ロサンジェルスダウンタウン4番街にて(世界旅行者の向かって右後ろに「チェトウッドホテル」が見えます」)

【世界旅行者とホテル加宝に泊まっていた美女@4番街/右端の建物がチェトウッド】
1990年前後の日本人の若者は、米国一周旅行が定番だった。
米国長期旅行に続いて、米国での長期滞在が盛んになる。
そして、ビザなしの不法労働、不法滞在が常識化していた。
このころから日本人の若者の米国大学留学も本格化して来たよ。
1990年前後は、ロサンジェルスのダウンタウンの安宿にいろんな目的を持った日本人の若者が集まっていた。
安宿としては、「地球の歩き方」では、最初「ホテル大元(ダイマル)」を推薦していた。
また、4番街の「ホテル加宝」も有名だった。
この事情については、世界旅行者の「ホテル加宝物語」を読むとよくわかります。

本格的な旅行者や長期滞在者は「ホテル加宝」に泊まっていたが、いつの間にか、その斜め前に「チェトウッド」という安宿ができた。
これは、「地球の歩き方」のレポーターが変に推薦していた。

この理由はだね、「地球の歩き方」のレポーターが「ホテル加宝」に来た時に、頭が悪いくせに、あまりに態度が大きかった。
それで、加宝滞在者が寄ってたかってイジメたからだ。

加宝から逃げ出したレポーターは、チェトウッドの下品さが肌に合ったようで、「地球の歩き方」はチェトウッドを褒め上げた。
「地球の歩き方」によると、「ホテル加宝は危険な地帯にある」というのだが、「チェトウッドは安全だ」と書いてある。
でもね、同じ4番街に面した二つのホテルの立地の危険性に変わりがあるはずがないだろうが(笑)。
とにかく、旅行ガイドブックなんかを書いている連中は、もともと頭が悪い。
その上しょせんアルバイトなので、旅行の知識は全くないと断言できるね。
「ホテル加宝」が潰れてしまって、ロサンジェルスの物価も高くなり、興味深い旅行者もロサンジェルスから消滅した。
だから僕はいまさら、ロサンジェルスへ戻る気はない。
チェトウッドはまだ存在するようだが、僕はこのホテルに泊まる気はないね。

「チェトウッドはマネージャーの日本人がヤクザっぽい」という噂もある。
また、宿泊者連中は中途半端なわけのわからない連中だと聞いたことがある。
同じく下品な旅行者が集まっていると噂の、メキシコシティの「ペンションアミーゴ」と同じようなレベルらしい。
僕は女性には、ここに泊まることは勧めません。

注意:ところが、チェトウッドのマネージャーは、昔ホテル加宝にいた日本女性でした(笑)。
チェトウッドについては、「チェトウッド2007」を読んでね。
【写真の説明】

写真は、2001年の冬、「ホテル加宝」の前の四番街に立つ世界旅行者と女の子。
4番街を東から西へ写真を撮った。
後方にはロサンジェルスのビル群が見える。
世界旅行者の右に見える茶色の建物がチェトウッドです。
縦長の看板に日本語で「チェトウッド」と書いてあります。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060602