『海外で銃を撃つならば、LAのようなきちんとしたところがいいかも』@ロサンゼルスガンクラブ/カリフォルニア/米国

日本国内では普通の人は銃を撃つことができないので、好きな人は海外でやってみることになる。
グアムなんかでもできるみたいだし、噂では中国やベトナム、ロシアでは機関銃を撃てたり、バズーカ砲を撃ったという話もちらほら聞こえてきます。
ここでは、世界旅行者の個人誌「世界旅行者」29号に書いた、《世界旅行者と銃》を引用しておきます。

《世界旅行者と銃》


世界旅行者の目的は安全に世界中を見る(そして、哲学する)ことにあるのだから、自分から銃を撃とうと考えることはない。
相手を攻撃すればかならず反撃があるものだから、危ない状況では戦わずに逃げるのが一番いいやり方だ。
だから中近東や中南米で軍人から自動小銃を突きつけられたことは何度も(思い出すとたった3度だが)あるが、そういう状況では、常に腰を低く手を高くして(ホールドアップして)、うまくきり抜けてきた。

旅先で銃を撃ったことはこれまで1度だけあって、それはタイのパタヤビーチからラン島(コーラン)へ、日本人相手のツアーに混じって行った時だ。
島に向かう途中で船を止めて、空き缶や瓶を海に投げこみ、それを狙って撃つというセッティングをされた。
平和を愛する日本人のグループの中には、必ず「海外に出たら日本でやれないことをバンバンやろう」と考えているお調子者がいるもので、また一人そういう人間が出れば、「それなら僕もやってみよう」と考える追従者がどんどん出る。
それを十分に理解しているらしいツアー主催者は、最初は迫力のない22口径程度を撃たせ、どんどん大型の銃を出してくる。
若いカップルが調子に乗せられて次から次と銃を変えてどんどん撃って、結構な値段を払わせられたのを記憶している。
フロイドを持ち出すまでもなく、銃は男性器の象徴だから、このカップルは前夜のSEXに満足していないと想像出来た。
特に女の子が口径の大きな銃を打つのは、大きい男性器がいいとの無言の主張なのだ。
また、男性も銃を連射していたところを見ると、前夜に彼女に何回も射精出来なかった不満をぶつけていたのだろう。
こういうふうにものごとの裏を読めなければ、本当の旅行は出来ない。
どこへ旅行しても「みんな親切だった」「私は地元の人とすぐ友達になるの」と、自分が金を使ったことをあえて忘れて旅行通ぶる素人がやかましい。
観光客に船の上で銃を撃たせるのは、これは当然タイでも違法だが、地元の警察とは話がついているものなのだ。
僕もお付き合いでこの時に口径の小さい銃を撃った。(世界旅行者は決して状況から逃げない)
「世界旅行者」は自分のモノが大きいので大きい銃に対する憧れがない、ことがこの例でもわかるだろう。
また、密造かもしれない拳銃の暴発が怖くて、ほんの数発しか撃たなかった。
たいした迫力もなかったので、銃を撃ったという実感は得られなかった。
これは自分のモノが時々何回も暴発して、女の子が「死ぬ、死ぬ、死んじゃうわ!」と叫び、殺してしまうのではないかと心配した経験があって、その恐怖を感じていることを心理学的に表している。
まあこの経験があって、「世界旅行者」は銃を撃ったこともあるという話の種にはなっていた。

1995年10月、「ホテル加宝」で「世界旅行者協会」のK夫妻と会った時に、どちらからともなく「鉄砲でも撃ちに行きましょう」という話になる。
加宝の近くにかなり立派なシューティングレンジがあるのは以前から知っていて、加宝への宿泊者に場所を教えていたりしたものだが、自分では行ったことがなかったのだ。
銃をいじるよりも、部屋でビデオでも見ながら自分のものを暴発させていた方が金もかからず、気持ちいいのだ。
まあ自分一人で行っても面白くないだろうが、一緒に行く人がいて、適当に時間の余裕があって、新しい経験が出来るとなればこれはいいチャンスだ。
こういう話のタネを逃しては、「世界旅行者」とはいえない。

ガンクラブへはK夫妻の車に乗って行った。
ガンクラブは加宝から歩いてもほんの10分程度のところで、特にホームレスがいるわけでも危ない場所でもない。
ただ、ここは倉庫地帯で他の店もなく、人通りも少ないので、夜に歩いて行くのはいい気持ちはしないだろう。
ガンクラブの名前は「LOS ANGELES GUN CLUB」、住所が「1375EAST 6TH STREET」となっているが、実際は6THにはなくて、6THから一筋北の「FACTORYPLACE」にある。
車で行く場合にわかりやすいのは、ALAMEDAと6THの角を北へ進み、最初の角を右折すればいいだろう。
この右折して入る細い道が「FACYORY PLACE」で、突き当たった右側の建物がガンクラブだ。

実はかなりうさんくさいところのような気がしていたのだが、入ったところは広々として明るく、受付のカウンターには気さくな男女の若者がいた。
カウンターの下がガラス張りで、そこには各種の拳銃がずらりと並び、また壁には小銃が掛けてある。
日本人の若者が手にゴム手袋をしたままで「まず銃を選んでください。初めてでしたら銃の扱いを説明します」とにこやかに言う。
普通の銃は5ドルで借りられる。
K氏が「西本君はアレが大きいから大きいのが似合うよ」というので、ダーティハリーの使っていたという「44マグナム」を持たされてしまったが、これは見かけ以上にずっしりと重い。
これは特別料金で10ドルする。
K氏はコルトガバンメント、K夫人は「ルパン三世で次元が持ってた」38口径のリボルバーを選んで、各5ドル。
この他に、弾が50発で10ドル前後、的の紙が一枚45セント、それからレーン使用料が一人当たり6ドル、2人だと9ドルである。
タイと比べてもかなり安い明朗会計だ。

銃の取り扱いでは「弾が入ってなくても銃口を人に向けないように」「銃の取り扱いはレーンの台の上でおこなうこと」と厳しく注意された。
それが終わると、取っ手の付いたトレイに銃と銃弾、消音耳当て、プラスチックのゴーグルを入れて渡される。
耳当てを付けて受付の向い側にある二重ドアを開けてはいると、もうそこが射撃場で、鋭い射撃音がこだましている。
的をセットして44マグナムに銃弾を込め、引き金をひくと、グヮーンと大きな音がして、強い衝撃と共に銃口から火がどっと吹き出す。
「暴発したのか?」と自分の体を調べるが異常はない。
どうやらこれが普通のようだ。
K氏はパンパンとオートマチックを撃つ。
K夫人が38口径を撃つと、その衝撃でふらふらっとよろける。
一通り撃つとあとは銃を構えた写真を撮り合った。
3人ともあまり射撃自体に興味はないようで、20発も撃つとあとは飽きてしまった。

K夫人も「もっと大きいのをいっぱい撃たせてー!」とおねだりしなかったところを見ると、現在の性生活に満足しているようだった。
僕は、ここで「女の子と射撃に行くと性的欲望を測ることができる」と哲学した。
例えば、いろいろな銃をとっかえひっかえ撃ちたがる場合は「乱交好き」と予想出来るだろうし、両手に銃を持って撃ちたがる場合は「3P大好き」と結論出来るだろう。
素人にもわかりやすいのは、大型の銃を持ったとたんに銃身をなめたりくわえたりさらにはスカートの中に入れたりする場合だ。
こういう場合は「すぐにSEXしたい」ことを意味しているので、銃を撃たずにホテルの部屋に帰ってベッドで別のものを発射した方が楽しい、とアドバイスしておこう。

さて、僕と一緒にLAへ来たI嬢の性的傾向をチェックしようと、帰国当日にガンクラブへ行ってみたがまだ開いてなくて、失敗に終わった。
このガンクラブは平日は午後3時から11時、金曜日から日曜日は午前11時からオープンしている。(電話(213)612−0931)
LAでもよく見かける「射撃ツアー」に申し込むと、最低でも50ドルは取られるのでLAPDも利用していると評判のこのガンクラブへ個人で行くことを推奨しておきますね。
(注)これは1995年の記録ですが、2004年現在、まだありました。
L A Gun Club Indoor Pistol
Address: 1375 E 6th St, Los Angeles, CA 90021
Phone: (213) 612-0931

http://www.thelosangelesgunclub.com/
【写真】44マグナムを手にする世界旅行者
【旅行哲学】なんでも一度はやってみるものだ。人間なんてすぐに死んでしまうんだからさ。
参照:リトル東京からロサンジェルスガンクラブへの道@ロサンジェルス