トロント空港のエアポートエクスプレスに乗るための重要なヒント。
トロントのピアソン国際航空からトロントのダウンタウンへ出るルートは、僕が読んだ日本のガイドブックには、大きく2つ書いてあった。
ひとつはローカルバスから地下鉄に乗り継いでいく方法。
でも、普通の旅行者はこんなルートは取らないよね。
もうひとつあるのが、このエアポートエクスプレスバスを使う方法だ。
ところが、エアポートエクスプレスがいったいどのくらい時間がかかるのは、そこがはっきりしない。
エアポートエクスプレスバスのトロントダウンタウンの
ピックアップポイント
出るときは、1番のバスディポから、順に客を拾っていく。
7番がロイヤルヨークホテル。8番で最後に客を拾って、
空港への高速に乗る。
トリニダードトバゴから戻ってきて、トロントに2泊することになったとき、このエアポートエクスプレスを体験することができた。
空港の1階へ降りるとそこにエアポートエクスプレスの切符売り場があった。
そこで、片道15.50カナダドルを支払う。
バス乗り場で、カナダ人の中年男性とバスを待って、しばらくして乗り込む。
なんと、トロントの鉄道駅の近く、トロントの町の中心までたった18分しかかからなかった。
この後、夜のトロントの町をユースホステルまで歩いていったんだけどね。
で、ナイアガラを見て、2泊して、翌朝の成田へのフライトが11時40分。
すると、チェックインは余裕を見て9時としておいたほうがいいだろう。
だって、長い時間機内にいるのだから、トイレに行きやすいアイルシート(通路側の席)を取りたいしね。
前夜、ユースホステルの受付のなかなか話の面白いゲイの男の子に聞いていた。
「エアポートエクスプレスにどこから乗ったらいいのか」ってね。
すると、「ロイヤルヨークホテル」との答え。
このエアポートエクスプレスは、始発がバスターミナルで、そこから町の中のあちこちで乗客をピックアップして、ロイヤルヨークへやってくる。
僕は、「他の客で席が埋まったりしないかな」と心配を告白した。
すると、ゲイの男の子と一緒の女の子が「大丈夫」との返事だ。
ユースホステルの客はほとんどがこのエアポートエクスプレスを使っていると予想できるので、僕は彼らを信じることにした。
ただ、ちょっと早目に出たけどね。
で、ロイヤルヨークホテルに行って見ると、そこには、エアポートエクスプレスの切符売り場がちゃんと開いていたよ。
ちゃんと時間通りにバスは到着した。
大型のバスに僕の先に乗っているのは2人だけ。
イヤに疲れている。
で、僕はバスに乗って、地図をよくチェックしてみたんだけどね。
つまり、このバスは時間通りに運行しているので、バスディポを出発してから、なんと30分かけてロイヤルヨークへやってきてたんだよ。
それは、次のウエスティンハーバーキャッスルホテルの前まで来てわかった。
つまり、客は誰もいないんだが、このホテルの前できっちりと客待ちをしたんだよ。
バスの乗客はイライラしていたね。
で、最後のホテルを出てしまえば30分で到着してしまった。
ということは、このエアポートエクスプレスの本当の時間はだね、たった30分程度なんだ。
客を拾うのでものすごい時間がかかるだけなんだよ。
早い話、トロントのダウンタウンの他の場所で乗るんじゃなくて、地下鉄や歩きで、ロイヤルヨークホテルへ来て乗るのが正解ってことなんだよ。
でも、日本のガイドブックを作っている連中は、タクシー(やレンタカー)で移動して、実際に乗ってないものだから、肝心なことが書いてないわけなんだよね。
そのエアポートエクスプレスのサイトです→http://www.torontoairportexpress.com
ナイアガラフォールズツアーや、市内ツアーもやってるみたい。
その切符も、ロイヤルヨークホテルの切符売り場で買えるんだってさ♪
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050223#p1