お金の持ち方概論 現金 トラベラーズチェック クレジットカード 国際キャッシュカード 送金 ヒント

《海外旅行とお金の持ち方のヒント》

3万円程度をどうもって行こうか、あれこれ悩むだけ時間と脳味噌の無駄
海外旅行の最重要格言「お金が多すぎて困ることはない」(特に卒業旅行の学生さんに)
海外旅行の両替の一番の問題は、「両替できずに、全く動きが取れない」こと
長期旅行をカードだけで済ませようというのは自殺行為
やっぱりクレジットカードは危険/3つのタイプのトラブル(2009年)
JCBプラザは本当に親切なので、2枚目のカードはJCBにする
カードは一度日本で使って、暗証番号(PIN)を確認しておく
ATMがないときは、銀行の窓口でクレジットカードを使ってお金を借りられることがある(キャッシュアドバンス)
北米、中米、カリブ海、南米へ行く時は、お金をドルにして持っていくこと
1989年中南米半年の旅行に出る前に、世界旅行者がロサンジェルスで、ドルの現金とトラベラーズチェックを用意した実例
現金を持っていくならば、日本円よりも、ドルキャッシュがいい
メキシコで現地通貨を入手する各種方法@メキシコ
『ベトナムでもドルのトラベラーズチェックとドルの現金で旅するのがいい』@ハノイ/ベトナム
シェムリアップでも、ドルキャッシュとドルのトラベラーズチェックがいい
中国でも、トラベラーズチェックの方が有利です(1999年の北京京華飯店での両替)の例
空港で一気に滞在費分程度を両替する方がいい(インドでの両替問題)
「靴にお金を隠してはいけない」が、ジーンズの折り返しはどうでしょう
【両替の基本】トラベラーズチェックが現金よりも有利で安全
トラベラーズチェックの盗難と再発行(1989年/サンディエゴ/カリフォルニア)
『国外では全く通用しないといわれる、ニカラグアの通貨コルドバを両替する』(1989年のニカラグア〜コスタリカ国境)
『トラベラーズチェックを使った方が、旅先の出会いも、旅先の会話も多くなる』
トラベラーズチェックは所有者がお金を持っているという明確な証拠になります。
旅に出る前の両替レートが円安だと悩んでも、意味がない
【海外個人旅行の格言】 旅先では金を貸すな、金をやれ
海外留学の時に大金(数百万円)の持って行きかた
1ドル札の束を用意する
『ホテルのセーフティボックスに現金を入れてはいけない』
1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国前) / 1999年のイランリアル両替の実例(イラン入国後)
1989年のペルーの両替は不思議だった@トルヒーヨ/ペルー
使い残して余ったコインや紙幣を記念に取っておいても、いつかは賽銭箱行きの運命。
現地通貨を多目に持っておいて間違いはない(余れば細かいものを買えばいい)。

関連ページ

1) 海外旅行へのお金の持ち方
2) 国際キャッシュカード
3) クレジットカード
4) トラベラーズチェック
5) 現金
6) 海外への送金




xxx