『トルテカ文明のトゥーラの遺跡へバスで日帰りし、メキシコシティからアメリカへのバスを調べる』@トゥーラ./メキシコ

【パレンケ遺跡@パレンケ/メキシコ(2007)】
1989年9月19日、オアハカから途中プエブラでのバスの乗換えを含めて、昼のバスで10時間かかってメキシコシティに到着した。
オアハカを午前10時半に出て、メキシコシティの東ターミナルに到着したのが午後8時半。
メキシコシティに来てしまえば、土地勘があるので、簡単にホテルを見つける。
正直、はじめてメキシコシティに着くのが夜中の9時は、絶対に避けたいもの。
だって、メキシコシティには、東南アジアのようなバックパッカーストリートが無いんだから。
例えば、バンコクならばカオサン、ホーチミンシティならファングーラオやデタム通りに行けば、安宿だらけ。
こういうバックパッカーストリートならば、(人気宿が満室でも)どこかに宿は見つかるもの。
しかし、メキシコシティにはそういう安宿街はない。
僕は、中南米一周旅行の前にメキシコで泊まっていた「ホテルコンコルディア」に戻ってただけだけどね。
いまは、メキシコシティには、日本人宿「サンフェルナンド館」や「ペンションアミーゴ」がある。
最近の日本人のバックパッカーはそういう宿へ向かうのだろうか。
ただ、1989年には、まだペンションアミーゴは聞いたことがなかった。
9月20日朝は、宿で午前6時に目が覚めたのに、また寝てしまった。
実際に起きたのは、午前8時半。
身体が疲れているのでしょう。
昨日洗った干してあったTシャツは、部屋干しだが、もう乾いている。
バナナリパブリックの長袖のシャツは、背中に黒い点々があって、使えない。
多分、このところずーっと雨の中を旅していたので、カビだと思う。
メキシコシティの地下鉄で、「BELLAS ARTES」→ 「HIDALGO」 →「LAROZA」→ 「AUTOBUSES DEL NORTE」と乗り継いで、北ターミナルへ。
トゥーラ(TULA)の遺跡へ行くバス会社は「VALLE DEL MEZQUITAL」社。
隣には、テオティワカンへ行くバス会社「テオティワカーノ」のブースがあった。
僕も、この会社のバスでティオティワカンへ行ったんだったよなー。
午前11時のバスに乗る(3200ペソ/200円)と、すんなりと午後12時半にトゥーラの町へ到着。
これは、急行バスらしく、ほとんど途中で乗り降りなく、1時間半で到着した。
町の入り口に、大きな戦士像があるのが目に付いた。
バスを降りてから、トゥーラの遺跡まで、25分ほど歩いく。
遺跡はキレイに整備されていて、公園(PARQUE NACIONAL)になっていた。
メキシコ政府は遺跡の保護をやってるみたいだね(観光客を呼び込むことにもなるしね)。
遺跡への入場料は950ペソ(60円)。
博物館(MUSEO)を最初に見て、トゥーラ遺跡が戦争大好きな「トルテカ文明」なのだと理解する。
博物館で学習して、遺跡まで600メートル歩く。
途中に土産物屋があった。
球戯場(JUEGO DE PELOTA)を見て、ピラミッドの上にある4本の戦士像をみる。
4本あるが、中央の2本がホンモノで、外側の2本はレプリカだとか。
ほとんど観光客がいなかったので、ピラミッドの上に立つのは気持ちよかった。
僕は中南米一周旅行をして、またメキシコシティへ戻ってきた。
僕を旅行へ導き、見守り、支えてくださった旅行神に、感謝の祈りをする。
トゥーラの遺跡へ来ることは、メキシコシティを出るときに約束したことだが、僕はその約束を果たしたわけだ。
絵葉書を2枚(1枚400ペソ)買って、また歩いてトルテカの町へ戻る。
町の食堂で、サンドイッチ(2000ペソ)にビール(1000ペソ)を取る。
この店が、よく流行っていて、すべてテキパキしていて、気持ちがいい。
トゥーラからはローカルバスに乗った(ようだ)。
来た時のバスに比べて、くたびれたバスなので心配だったが、やはりローカルバスだった。
午後3時15分に出発して、小さな町に次々と停まっていく。
正直かなりイライラしたが、トゥーラはもともとメキシコシティから遠いわけではない。
結局、午後5時10分にメキシコシティの北バスターミナルに着いた。
北バスターミナルは、メキシコの北方へ向かうバスの発着場所だ。
ぼくはこれから、アメリカ国境のティファナへバスで向かう。
有名な「トレスエストレージャスデオーロ(TRES ESTRELLAS DE ORO)」社のバス料金を調べる。
ティファナまで44時間、料金は97300ペソ(40ドル弱/5千円程度)。
毎日14時(午後2時)発だ。
ということは、2日後の午前10時到着か…。
44時間バスに乗り続けなんて、いくらなんでも疲れる。
そんなすごいことはしたくもないが、でも一応参考としてメモを取る。
別に急いでいるわけでもなく、ホテルも確保してあるので、北バスターミナルを歩いてみる。
歩きながらいろいろ調べる。
国境のシウダフアレスへは、「オムニブスデメヒコ(OMNIBUS DE MEXICO)」社があるようだ。
これが、毎日午前7時、午後1時、夜9時、深夜24時発。
メキシコシティからシウダフアレスまで59640ペソ(24ドル)。
料金からいって、だいたい1日で着くだろうね。
この時期、メキシコのバス料金は、「1時間乗って1ドル」という感じだった。
だから、24ドルならば、24時間となる。
シウダフアレスは国境を歩いて越えれば、テキサス州のエルパソだ。
エルパソもシウダフアレスも、僕はすでに、アメリカとカナダをグレイハウンドで一周したときに、立ち寄っている。
いまさらエルパソへ行っても、ロサンゼルスへ行く途中、特に見たいものもないしね。
それにもちろん、交通費を考えれば、メキシコを移動した方が、アメリカよりも運賃は安いはず。
グレイハウンドのパスの広告があった。
グレイハウンド乗り放題のアメリパス5日用が、65ドルだそうだ。
これは、この秋だけの特別なパスらしく、9月1日から12月25日まで有効だとか。
今日は9月20日だから、このパスを買ってエルパソへ入れば、結構な旅が出来ないことはないね。
しかし僕は、いまはただ、とっととロサンゼルスへ戻りたいだけ。
ロサンゼルスのホテル加宝で、クターッと過ごしたい。
北ターミナルの食堂で夕食を取る。
チキン(5千ペソ/250円)と、テカテ(2500ペソ/130円)を2本、合計1万ペソ(5百円)。
ホテル近くの酒屋で、ワインとビールを買う。
ワイン(VINO KINO 1リットル)が4800ペソ(250円)、テカテが酒屋だと1300ペソ(70円)だった。
まだ結論は出ていないが、バスでティファナへ行くしかないだろうね。
一気に行くのは疲れるので、どこか途中の町で1泊して、身体を休めればいい。
それをどこにするか。
そんな面倒くさいことは、明日考えましょう。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

xxx