『ウォールストリートを歩いて、ワールドトレードセンターの屋上へ出て、夜はレ・ミゼラブルを見るく(1988/10/31)』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
1988年10月31日は、ブロードウェイ劇場で「レ・ミゼラブル」を見る日だ。
ただ、始まるのは午後8時。
正直、午後8時というと、僕は普通の日は、一日のやるべきことをし終えて、ホテルの部屋に閉じこもって、ベッドで本を読んでいる時間。
という意味は、僕にとっては、午前から午後まで、一日使える時間があるってこと。
何をしようかなどと、いつものように決めずに、自然に目が覚める。
それが、午前7時だった。
テレビをつけると、31チャンネルの「WNYE」という局で、「OHAYO AMERICA」という番組をやっていた。
どうやら、日本で放送された、フジテレビの「FNNスーパータイム」を、アメリカの朝に流しているようだ。
これはこのあと、北米を一周したあと、僕がロサンゼルスの「ホテル加宝」に落ち着いたときも同じような番組があったね。
この番組で、逸見政考を久しぶりに見て、ちょっとうれしかった。
続いて、ニューヨーク現地の日本語ニュースが流れる。
ニューヨークタイムズの解説や、アメリカの一般ニュースの解説を日本語でやっていた。
ただし、この番組の日本人女性アナウンサーは、非常に下手だった。
ロサンゼルスへ行って、現地の日本語放送を見ても、わけのわからない解説をしていたりする。
これからあとも、僕はアメリカに長期滞在して、よくわかったこと。
それは、「アメリカにいる日本人というのは、レベルが低い(涙)」ってことだけだったよ。
ただ、「日本では、無意味なところで(そこまでがんばらなくてもいいところで)、がんばっている」、とは感じている。
だから、日本もアメリカみたいに、オキラクにやっていったらいいと思うよ(笑)。
そのニューヨークの日本語放送で、東京銀行と大和銀行のテレビコマーシャルが流れた。
ま、皆さんもご存知の通り、東京銀行も、大和銀行も、バブル崩壊の過程で、別の銀行と合併して、名前は消えてしまった。
もともと、日本の企業というものは、英語もまともにしゃべれない、凡庸な日本人社員しか抱えていない。
それなのに、調子こいてアメリカに進出なんかするから、全部ダメになったんだよ。
この時代、とにかく日本の都市銀行は、能力もないのに全部、アメリカ進出していたんだから(笑)。
それは、僕がこれから向かうロサンゼルスの状況を読めば、誰にでも理解できるけどね。
その話は、ロサンゼルス編で書くので、お楽しみにね。
ただこの日に、東京銀行のコマーシャルを見て、「そうだ、東京銀行へ行ってみよう」と思った。
というのが、10月22日にロンドンからニューヨークに入って、ニューヨーク生活も、10日ほどになる。
いま泊まっているスローンハウスYMCAの居心地が、とてもいい。
また、ニューヨークは、いくらでも時間潰しができる。
もしもっとニューヨークにいるならば、ニューヨークの東京銀行で、日本からの送金を受け取ってもいいわけだ。
もしニューヨークで銀行口座を開けるならば、作るだけ作っておいて、送金を受けて、そのお金をロサンゼルスで受け取ってもいいわけだし。
まあ、行くだけなら損にはならないのだから、行ってみましょう。
YMCAのカフェテリアで、朝食を取りながら、絵葉書を4枚書いた。
それを中央郵便局へ持っていって、送った。
次に、目に付いた銀行へ入って、トラベラーズチェックを現金化した。
一つの銀行では、100ドルのトラベラーズチェックを、20ドル札5枚にした。
次の銀行では、100ドルのトラベラーズチェックを20ドル札5枚にした後、20ドルのトラベラーズチェックを10ドル札2枚にする。
銀行でのトラベラーズチェックの両替は、だいたい100ドル程度までのようだった。
次にニューヨークのウォールストリートの金融街の、東京銀行ニューヨーク支店へ行く。
その窓口で、口座開設の相談をしたが、あっさりと断られる。
「(僕が持っていた)B-2ビザでは口座開設はできません」という、冷たい返事だ。
僕はロンドンでも、東京銀行メイフェア支店へ行ったが、そこの窓口の日本女性も、愛想が悪かった。
実は、このあと、ロサンゼルスへ行って、ロサンゼルスの住友銀行へ行った。
そこでは、案外簡単に、銀行口座が口座が作れたんだけどね。
まあ、いろいろあるってことでしょうか。
そのまま歩いて、「NYSE(New York Stock Exchange/ ニューヨーク証券取引所)」へ。
ここは、見学ができたと思うんだが、記憶にない。
ノートには、「結構小さくて、やり方が旧式な気がする」とあるので、まあ、そんなものだったのでしょう。
ウォールストリートに「Walden Books」という本屋を見つける。
そこで、「P.O.D.(Pocket Oxford Dictionary)」と、「Japanese Overseas-Can they go home again?」という本を買う。
この本はなかなか面白くて、このあと、グレイハウンドで北米を旅しながら、バスの中で読んだものだ。
さて、次に、「World Trade Center」へ。
2.95ドルを払って、屋上まで上がる。
視界20マイル、屋外展望台を歩く。
屋外展望台とは、つまり、屋根なんかなくて、吹きっさらしということです。
ただ、端っこまで行っても、真下が見えないので、この点は、エンパイアステートビルディングのほうが迫力があった。
107階の「Observation Deck」では、窓際に座って、真下を眺められるようになっていた。
これで、僕は、ニューヨークの高層ビルの、エンパイアステートビルディングと、ワールドトレードセンタービルの2つに上ったわけだ。
歩いていて「どさんこ」というラーメン屋を見つけて、入った。
しかし、ラーメンがぬるくて、おいしくなかった。
これで少しお腹を膨らまして、続いて「ブロードウェイ劇場」へ行く。
「レ・ミゼラブル」は、舞台装置、照明はすばらしかった。
始まったのが午後8時で、終了が午後10時15分。
途中休息もあったが、僕にはものすごく退屈で、長く感じられた。
一つには、舞台で話される英語がよく聞き取れなかったこと。
また、モトモト僕は「レ・ミゼラブル」のストーリーを知らなかったので、わけがわからなかったんだね(涙)。
僕レベルの人間には、言葉がわからなくても誰でも楽しめる「キャッツ」の方が、向いていたってことかな。
周囲の観客も、身なりのいい人ばかりで、確かに、場違いな感じもした。
劇場からYMCAへは、ニューヨークを歩いて戻った。
途中で、韓国人経営のデリ(惣菜屋)へ寄って、夜食とビール(フォスターズ)を買った。
いつものように、暖かい部屋で裸になってベッドにもぐりこむ。
1988年10月31日、今日で10月も終わりか。
今日の出来事を、反芻する。
ウォールストリート、ワールドトレードセンター、レ・ミゼラブル。
ニューヨークの(世界の)金融の中心地、ウォールストリートを歩いたのは、感動的だった。
ちょっと運命の歯車がズレていれば、僕もこの街で活躍することもできただろう。
そうそう、昨日は、芸術家の多いソーホーを歩いたね。
ちょっと運命の歯車が狂っていれば、僕も芸術家にだってなれただろう…。
結局僕は、世界旅行者にしかなれなかったわけだが。
まあいいさ、そういう頭の痛くなるようなことは、考えないことにしよう。
さて、10月31日までのホテル代は支払ってある。
ただ、この雰囲気では、まだまだニューヨークから脱出できそうにない。
明日は、天気がよくなさそうだが、一日、本でも読んで過ごそうかな。
どこか美術館くらい、行ってもいいが…。
今日は無事に過ぎた。
そのことに、今日は感謝すればいい。
明日のことは、明日考えるものだからね。
□ 東京銀行ニューヨーク支店 ニューヨーク証券取引所 ワールドトレードセンター どさんこ レ・ミゼラブル

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx