれは、お土産用のおもちゃなので、実際には使えません。
スローンハウスYMCAに戻って、ニューヨークタイムズの日曜版を開いて、その内容の豊富さにびっくりする。
日曜版の付録の、一週間のテレビ番組表は、いままで使っていた「テレビガイド」よりもわかりやすい。
ただ、一週間分のテレビ番組表が入手できても、僕は10月一杯しか、ニューヨークにはいないんだが。
アレレ、ひょっとして、「もう一週間ニューヨークにいろ」という神のお告げかな(笑)??
まあ、今日一日は、自然史博物館を見て、とても有益だったよ。
明日は日曜日か…、明日はどこへ行こうか。
それは、明日考えればいい。
だって僕は、旅をしているんだから。
□ アメリカ自然史博物館 / タイムズスクエアのおもちゃの学生証

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx