『YMCAのシャワーのお湯の量と勢いに感動し、ニューヨークには案外と洒落た文具がないことを嘆く(1988/11/02)』@ニューヨーク/米国

【セントラルパークの池の前で(2000)】
1988年11月2日、いつものように、朝から熱いシャワーを浴びて目を覚ます。
僕の世界旅行経験では、ドイツとアメリカのシャワーは、かなりの安宿でも、とにかく元気がいいもの。
南米の安宿なんかになると、「電気シャワー」というものがあって、勢いを強めると、冷たいまま。
勢いを弱めて、ちょろちょろと流せば、ある程度あったかい、という風なものもあるしね。
日本でも、最近のビジネスホテル、ふつうのホテルのシャワーは、なかなか元気がいい。
しかし、特に公共スポーツセンターのシャワーの中には、頼りないお湯しか出ないものもあるね。
スポーツで汗をかいた後、汗を流すのに、シャワーのお湯の出が悪いと、スッキリしない。
これは、検討してほしいものですね。
このとき僕が泊まっていたスローンハウスYMCAのシャワーは、さすがYMCAらしくて、元気がいい。
勢いよく出せば、滝に打たれているような気持ちになったからね。
僕の人生の中で、このホテルの共同シャワーの勢いとお湯の量が、一番すごかった。
今でも時々、思い出すんだが、このYMCAは、現在は無くなった。
アメリカという国は、無駄が多いところだ。
例えば、ペーパーナプキンは、とにかく多量に使って捨てたりする。
YMCAのシャワーも、ムダに湯量が多かったが、いま新しく設計するとしたら、おそらくあんなにお湯を出したりしないだろう。
すると、どこをどう探しても、あの湯量のシャワーには出会えないことになるかな(笑)。
シャワーを浴びたあと、はいていたパンツを一つ、捨てた。
あまりにボロボロで、穴が開いていたし(涙)。
これは、日本のデパートで買った「HOM」のパンツで、お気に入りだった。
だが、1987年9月に日本を出て以来、ずっと手洗いしながら使ってきたので、もう限界になったわけだ。
ところで、1990年に日本に戻って、銀座三越で、HOMの男性用パンツを買おうとしたら、とんでもないビキニパンツだった。
これは、バブル時代のパンツだったんだろうけどね。
ビックリしたので、ここにメモっておきます。
僕は、世界一周旅行中は、普通のビキニパンツをはいてたんだけどね。
アメリカは、安い衣料はものすごく安いので、こだわらなければ、いくらでも安いパンツは手に入るけどね。
シャワーを済ませた後部屋に戻り、テレビをつけると、日本語番組で、午前8時から、「なるほどザ・ワールド」をやっていた。
日本のテレビを見て、昨日買った「週刊文春」と「朝日ジャーナル」を読んでいると、まるで東京にいるみたいだ。
しかしもちろん、朝の日本語番組のほかは、英語放送だ(スペイン語放送もあるけどね)。
せっかくだから、部屋にいるときは、テレビをつけっぱなしにして、ニュースやワイドショー、ドラマなどの英語番組を見ている。
すると、ちょっと面白い英語表現を発見したりして、それをノートにメモしておこうと考えたりする。
昨日から、ニューヨークの街を歩いていて、文房具屋をチェックしているのは、ちょっと洒落たノートがほしいからなんだけどね。
僕がこの世界一周旅行の前に、東京にいたときは、面白そうな文房具をチェックするのが、習慣だった。
ところが、ニューヨークに来ると、案外と面白そうなノートは見つからないんだよなー。
最近は、有名なアメリカの女優なんかが、来日したときに、「キディランド」なんかに行くけれども、アメリカには粋なものはないのかもしれない。
日本で売っている品物は、コダワリがあって、面白いんだと思うよ。
ただ、最近、銀座伊東屋のノートがダメになったけどね。
僕が欲しいタイプのノートが、売り場から消えてしまった。
他のどの店にもあるような、ノートしか売ってない。
だから、僕はいま、伊東屋はダメになったと評価しているんだよ。
以前は、しょっちゅう銀座へ行って、銀座4丁目にあったイエナ書店で英語の本や雑誌を立ち読みしてた。
その流れで、博品館や、伊東屋やソニープラザ、アメリカンファーマシーへ寄るのが、僕の定番コースだった。
渋谷の「東急ハンズ」、青山の「無印良品」にも、よく足を運んだものだ。
ホンダのアメリカンバイク(250cc)に乗っていたので、どこへ行くにも簡単だった。
いまは、バイクも駐車がうるさくなっているので、気軽に乗ることは無理だろうけどね。
お昼近くになって、ブランチで一階のカフェテリアへ行く。
パンとコーヒー。
二日酔いなのか、水分が欲しくて、本を読みながら、コーヒーを3杯飲む。
近くのテーブルに日本女性が2人いたので、話しかけた。
2人は、カメラマンとカメラマン助手とのこと。
日本のバンドがニューヨークで演奏するので、その写真を撮りに来たそうだ。
お互い暇だったので、結構話は続いた。
僕は旅の話ができるし、バンドとはどういうものか、どこでどんな演奏をするのか、なんか興味があったし。
ドカッとお湯が出る、YMCAのシャワーに感動していることを語る。
注文をつけると、トイレにドアがなく、シャワーに仕切りがなくて丸見えになることだが、気にならないと話す。
すると、女性用のシャワーには、カーテンがあるとのこと。
なるほどね、人と話をすると、新しい知識が得られるものだ。
僕はそのまままた部屋に戻って、テレビを見て、夕方近くに町へ出た。
「SUSHI-KING」で、8ドルの寿司と、デリでフォスターズを3本買って、部屋に戻った。
今日はほとんど外へ出ずに、ホテルの部屋で過ごした。
そういう日もあっていいさ。
YMCAでのニューヨーク生活は、とても気持ちがいい。
日本のテレビも見られれば、日本語の本も簡単に手に入り、日本人の話し相手も適当に見つかり、しかもシャワーのお湯の量が半端でないからね。
人生にこれ以上、何を望むことがあるだろうか?
でももちろん、この生活を、永遠に続けることはできないんだけれどね。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx