サンペドロと3rdの角@リトル東京/ロサンジェルス

ロサンジェルスダウンタウン、リトル東京の南の境界。
サンペドロストリートと3rd(三番街)の角から、北を望む。

左側の高いビルがニューオータニホテル。
そのてっぺんからちょっと覗いているのが、ロサンジェルスシティホール(市役所)の突端部分。
右の高いビルが鹿島ビル。

昔は、鹿島ビルに日本領事館があって、僕は昭和天皇が崩御されたとき、「ホテル加宝」に泊まっていたひとと記帳に行ったものだよ。

バブルのころはその南側の再開発をやって、大規模ホテルを作るという話もあった。
それを含めて、リトル東京が再生される計画も考えられていたとか。

確かにバブルのころは、ロサンジェルスのダウンタウンの高層ビルの70パーセントが日本企業に買収されいたし、カリフォルニアのどこに行っても、建設中のビルに日本の銀行の名前が書いてあったものだ。

でもそういう時代はあっという間に過ぎ去った。

日本領事館は、リトル東京から去った。
それからはリトル東京は、ほとんど意味を失ってしまった。

日本人はトーランスなど、別の日本人エリアに移動して、そちらの方に日系のスーパーやビデオレンタルショップ、本屋、旅行代理店など、何でもある。
リトル東京へ来る意味がなくなってしまったわけだ。

でも、日系人博物館や、近代美術館の分館があったり、メキシコ風のオルベラストリートにも近く、中華街にも近い。
これからはリトル東京は、完全な観光地になって行くのかもしれない。

地下鉄レッドラインの駅が、もっとリトル東京に近かったらよかったと思うけどね。

【写真】サンペドロストリートと3rd(三番街)の角から、北を望む。
【旅行哲学】リトル東京はリトル東京のままだ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050326