アラモ砦@サン・アントニオ/テキサス州

グレイハウンドのパスを使って、アメリカはフロリダ半島の端キーウェストから、オーランド、ジャクソンビルで乗り換えて、ニューオーリンズ、さらにヒューストンと来た。
次に見るところはもちろん、サン・アントニオだ。
世界旅行者は、ヒューストンのバスディポから、午前7時45分のバスに乗る。
同じバスの一番前の席に日本人男性が座っているのを見つけて、軽く挨拶し話しかけるが、もごもごして、愛想が悪い。

旅行者のはずなのだが、紙袋を下げている。
小太りだ。

まてよ、「小太りで紙袋を下げていて、しかも人付き合いがよくない」というのは、秋葉原に生息しているという「オタク」ではないか!
つまり、世界旅行者は日本でオタクが流行する以前、1988年にすでにオタクに出会っていたわけだ。
さすがだね(笑)。
この7時45分に出発したバスは、ちょうど正午にサンアントニオに到着。
バスの乗車時間は、たったの4時間15分。
ほとんど毎日グレイハウンドに乗っていると、4時間というのは短すぎて物足りない。
またバスに乗りたい気持ちを抑えて、町へ歩く。
というのは、サンアントニオは、米国の中でもちょっと変わった個性的な町で、観光地としても有名だからだ。

宿を捜すと、「Travelers' Hotel」というのが見つかった。
1泊税込みでシングルルームが16.95ドル。
ただしシャワーは部屋の外にある。
ホテルにバックパックを置いてまず向かうのは、映画でも有名な「アラモ砦(The Alamo)」だ。
テキサスがメキシコから独立戦争を戦った時、アラモ砦で守備隊が全滅した。
そのときに、「みんなで死のう!」と呼びかけたが、一人だけフランス人が逃げ出したそうだ。

この玉砕魂に感動した日本人がいた。
1914年日本人地理学者・志賀重昴は「テクサス州独立戦役殉難烈士の碑」をアラモに送って、その碑がまだ存在した。
日米戦争のときによく、この碑が壊されなかったと不思議に思うけどね。
ま、日米戦争といえば「リメンバー、パールハーバー」が合言葉だった。
その前は「リメンバー、アラモ」が標語だったというのだから、なにか関連があるのかもしれない。
テキサスはそのあと、The Republic of Texasとして10年間独立国で、1846年に合衆国に参加したそうだ。
とはいっても、もともとアメリカが裏から手を回して、メキシコの領土を奪い、それをあとで合併したのだろう。
ちょうど日本が、朝鮮を中国から独立させて、後で合併したようなものだ。

違いは、テキサスには朝鮮人がいなかったってことだけだ。
これは大きな利点だっただろうね。

その細かな歴史はどうでもよい。
今ではインターネットがあるから、調べようと思えばいくらでもサイトが見つかる。

アラモ砦を見たあと、観光名所の「Paseo del Rio(Riverside Walk)」へ。
ここは川に沿って遊歩道が作られている。

遊歩道沿いに、お土産屋やレストランなど小奇麗な店が並んでいる。
ここはもともとメキシコだったのだから、メキシコの雰囲気の町で売ってるわけだ。

アメリカでは例えば、マイアミでも海沿いの土地を再開発してモールを作ったりしている。
サンアントニオではこの川沿いを再開発したわけだ。

川沿いの遊歩道を歩いている時に、なぜか突然ステーキを食べたくなった。
川に面した「The Lone Star Cafe」で大きなステーキを頼んだが、出てきた肉がパサパサでとてもガッカリしたっけ。
やはり食い物のウラミは大きくて、これははっきりと覚えているよ(涙)。
いま思い返すと、どうもわざと肉を焼きすぎにして出されたような気もする。
「黄色いサルが大きなステーキを食うなんて許せない!」と人種差別されたのではないか?
だっていくらアメリカ人でも、ぱさぱさになるまで焼いたステーキを食べるとは思えないからね。
さて翌朝は、エルパソへと向かう。
エルパソからは、歩いて国境を越えて、メキシコへ入れるようなんだ。

【旅行哲学】1988年のテキサスにもオタクは存在していた。
アラモ砦公式サイト(The Alamo) http://www.thealamo.org/