『ジョン・F・ケネディ空港(JFK)から、真夜中に、一人で、バスと地下鉄で移動して、34丁目のスローンハウスYMCAへ』@ニューヨーク/米国

1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
入国審査で、「米国ビザをなぜバルセロナで取ったのか」とか「パスポートが合冊されているのはなぜか」とか、質問された。
それも、もちろんすべて、説明がつく。
バルセロナにいたのは、スペイン語学校に通っていたから。
パスポートの合冊は、古いパスポートの写真が剥がれかけていたから。
ロンドンから、ニューヨークへの片道切符の理由は、本当は、アメリカからどこへ行くかわからなかったから。
でも、南米へ行くかもしれないから、という説明はしない。
ごく常識的に、「ニューヨークからはじめて、アメリカをバスで横断して、ロサンゼルスまで行って、東京へ戻る」という説明をした。
入国審査を通過したのが、多分、夕方でもなく、深夜でもない、午後9時ごろだったと思う。
僕は、生まれてはじめて、アメリカ本土に足跡をしるした。
この時代は本当に治安が悪かったニューヨークだ。
そうして、今夜のうちに、ニューヨークの町へ出て、ホテルを見つけなければならない。
いやはやこれは、今になって、よく考えてみれば、「大冒険」だよね。
僕はもちろん、ホテルの予約はしてないし、JFKからニューヨークへの行き方も、まったく知らなかった。
日本を出たのが、おニャン子クラブが解散したあと、1987年9月7日だったかな。
いまは、1988年10月22日だからすでに、海外生活は一年以上たっている。
旅を思い出すと、日本からイギリスに入ってからは、まず、スコットランド旅行をした。
そのあと、ロンドンの語学学校でCPEを取った。
ロンドンからパリへ夜行バスで移動し、パリで病気になり、スペインでスペイン語学校に通った。
そのあと、北アフリカを横断し、ヨーロッパ経由で、イギリスへ戻った。
イギリスから、ギリシアへ飛び、トルコを旅して、エジプトからケニアへ。
そのあとは、中東経由で、ヨーロッパへ入り、ユーレイルパスでヨーロッパを走り回った
パリからドーバーを越えて、またロンドンへ戻り、そうして、ニューヨークへ飛んできたわけだ。
ある程度、旅には慣れているといってもいいだろう。
だから、「旅の情報は旅先で手に入れる」というお気楽な感覚。
到着ロビーに出たら、東洋人の若者が3人いたので、気軽に、英語で話しかけた。
彼らは、韓国人の若者たち(男性2人、女性一人)だった。
彼らから、僕の英語をほめられた。
なぜか知らないが、僕はニューヨークのど真ん中、34丁目の「スローンハウスYMCA(356 WEST 34TH ST, 9TH AVENUE.)」の電話番号を持っていた。
まあ、普通に考えると、ガイドブックにあったのか、空港のホテル案内の看板を見たのか、どちらかだと思うんだが。
遠い昔のことなので、今は記憶にない。
で、電話をかけるためには、この時代はもちろん、コインが必要だった。
ドル札をコインに両替するために、カフェテリアへ行って、コーヒーを頼む。
そこでまた、先ほどの韓国人3人組と会って、電話のかけ方(最初に1をつける)ことを教わった。
スローンハウスに電話して、部屋があるか聞く。
「部屋はある、24時間営業なので、いつでも来い」との、すっきりした返事だ。
これで、今夜の宿は決まった。
問題は、ニューヨークの34丁目まで、どうやって行くかだね。
もちろん、バックパッカーなので、タクシーなどは、まったく頭に浮かばない。
この時に、観光案内所のカウンターを見つけた。
観光案内所で、34丁目までの行き方を聞くと、「JFK EXPRESS」というものを教えられた。
これは、まず空港からバスに乗って、空港近くの地下鉄駅へ行く。
地下鉄の駅に行けば、あとは、ニューヨークの街中まで、地下鉄を乗り継げばいい。
僕の記憶はもうほとんどないが、JFKのターミナルから、ガラガラの大型バスに乗ったことは覚えている。
寂しい地下鉄の駅に着いて、バスを降りた人のあとについて、地下鉄駅へ。
ほとんど乗客がいないが、ニューヨークの地下鉄は危険なので、他の人のいる中央部分に乗ることにする。
ただこの時期でも、いろんな映画でニューヨークの地下鉄は見ていたので、それほどの違和感はない。
多分、空港の観光案内所で、ニューヨークの地下鉄マップを入手していたはず。
地下鉄を乗り換えた記憶はないが、乗り換えたのかもしれない。
旅行ノートを見たら、「うまく乗り換えて」とあるので地下鉄を乗り換えたのだろう。
そういえば、どこかの駅で降りて、別の地下鉄を待った記憶がよみがえってきた。
JFKからバス、地下鉄、地下鉄と乗り換えて、僕は「34TH ST.8TH AVE.」の駅に、無事到着した。
8TH AVENUE(8番街)の駅を出ると、真夜中近くのマンハッタンは、人通りがほとんどない。
目的のスローンハウスはすぐ近くのはずだ。
位置関係を確認して、スローンハウスまで、8番街をワンブロック走った。
明るい光に満ちた(そのときはそういう感じだった)スローンハウスYMCAへ。
受付カウンターで「JFKから電話をしたんだが、部屋があるとのことだったので、来ました」と、わざわざ説明する。
これはだね、万が一、部屋がなかったら、大変なことになるからだよ(涙)。
でももちろん電話で確認した通り、時期的にもオフシーズンで、部屋は空いていた。
バストイレ共同のシングルルームが29ドル。
しかし僕は、国際学生証(ISIC)を持っているので、2ドル引いて27ドル。
テレビのある部屋とない部屋があって、テレビがあれば1ドル25セント増し。
僕はロンドンの「セントジョージホテル」でもテレビ付きの部屋に泊まっていたので、テレビ付きの部屋にして、一泊28ドル25セント。
この時期の円とドルのレートは、130円と考えて、3672円(キーデポジットが5ドルあったが、これは、チェックアウト時にキーと引き換えに戻ってくる)。
ニューヨークはホテル代が高いと、ヨーロッパでは聞いていた。
この時代、ロンドンのB&Bがシングルで3千円台、フランスだと田舎なら2千円程度、スペインなら一泊千円程度で泊まれた。
ニューヨークの最初の宿が、シャワーもトイレも別(室外にある)としても、3千円台、シングルで30ドル未満(20ドル台)というのは、納得できた。
実は、そのときは、20ドル台という考えしかなくて、日本円に換算しては考えてなかったんだけどね。
20ドル台で、ニューヨークでシングルルームに泊まれたら、文句はない。
このスローンハウスのある34丁目というのは、ニューヨークの、本当にド真ん中だからね。
それよりもなによりも、ロンドンからJFKへ飛んできて、JFKから34丁目の宿までバスと地下鉄を乗り継いで、やってきたのは、よかったね。
これは、一生の話のネタになる。
ニューヨークは、世界の最先端の都市だし。
一応名所は見て歩くことになるだろう。
例えば、エンパイアステートビル、ワールドトレードセンタービル、セントラルパーク、五番街、自由の女神、なんかが、すぐに頭に思い浮かぶ。
部屋に落ち着いたのは、確実に、ニューヨーク時間で午前0時を過ぎていた。
つまり、10月23日になっていた。
ニューヨークで10月23日の午前0時とは、僕が今朝まで滞在していたロンドンでは、すでに23日の午前5時だ。
誰でも経験あるだろうが、日本でも、夜更かしをしていると、午前2時か3時には眠くなるもの。
でもそれを越えると、午前3時ごろから目が冴えてきて、そのまま午前5時ごろまで元気だ。
しかし、午前6時から7時ごろになると、さすがにだんだん眠くなる。
午前7時を過ぎて午前8時ごろに、どうしても起きてられなくなるものなんだよ。
僕は、ニューヨークの1988年10月23日午前零時、ロンドンの午前5時には、眠くなかった。
精神が興奮したままだ。
スローンハウスのシングルルームの小さな窓からは、ニューヨークの夜景が見える。
「とうとう、ニューヨークへやってきたっ!」という感動があるね。
テレビをつけて、アメリカのテレビを見た。
あちこちチェックしていたら、架空の日本を舞台にした喜歌劇「ミカド(The Mikado)」を、放送していた。
これが、出演者がみんな白塗りで、かなり変なものだったが、最後まで見てしまった。
結局寝たのは、午前2時。
ロンドン時間だと、午前7時だから、まあそんなものでしょう。
さて明日は、何をしよう?
今日は、ロンドンからニューヨークに到着し、ニューヨークのど真ん中で、居心地のいい部屋を見つけた。
今日はこれだけでいい。
明日やることは、明日の朝、目がさめて考えることにしよう。
だって、人はただ、その一日を生きるだけなのだから。
□ JFK / JFK EXPRESS / 深夜の地下鉄で34丁目へ / スローンハウスYMCA
ニューヨーク物語
北米一周グレイハウンドの旅 北アメリカ

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world index
xxx